【ガイド】フリーランスになるために必要な準備と手続きについて解説!

これからは個人が稼ぐ時代と言われており、フリーランスとなり個人で稼いでいきたいという方が増えてきています。

ただ漠然とフリーランスになりたいと思っていても、どのような準備をしておけばいいのかわからないという方も少なくないはずです。

そこで、今回は「フリーランスになるために必須な準備」から「生活を守るための準備」「案件獲得のための準備」などに関して解説していきます。

  • フリーランスに必須な準備
  • 生活を守るための準備
  • 案件獲得に必要な準備
  • 必要な手続き
これからフリーランスになりたいと考えている方は、「【決定版】フリーランスになるにはどうすればいい?必要な手続きや準備も紹介!」をぜひ読んでみてください。
フリーランスになるために必要なスキルから案件獲得、働き方まで、独立前に知っておくべきことを全てまとめているいるので、独立前に必ずチェックし参考にしていきましょう。

テックビズでは、フリーランスエンジニアとして独立するところから案件参画後までサポートを行っております。

・平均年収720万円
・案件継続率97%超
・案件登録数30000万件超

専属のコンサルタントが、キャリア面談から、あなたにぴったりの案件の紹介、案件参画後の相談まで行っているので、「フリーランスになりたい」「フリーランスだが、生活が安定しない」などお悩みの方は、ぜひお気軽にキャリア面談から応募してください。

テックビズのサービスを見る

フリーランスとして成功するには独立前の準備が重要!

フリーランスとして成功するなら、独立してからの行動も重要になりますが、独立前の準備もとても重要になってきます。

特に、最初の1年ほどは最初の準備が大きな影響を受けるでしょう。

最初の1年は全て初めての経験ですし、万全な準備をするに越したことはありません。

フリーランスとしての第1歩を順調に進めるために、これから紹介する準備を行っていきましょう。

フリーランスになるために必須な準備4選

フリーランスになるために必ず必要になってくる準備はどのようなものなのでしょうか。

ここでは、フリーランスとして独立する前に必須な準備4選について解説していきます。

十分なスキル

フリーランスになるために必須な準備1つ目は「十分なスキル」です。

フリーランスを採用したい企業は、即戦力のプロとして成果を出してくれることを期待しています。

十分なスキルがなければ、クライアントの要望に応えることができないですし、案件の獲得をすることができないでしょう。

身につけておくべきスキルの基準としては、実務経験1年以上のスキルを最低でも担保しておくことが必須になってきます。

フリーランスエンジニアになるために必要なスキルを知りたいという方は、こちらをご覧ください。

フリーランスという働き方の理解

フリーランスになるために必須な準備2つ目は「フリーランスという働き方の理解」です。

フリーランスと会社員では、働き方やお金、生活などの多くの面で異なってきます。

フリーランスとして独立する前に、フリーランスという働き方やメリット・デメリットについて理解しておかないと、「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまう可能性があります。

自分が得ることができるものや、リスクについて理解をして覚悟を持ってフリーランスとして独立しましょう。

フリーランスになる前に知っておくべき働き方について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

キャリアプラン

フリーランスになるために必須な準備3つ目は「キャリアプラン」です。

会社員の場合、何歳になってどのくらいの役職について、どのくらいの年収をもらい、65歳で定年退職をしようといったように、自分のキャリアがある程度想像つくでしょう。

ただ、フリーランスは定年退職はないですし、守ってくれる会社もないので、自分のキャリアを自分で全て決めていく必要があります。

自分のゴールや目標をしっかりと定め、その目標から逆算をして今やるべきことを決めておけば、ブレずに計画的にキャリアを成功に導くことができるでしょう。

キャリア相談を受ける

退職の準備

フリーランスになるために必須な準備4つ目は「退職の準備」です。

スキルを身につけ、フリーランスについて理解し、キャリアプランを決め、フリーランスになる覚悟が決まったら、退職の準備を進めていきましょう。

退職をする時には、退職の申し出をし、仕事の引き継ぎ作業などをしておく必要があるでしょう。

ここで注意するべきことは、円満退社を心がけるということです。円満退社をすれば、案件獲得で困った時に、業務委託として参画してくれる可能性があります。

残る従業員のためにもしっかりと引き継ぎをしておきましょう。

フリーランスの生活を守るための準備5選

フリーランスが安定的な生活を送っていくためはどのような準備をしておくべきなのでしょうか。

ここでは、フリーランスが生活を守っていくために必要な準備5選について解説していきます。

十分な貯金

フリーランスの生活を守るための準備1つ目は「十分な貯金」です。

フリーランスは会社員とは違い、毎月の給料が保証されているわけではありません。最悪の場合、給料が0になってしまう可能性があるでしょう。

もし給料が0になってしまっても生活を守っていくためには、十分な貯金をしておくことがおすすめです。

十分な貯金をしておけば、いきなり仕事がなくなっても生活をしていくことが可能ですし、精神的に余裕を持つことができるようになるので、仕事でもいいパフォーマンスを発揮しやすくなります。

フリーランスはどのくらい貯金が必要なのかを知りたい方は、こちらをご覧ください。

クレジットカードの作成

フリーランスの生活を守るための準備2つ目は「クレジットカードの作成」です。

フリーランスになると、会社員に比べて社会的信用が低くなってしまいます。

社会的信用が低くなり、影響を受けるのがクレジットカードの審査です。

フリーランスは、クレジットカードの審査に通りにくくなってしまうので、フリーランスになってから後悔しないためにも、会社員の間にクレジットカードを作成しておきましょう。

フリーランスにおすすめなクレジットカードを知りたい方は、こちらをご覧ください。

不動産の賃貸契約

フリーランスの生活を守るための準備3つ目は「不動産の賃貸契約」です。

先ほど紹介したようにフリーランスは社会的信頼が会社員に比べて低いというのが現実です。

クレジットカードの審査と同じように賃貸契約の審査にも影響がでてしまいます。

賃貸で引越しをする予定があるという方は、フリーランスになる前に引越しを済ませておくといいでしょう。

フリーランスの賃貸契約について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

税金の知識

フリーランスの生活を守るための準備4つ目は「税金の知識」です。

フリーランスは、会社員と違い確定申告や納税などの税務処理を自分で行う必要があります。

会社員の時には、自分で税務処理をする必要がなかったので、税金の知識を身につけなくてよかったことから、税金に対しての正しい知識を持っている人は少ないでしょう。

正しく税金の理解をしておくことで、税金を抑えることができますし、申告漏れなどで追徴課税になってしまう心配もないでしょう。

フリーランスが支払うべき税金について知りたい方は、こちらをご覧ください。

会計ソフトの契約

フリーランスの生活を守るための準備5つ目は「会計ソフトの契約」です。

フリーランスになったら、確定申告を行ったり、帳簿をつける必要がありますが、初めてなのでわからないことも多いですし、手間だと思うことも多いでしょう。

その手間を省くために、活用したいのが会計ツールになります。

特に、控除額が大きい青色申告をするには、とても手間がかかるので、ぜひ活用してみてください。

フリーランスにおすすめの会計ソフトについて知りたい方は、こちらをご覧ください。

フリーランスの仕事を円滑にするための準備3選

フリーランスが仕事を円滑に回していくにはどのような準備をしておくべきなのでしょうか。

ここでは、フリーランスの仕事を円滑にするために必要な準備3選について解説していきます。

仕事用口座の開設

フリーランスの仕事を円滑にするための準備1つ目は「仕事用口座の開設」です。

フリーランスは、確定申告をする必要があり、自分の売上を把握しておくためにも、仕事用の口座とプライベート用の口座を分けておくことをおすすめします。

仕事での収入や、事業の経費として使用するものを仕事用の口座から引き落とされるようにしておくと、利益の計算もしやすくなります。

プライベート用の口座には、毎月仕事用の口座から決まった額を移動するといったように管理しておくといいでしょう。

仕事用メールアドレスの作成

フリーランスの仕事を円滑にするための準備2つ目は「仕事用メールアドレスの作成」です。

近年LINEやメッセンジャーなど様々な連絡ツールがありますが、ビジネス上では未だにメールを活用されることは多いです。

ほとんどの方がプライベートのメールアドレスを持っていると思いますが、フリーランスとして独立する前に仕事用のメールアドレスを作成しておくといいでしょう。

プライベートのメールアドレスでは、クライアントによっては信用されない場合がありますし、プライベートのメールと仕事のメールアドレスが混ざってしまい仕事の大切な連絡に気がつくことができないなんてことになる可能性があります。

また、メールアドレスを作成する場合は、基本的にフリーアドレスではなく、独自ドメインを取得してメールアドレスを作成することをおすすめします。

フリーランスが作成すべきメールアドレスの作成方法について、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

名刺の作成

フリーランスの仕事を円滑にするための準備3つ目は「名刺の作成」です。

近年コロナウイルスの影響もあり、リモートで働く機会が増えたことから、クライアントと直接会う機会が少なくなってきています。

クライアントと直接会う機会が少なくなっているので、名刺交換をする機会も減ってきているでしょう。

ただ、名刺は念の為作成しておくことをおすすめします。

ビジネスの場では名刺交換をすることは当たり前ですし、名刺がないと信用を失ってしまう可能性があります。

フリーランスが案件を獲得するための準備4選

フリーランスが安定的に仕事を依頼されるためにはどのような準備をしておくべきなのでしょうか。

ここでは、フリーランスが案件獲得をするための準備4選について解説していきます。

エージェントの登録

フリーランスが案件を獲得するための準備1つ目は「エージェントの登録」です。

フリーランスエージェントとは、フリーランスへの案件紹介や、クライアント企業との単価交渉、案件参画後の悩み相談など、フリーランスをサポートするサービスを行っております。

また、キャリアプランに関する相談やフリーランスの働き方についてを相談することや、税務処理の代行を行ってくれるエージェントもあります。

独立前にエージェントに登録しておき、キャリア面談を活用することで、フリーランスに関しての理解を深めることができますし、自分のスキルで独立をすることができるのかを把握することができます。

独立後には、案件を紹介してくれるので、自分で営業をする手間を省くことができますし、税務処理を自分でやる必要も無くなります。

フリーランスが仕事に集中をするためにも、エージェントをフルに活用していきましょう。

キャリア相談を受ける

ポートフォリオの作成

フリーランスが案件を獲得するための準備2つ目は「ポートフォリオの作成」です。

フリーランスは仕事を獲得していくために、自分がどのようなことができるのかをクライアントに理解してもらう必要があります。

十分な営業力があればいいですが、営業力がない場合に必要になってくるのがポートフォリオです。

ポートフォリオを作り込めば、営業力が高くなくても、自分ができることを視覚的に伝えることができ、クライアントから信頼を得やすくなり、案件を獲得しやすくなるでしょう。

また、ポートフォリオは一度作って終わりではなく、磨き続けることが必要になります。

フリーランスが作成すべきポートフォリオの作成方法について、詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

人脈の構築

フリーランスが案件を獲得するための準備3つ目は「人脈の構築」です。

フリーランスが案件を獲得していくには、営業をしたりフリーランスエージェントを活用するなどの方法がありますが、知り合いから紹介してもらうといった方法もあります。

知り合いから紹介してもらえれば、案件を獲得しやすいですし、自分から営業する手間も省くことができるでしょう。

特に、フリーランスとして独立したばかりでは実績もなく、案件を獲得しにくいので、知り合いからの紹介は重宝する可能性が高いです。

また、同業のフリーランスとの人脈も構築しておけば、困った時に助けてくれることもあるでしょう。

フリーランスが人脈を形成していくには、オンラインサロンへの参加やSNSの活用、ビジネスマッチングアプリの活用がおすすめです。

人脈はすぐに増えるわけではないので、会社員の間から地道に構築していく必要があります。

フリーランスが人脈を作る方法とコツについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

副業で実績を作る

フリーランスが案件を獲得するための準備4つ目は「副業で実績を作る」です。

フリーランスは、案件を獲得する際にスキルだけでなく、スキルの証明となる実績が必要になってきます。

フリーランスとなったばかりでは、実績がなく、実績ができるまでは案件の獲得が難しくなったり、単価が低くなってしまう可能性もあります。

フリーランスとなった時に、案件を獲得しやすくするには会社員時代に、副業で案件を獲得し、実績を作っておくといいでしょう。

副業でも実績は、フリーランスとして独立した時にも活用できるので、スムーズに案件を獲得していくことができるでしょう。

また、案件を獲得している状態でフリーランスとして独立をすれば、すでに案件があるので、生活が安定するでしょう。

フリーランスとなるための手続きや届け出4ステップ

フリーランスとなるにはどのような手続きを進めていけばいいのでしょうか。

ここでは、フリーランスになる手続き4ステップについて解説していきます。

国民年金への切り替え

フリーランスになる手続き1つ目は「国民年金への切り替え」です。

会社員からフリーランスになる際に、会者の社会保険をぬけるので、国民年金に切り替えていく必要があります。

国民年金の切り替えは、居住地の役場で手続きを行うことができます。

退職後、退職日の翌日から14日以内に国民年金に切り替える必要があるので、忘れないよに退職した翌日に切り替えましょう。

国民健康保険への切り替え

フリーランスになる手続き2つ目は「国民健康保険への切り替え」です。

退職をしフリーランスとして独立する際に、社会保険から国民健康保険に切り替えをする必要があります。

日本では健康保険に加入しないことは認められていないので、退職をしたらすぐに切り替えを行なってください。

退職後、14日以内に国民健康保険への加入を行うという法律があるので、忘れないように退職した翌日に切り替えておくことがおすすめです。

もし、健康保険に加入していなければ、保険証を交付されないので、体調を崩し病院で治療を受ける際に、全額自己負担になってしまい、無駄な出費になってしまいます。

また、年収によって国民健康保険料が異なってくるので、自分の年収でどのくらい支払う必要があるのかもチェックしておきましょう。

国民健康保険への切り替えは、居住地の役場で行うことができます。

開業届の提出

フリーランスになる手続き3つ目は「開業届の提出」です。

開業届とは、税務署に向けた「個人事業主として開業しました」という届け出になります。

開業届にも期限があり、独立をしてから1ヶ月以内に提出する必要があります。

青色申告承認申請書の提出

フリーランスになる手続き4つ目は「青色申告承認申請書の提出」です。

フリーランスは確定申告をする必要があり、その際に「白色申告」と「青色申告」といった2種類があります。

オススメは青色申告で、控除額が白色申告よりも多く、手取り額を増やすことができます。

青色申告をするには、青色申告承認申請書を税務署に提出する必要があり、青色申告をしようとする年の3月15日までに提出する必要があります。

忘れないように、開業届を提出する際に、青色申告承認申請書も一緒に提出することをオススメします。

フリーランスの青色申告について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

フリーランスとして独立するならテックビズに相談!

テックビズでは、「フリーランスエンジニアになりたい」「フリーランスエンジニアに今のスキルでなれるのか」「実際に案件を紹介して欲しい」などのお悩みに対してキャリア面談を行なっております。

テックビズでは、ただ案件を紹介するだけでなく、キャリア面談をし、最適な案件をご紹介できるので、「平均年収720万円」「案件継続率97%超」という実績を出しております。

フリーランスエンジニアに興味がある人は、ぜひテックビズのキャリア面談を活用してみてください。

テックビズのサービスを見る