【年収UP】フリーランスが単価交渉を成功させるコツとやり方を解説!

フリーランスとして働いていくなら、多くの方が収入を上げていきたいと考えているでしょう。フリーランスとして収入を上げていくには、「案件数を増やす」「1件あたりの単価を上げる」が上げられると思います。

案件数を上げていくとすぐに労働時間が増えてしまいますし、すぐに限界がきてしまいますが、1件あたりの単価を上げていければ、働く労働時間も増えず、時給単価を上げていくことができるでしょう。

ただ、いざ単価交渉をしようと思っても、どのようにして単価交渉を成功させていけばいいのか不安は多いとは思います。

そこで、今回は「フリーランスが単価交渉を成功させる方法」について解説していきます。

  • フリーランスが単価交渉をするタイミング
  • フリーランスが単価交渉を成功させるコツ
  • フリーランスが単価交渉をする時の注意点

フリーランスとして独立をしたいと考えている方は「【決定版】フリーランスになるにはどうすればいい?必要な手続きや準備も紹介!」をぜひ読んでみてください。

フリーランスとして独立する前に知っておくべき知識から、独立後にどのように歩んでいけばいいのかまでを全てまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

テックビズでは、フリーランスエンジニアとして独立するところから案件参画後までサポートを行っております。

・平均年収720万円
・案件継続率97%超
・案件登録数30000万件超

専属のコンサルタントが、キャリア面談から、あなたにぴったりの案件の紹介、案件参画後の相談まで行っているので、「フリーランスになりたい」「フリーランスだが、生活が安定しない」などお悩みの方は、ぜひお気軽にキャリア面談から応募してください。

テックビズのサービスに興味がある

フリーランスはどのタイミングで単価交渉をするべきか?

フリーランスは、どのようなタイミングで単価交渉をするのがいいのでしょうか。

ここでは、フリーランスが単価交渉をするベストなタイミングを紹介していきます。

別領域の仕事も任された時

フリーランスが単価交渉をするタイミング1つ目は「別領域の仕事も任された時」です。

案件が長期化していくと、今やっている仕事とは別領域の仕事も任されることが出てくる可能性があります。

もちろん仕事量は増えてしまいますが、クライアントから信頼されていることの証でもありますし、普段の仕事を評価してくれているということでもあります。

クライアントも評価をして信頼をしてくれているということなので、単価を交渉しやすいタイミングと言えるでしょう。

仕事量が増えた時

フリーランスが単価交渉をするタイミング2つ目は「仕事量が増えた時」です。

フリーランスとして働いていると、最初の契約よりも多くの業務量を任されてしまうことがあります。「クライアントの都合で作業量が増えた」「当初の要件よりも多くの作業が必要になってしまった」などの理由があるかと思います。

少量であればいいかもしれませんが、工数が大幅に増えてしまう可能性があります。

フリーランスは時間や成果で報酬をもらっているので、工数に見合った報酬をもらうために、単価を交渉するタイミングと言えるでしょう。

長期で稼働している時

フリーランスが単価交渉をするタイミング3つ目は「長期で稼働している時」です。

長期で案件を任されているということは、クライアントから信頼され、仕事ぶりにも満足しているということでしょう。

クライアントとの信頼関係ができているので、単価交渉はスムーズに進めることができるでしょう。

ただ、長期案件の序盤でいきなり交渉するのではなく、プロジェクトが始まって半年後や、プロジェクトの区切りがいい時に交渉していくのが、いいタイミングと言えるでしょう。

新規で案件を獲得する時

フリーランスが単価交渉をするタイミング4つ目は「新規で案件を獲得する時」です。

新しく案件を獲得することきに、自分が求めている単価や、仕事量に対して適切な単価になるように交渉していきましょう。

また、値下げ交渉をされる可能性もあるので、単価を下げないように交渉していく必要もあります。

ただ、相場よりも大きく単価を上げてしまうと案件自体獲得できない可能性もありますので慎重に行っていくべきでしょう。

フリーランスの単価交渉のやり方を解説!

フリーランスの単価交渉はどのような流れで行なっていくのでしょうか。

ここでは、フリーランスの単価交渉のやり方について解説していきます。

相場を調べる

フリーランスの単価交渉の流れ1つ目は「相場を調べる」です。

自分の単価を決める前に、自分の仕事の適切な金額を知る必要があります。

相場を調べていくには、実際にフリーランスとして働いている人に聞いてみたり、フリーランスの案件が紹介されているサイトで募集している案件の相場を見てみましょう。

相場を確認する場合、自分のスキルとかけ離れた相場をみてしまうと適切な単価がわからないので、自分のスキルや実績での相場を確認していくのがいいでしょう。

自分の相場がわからないという方は、下記の記事を参考にしてみましょう。

自分の仕事の単価を決める

フリーランスの単価交渉の流れ2つ目は「自分の仕事の単価を決める」です。

相場を調べたら、自分の仕事の単価を決めていきましょう。

自分の単価を決めるときは、相場からかけ離れないようにしていくといいでしょう。

余りにも、相場からかけ離れてしまうと、不信感を持たれる可能性もありますし、今まで作った信頼関係が崩れてしまう可能性があるので、注意しましょう。

単価交渉をする資料を用意する

フリーランスの単価交渉の流れ3つ目は「単価交渉をする資料を用意する」です。

単価を交渉するためには、クライアントが単価を上げるメリットを感じる必要があります。

具体的には、「これまでの成果」や「自分のスキル感の相場」を提示していくといいでしょう。

また、「これからどんな成果を残すことができるのか」といったようなものも用意しておけば、クライアントの期待感を増していくこともできるでしょう。

実際に交渉をしてみる

フリーランスの単価交渉の流れ4つ目は「実際に交渉をしてみる」です。

単価交渉をする資料が揃ったら、実際に交渉していきましょう。

交渉する際には、自分の都合だけでなく、クライアントの都合も考えて行っていく必要があります。

また、単価交渉を成功させるには、具体的なコツがありますので、より単価交渉を成功させたい人は次の項目をチェックしてください。

フリーランスの単価交渉を成功させるためのコツは?

先ほど単価交渉のやり方を紹介してきましたが、具体的にどうすれば成功していけるのでしょうか。

ここでは、フリーランスが単価交渉を成功させるためのコツを解説していきます。

適切なタイミングで交渉をする

フリーランスが単価交渉を成功させるコツ1つ目は「適切なタイミングで交渉をする」です。

先ほど、単価交渉をするタイミングについて紹介してきましたが、もう一度おさらいしておきましょう。

  • 別領域の仕事も任された時
  • 仕事量が増えた時
  • 長期で稼働している時
  • 新規で案件を獲得する時

上記のタイミングが交渉をするいいタイミングなのですが、適切なタイミングで単価交渉をしないと失敗してしまう可能性があるでしょう。

また、不信感も持たれてしまい、信頼関係を崩してしまう可能性があるので、必ずタイミングには気をつけていきましょう。

クライアントとの信頼関係を築く

フリーランスが単価交渉を成功させるコツ2つ目は「クライアントとの信頼関係を築く」です。

クライアントと信頼関係が築けているかいないかで交渉の成功率が大きく変わっていきます。

単価交渉の前に、単価交渉が成功するかしないかの大部分は決まってしまうのです。

クライアントとの信頼関係を築いていくには、誠実な対応と、高クオリティの仕事をしていくことが1番になります。

クライアントの事情をヒアリングしておく

フリーランスが単価交渉を成功させるコツ3つ目は「クライアントの事情をヒアリングしておく」です。

クライアントに単価交渉をしても、社内事情的に単価を上げられない、予算が決まっているなど、評価をしていても単価を上げることができない可能性があります。

そのような事情を知らずに、先方の予算よりもはるかに大きな単価を交渉してしまうと、高確率で失敗してしまいますので、交渉をする前に事前に、クライアントの事情をヒアリングしておくと適切な提案をすることができるでしょう。

スキルの幅を広げる

フリーランスが単価交渉を成功させるコツ4つ目は「スキルの幅を広げる」です。

仕事に直結するスキルアップやスキルの幅が広がっていけば、クライアントに提供できことが増え、付加価値をつけていくことができます。

付加価値をつけることができれば、新しい仕事を任されることもありますし、その際に単価交渉をしていくこともスムーズに行えるでしょう。

メールで送る

フリーランスが単価交渉を成功させるコツ5つ目は「メールで送る」です。

単価交渉をしていく際には、電話やzoom、メールやLINEなど様々な方法があります。その中でもメールで行っておくことが無難でおすすめでしょう。

対面で単価交渉の話をしにくいと感じる人もいるでしょうし、うまく伝えきれない可能性がありますが、メールならフォーマルでもありますし、文章をじっくり考えて送ることができるます。

メールで送る際には、誤字脱字や、活字ということで冷たく感じてしまう可能性があるので、言い回しには十分気をつけていきましょう。

もしメールを作成していないという方は、こちらの記事を参考に仕事用のメールアドレスを作成してみてください。

フリーランスの単価交渉をする時の注意点は?

もちろん単価交渉を成功させることができればいいですが、先方の予算の関係上どうしても単価を上げることができないこともあります。

もちろん個人的にやりたい案件であればいいですが、適正な単価で働いていきたいと思うなら、時には仕事を断る必要も出てくるでしょう。

また、値引きの交渉もされる可能性もあり、案件を獲得していくあまり、その値引き交渉を受けてしまう時もあるかも知れませんが、一度値引き交渉をすると単価を適正に戻していくことも難しくなってくるので、クライアントからの値引き交渉には注意しましょう。

フリーランスが安全に単価交渉を成功させるならエージェントを活用

フリーランスが単価交渉をするには、エージェントの活用もとても有効になります。

テックビズでは、単価交渉はもちろん、「フリーランスエンジニアになりたい」「フリーランスエンジニアに今のスキルでなれるのか」「実際に案件を紹介して欲しい」などのお悩みに対してキャリア面談を行なっております。

テックビズでは、ただ案件を紹介するだけでなく、キャリア面談をし、最適な案件をご紹介できるので、「平均年収720万円」「案件継続率97%超」という実績を出しております。

フリーランスエンジニアに興味がある人は、ぜひテックビズのキャリア面談を活用してみてください。

テックビズのサービスを見る