フリーランスは大変・辛いのは本当か?理由と解消方法を詳しく解説!

フリーランスという働き方を選択する人が近年増えてきており、その働き方に注目が集まっています。

フリーランスは、高収入や自由を得ることができることができるというイメージがありますが、実際に独立してみると、大変なことや苦労すること、不安なことは多くあります。

そこで今回は、「フリーランスが大変、辛いと思うこと」から「フリーランスが大変、辛いことを解消する方法」について解説していきます。

  • 生活面でフリーランスが大変だと言われる理由
  • 仕事面でフリーランスが大変だと言われる理由
  • フリーランスの大変なことを解消する方法

これからフリーランスになりたいという方は「【決定版】フリーランスになるにはどうすればいい?必要な手続きや準備も紹介!」をチェックしてみてください。

フリーランスになるための準備やスキルから、フリーランスになった後の案件獲得までを解説しております。

テックビズでは、フリーランスエンジニアとして独立するところから案件参画後までサポートを行っております。

・平均年収720万円
・案件継続率97%超
・案件登録数30000万件超

専属のコンサルタントが、キャリア面談から、あなたにぴったりの案件の紹介、案件参画後の相談まで行っているので、「フリーランスになりたい」「フリーランスだが、生活が安定しない」などお悩みの方は、ぜひお気軽にキャリア面談から応募してください。

テックビズのサービスを見る

【甘くない】フリーランスは大変・辛いのか?

結論を言うと「フリーランスは大変・辛いことは少なくない」です。

確かに高年収や自由など会社員では獲得することができないものを獲得することができる可能性がありますが、そのためにやらなくてはいけないことが多くあります。

また、その大変なことは会社員の時には体験したことがないことも多く、辛いと思うこともあるでしょう。

では、具体的にどのようなことが大変なのかをみていきましょう。

【仕事面】フリーランスが大変・辛いと言われる理由6選

フリーランスはどのようなことで大変・辛いと感じるのでしょうか。

ここでは、仕事やお金の面に関して、フリーランスが大変・辛いと言われる理由6選について解説していきます。

案件獲得が大変

フリーランスが仕事面で大変・辛いと言われる理由1つ目は「案件獲得が大変」です。

フリーランスは、会社員とは違い、案件を自分で獲得していかないといつになっても仕事は来ないですし、収入がないので生活することができません。

案件を獲得するには、スキルはもちろん実績や、営業力、人脈など様々な要素が必要になり、簡単に案件を獲得できるわけではありません。

案件獲得に課題を持っているフリーランスも多く、フリーランスの壁と言われることもあり、いかに仕事を獲得することが難しいのかがわかるでしょう。

フリーランスの仕事の取り方や仕事の探し方について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

収入が不安定になる可能性がある

フリーランスが仕事面で大変・辛いと言われる理由2つ目は「収入が不安定になる可能性がある」です。

先ほど紹介したように、フリーランスは自分で仕事を獲得していかなくてはならず、毎月同じだけ仕事を獲得できるというわけではありません。

大きく稼ぐことができるというメリットもありますが、逆にいきなり仕事がなくなり、収入が激減するなんてこともあるのがフリーランスです。

定期的に仕事を獲得できれば、基本的に収入が安定しますが、いきなり仕事がなくなる可能性も0ではないので、必ずリスクは伴ってきてはしまいます。

フリーランスの収入について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

スケジュール管理が大変

フリーランスが仕事面で大変・辛いと言われる理由3つ目は「スケジュール管理が大変」です。

フリーランスは、会社は上司がいないので、自分のペースで自由に仕事を進めることができ、ストレスなく働くことができます。

ただ、自由に自分のペースで働くことができますが、自分で納期や期限までのスケジュールを組み、そのスケジュールをセルフマネジメントをして守っていかなくてはいけません。

スケジュールを管理できなければ、クライアントとのトラブルに巻き込まれてしまったり、最悪の場合契約を解除されてしまうこともあるでしょう。

フリーランスのスケジュール管理方法について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

誰にも頼ることができない

フリーランスが仕事面で大変・辛いと言われる理由4つ目は「誰にも頼ることができない」です。

フリーランスには、同僚や上司がおらず、煩わしい人間関係から解放されるというメリットがありますが、他人との付き合いが減ってしまうことから、何か困った時に頼る人が周りにいない可能性が高いでしょう。

十分にスキルがある状態でフリーランスになっても、時には自分がわからない領域や、手が足りないなんてことがおきてしまう場合があるでしょう。

その際に、基本的に自分で解決しなくてはいけないので、大変と感じることがあるでしょう。

スキルアップが大変

フリーランスが仕事面で大変・辛いと言われる理由5つ目は「スキルアップが大変」です。

フリーランスは、会社員とは違い研修もないですし、自分のスキルを向上させてくれる機会は多くはありません。

即戦力として企業から求められますので、自分のスキルよりも高いスキルを求められる案件を獲得することも厳しいので、今のスキルでできる仕事をすることが多くなってしまうでしょう。

フリーランスは、スキルアップをする環境を自分で作る必要があり、仕事以外の時間で自主学習をしていく必要があるでしょう。

税務処理が大変

フリーランスが仕事面で大変・辛いと言われる理由6つ目は「税務処理が大変」です。

フリーランスは、確定申告や納税などの税務処理を自分で行う必要がありますが、会社員時代には会社がやってくれていたので、税務処理に対して知識がない方がほとんどでしょう。

特に、青色申告は手間がかかりますし、初めてだとやり方がわからないと不安も多く、大変だと思うこともあるでしょう。

フリーランスが知っておくべき税務処理や税金に関する知識を身に付けたい方は、こちらをご覧ください。

【生活面】フリーランスが大変・辛いと言われる理由3選

先ほどは、フリーランスの仕事面での大変な理由について解説していきました。

ここでは、生活面での大変な理由3選について解説していきます。

孤独になりやすい

フリーランスが生活面で大変・辛いと言われる理由1つ目は「孤独になりやすい」です。

フリーランスは、煩わしい人間関係から解放されるたり、自分で休みの日を自分で決めることもできたり、リモートで働くことができるというメリットがあります。

ただ、周りの人との関係が希薄になったり、友人と休みが合わなくなってしまったりと孤独になってしまうことがあるでしょう。

働きやすくはなりますが、当たり前のようにあった人間関係がなくなると、辛いと感じることもあるでしょう。

フリーランスが孤独になるとどうなるのか知りたい方は、こちらをご覧ください。

友人と話が合わなくなる

フリーランスが生活面で大変・辛いと言われる理由2つ目は「友人と話が合わなくなる」です。

会社員とフリーランスでは、働き方や価値観、年収や悩みなど色々な面で違いが出てきてきてしまいます。

取り巻く環境が大きく変わることで、かつての友人や前職の同僚などとは話が合わなくなってしまう可能性が出てくるでしょう。

話が合わなくなってしまうことから、人間関係も今までとは大きく変わってしまうこともあります。

オンとオフの切り替えが難しい

フリーランスが生活面で大変・辛いと言われる理由3つ目は「オンとオフの切り替えが難しい」です。

フリーランスは、勤務時間を会社から縛られることがなくなり、働く場所も好きな場所で働けるようになることから、プライベートと仕事の境目が薄くなってしまう可能性があります。

プライベートと仕事の境目がなくなってしまうと、うまく切り替えることができなくなり、仕事をし過ぎてしまうなどセルフブラック状態になりかねません。

フリーランスが難しいと不安を感じる瞬間4選

フリーランスは具体的にどのような時に不安を感じてしまうのでしょうか。

ここでは、フリーランスが実際に不安を感じやすい瞬間4選について解説していきます。

案件を継続的に獲得できない時

フリーランスが難しいと不安を感じる瞬間1つ目は「案件を継続的に獲得できない時」です。

フリーランスは、会社員とは違い来月の仕事が必ず約束されているわけではないので、継続的に仕事を獲得していくことができなければ、「来月は仕事があるかな、、、」と不安になってしまうことは少なくないでしょう。

思ったよりも低単価でしか仕事を獲得できない時

フリーランスが難しいと不安を感じる瞬間2つ目は「思ったよりも低単価でしか仕事を獲得できない時」です。

フリーランスは、単価を自分で決めていくことができますが、スキルが低かったり実績がないと、自分の思っている以上に低い単価で仕事を受けないといけない場合があります。

低単価だと、仕事を多く受けていかないといけなくなり、営業数も増えていくので、1件の仕事を獲得することができても、「もっと案件を獲得しないと、、、」と不安になってしまうことがあるでしょう。

1件あたりの単価を上げるための交渉をする方法について、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

ローンやクレジットカードの審査が通らない時

フリーランスが難しいと不安を感じる瞬間3つ目は「ローンやクレジットカードの審査が通らない時」です。

近年フリーランスという働き方が認知されてきているとはいえ、社会的信用は高くありません。

社会的信用が高くないことから、ローンやクレジットカードの審査に落ちてしまうこともしばしばあり、社会的信用の低さを痛感してしまい不安になってしまうことも少なくないでしょう。

確定申告をする時

フリーランスが難しいと不安を感じる瞬間4つ目は「確定申告をする時」です。

会社員時代には、会社が税務処理をしてくれることもあり、税金の知識もあまりなく、フリーランスになってから確定申告を初めてするという方は少なくないでしょう。

初めて確定申告をすると、やり方があっているのか、申告漏れがないかなど不安になってしまうことが多いでしょう。

フリーランスは大変だけどなんとかなるものなのか?

先ほどまで、フリーランスはいかに大変なのかを解説していきました。

ただ、紹介したフリーランスの大変・辛いことは多くのフリーランスが直面をしますが、乗り越えていく方法はたくさんあります。

近年はフリーランスの情報や、「エージェント」「会計ソフト」「クレジットカード」などのフリーランス向けのサービスが増えているので、大変なことも乗り越えていきやすい環境になってきていると言えるでしょう。

では、リーランスの大変な壁をどのように乗り越えていくのかみていきましょう。

フリーランスの大変・辛いことを解決する方法

ここでは、フリーランスの大変・辛いことを解決する方法5選について解説していきます。

フリーランスになる前に下記の方法をチェックし、フリーランスの大変・辛いと言われる壁を乗り越えていきましょう。

十分なスキルを身につけておく

フリーランスの大変・辛いことを解決する方法1つ目は「十分なスキルを身につけておく」です。

フリーランスは、スキルが低くても営業力があれば案件を獲得することはできますが、見合ったスキルがなければ、クライアントに満足してもらうことはできないですし、継続して案件を獲得していくことが難しくなってしまいます。

十分な専門的なスキルを身につけておけば、一度案件を獲得してしまえば継続して案件を獲得しやすいですし、営業力がなくてもエージェント経由で獲得することもできるでしょう。

スキルの目安としては、実務経験1年以上は最低もであるといいでしょう。

テックビズフリーランスでも、実務経験1年以上ある方にしか案件を紹介していないですし、実務経験が1年以上あれば、多くの方がフリーランスとして活躍することができています。

フリーランスに必要なスキルについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

人脈を増やす

フリーランスの大変・辛いことを解決する方法2つ目は「人脈を増やす」です。

何度も紹介していますが、案件獲得に対して大変だと思っているフリーランスは少なくありません。

案件獲得には、営業やエージェントの活用など様々な方法がありますが、知り合いの紹介といった方法もあります。

知り合いから案件を紹介してもらえれば、仕事を自分から獲得する必要もなくなりますし、安定的に仕事を獲得することができるでしょう。

フリーランスとして独立する前も独立した後も、人脈を広げ案件獲得の窓口を広げておくといいでしょう。

スケジュール管理ツールを使う

フリーランスの大変・辛いことを解決する方法3つ目は「スケジュール管理ツールを使う」です。

フリーランスは、スケジュールを自分で管理する必要がありますが、その際に便利になってくるのがスケジュール管理ツールになります。

便利なツールを使うことで、スケジュールやタスクの管理が楽になりますしタスク漏れなどを防ぐことができるので、積極的に使用していきましょう。

会計ソフトを使う

フリーランスの大変・辛いことを解決する方法4つ目は「会計ソフトを使う」です。

先ほども紹介したように、フリーランスは確定申告や税務処理などがとても手間になってきます。

その手間を省いてくれるのが、会計ソフトになります。

会計ソフトを使用すれば、簿記知識が乏しくても正しく帳簿をつけることが容易になりますし、会計処理の効率が大きく上がり、時間の短縮をすることができます。

金額も決して高額なものではないので、積極的に使用していくことをおすすめします

独立前に準備しておく

フリーランスの大変・辛いことを解決する方法5つ目は「独立前に準備しておく」です。

フリーランスとして独立した後に必要になるものや、作成しておくべきものは計画的に準備しておくことをおすすめします。

例えば、審査が通りにくくなるクレジットカード作成や、もし案件を獲得できなくても生活できるだけの貯金などを準備しておくといいでしょう。

フリーランスに必要な準備について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

フリーランスは大変だけどメリットも多い

今回はフリーランスの大変なことや辛いことにフォーカスを当てていきましたが、フリーランスはメリットも多いということを忘れてはいけません。

大きなメリットは下記のものになります。

  • 収入を大きく上げる可能性がある
  • 休みを自由に決めることができる
  • 自分の好きな仕事をすることができる
  • 満員電車から解放される

フリーランスは、大変なことを乗り越える報酬として、短期間で高年収を目指すことができたり、休みを自由に決めることができたり、自分のやりたい仕事だけをすることができるなど、会社員では得ることができないものを得ることができます。

フリーランスは大変なことはありますが、会社員だからといって大変なことがないというわけではないですし、大変なことを乗り越えたら会社員よりも多くのことを得ることができるので、やはりフリーランスは魅力的な働き方といえるでしょう。

フリーランスのメリット・デメリットについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

フリーランスになるならテックビズで!

テックビズでは、「フリーランスエンジニアになりたい」「フリーランスエンジニアに今のスキルでなれるのか」「実際に案件を紹介して欲しい」などのお悩みに対してキャリア面談を行なっております。

テックビズでは、ただ案件を紹介するだけでなく、キャリア面談をし、最適な案件をご紹介できるので、「平均年収720万円」「案件継続率97%超」という実績を出しております。

フリーランスエンジニアに興味がある人は、ぜひテックビズのキャリア面談を活用してみてください。

テックビズのサービスを見る