【最新版】フリーランスの仕事の探し方と取り方を紹介!受注後の動きも解説!

フリーランスとして独立する際に、「どうやって仕事を探していけばいいの?」「自分でも案件を獲得できるかな、、、」と思う方も少なくないはずです。

フリーランスとして成功するには、仕事の探し方と取り方はとても重要になってきますし、フリーランスが1番苦戦するポイントでもあります。

今回は、「フリーランスにおすすめの仕事の探し方」「優良案件の取り方」について解説していきます。

  • フリーランスの仕事の探し方
  • 優良案件の取り方
  • フリーランスが安定的に仕事を取るためにやるべきこと

本記事を活用して、フリーランスとして独立した時に仕事を獲得していきましょう。

テックビズでは、フリーランスエンジニアとして独立するところから案件参画後までサポートを行っております。

・平均年収720万円
・案件継続率97%超
・案件登録数30000万件超

専属のコンサルタントが、キャリア面談から、あなたにぴったりの案件の紹介、案件参画後の相談まで行っているので、「フリーランスになりたい」「フリーランスだが、生活が安定しない」などお悩みの方は、ぜひお気軽にキャリア面談から応募してください。

テックビズのサービスを見る

フリーランスは仕事の探し方と取り方が命

フリーランスとして成功するには、どのように仕事を探し、どのように仕事を取っていくのかが大切になってきます。

会社員の時には、待っているだけでも自分の仕事がなくなるなんてことはありませんが、フリーランスになると自分で仕事を探し獲得していかなくてはいけません。

フリーランスは、同じ実績や同じスキルでも、仕事の探し方と取り方次第で、働き方た安定的に収入を得ることができるかなど大きく条件が変わってくるでしょう。

フリーランスは仕事探しで苦労する

フリーランスは、仕事探しに関して壁を感じていたり苦労してしまうケースが多いでしょう。

出典:フリーランスとして働く人の意識・実態調査2021

フリーランスとして働く人の意識・実態調査2021によると、フリーランスは「収入が不安定」「仕事がなくなった時の保証がない」「仕事の受注が難しい」といった悩みを持っているケースが多いみたいです。

上記の悩みは、すべて仕事探しに大きく関わる内容になっており、多くのフリーランスは仕事探しや安定的に仕事を獲得してことに苦労しているということになるでしょう。

次からは、そんなフリーランスの悩みを解決するために「フリーランスの仕事の探し方」について解説していきます。

フリーランスの仕事の探し方は?

フリーランスは、どのように仕事を探していけばいいのでしょうか。

ここでは、フリーランスにおすすめの仕事の探し方10選について解説していきます。

これからフリーランスになる人は、まずは下記の探し方を実践してみましょう。

エージェントからの紹介

フリーランスが仕事の探し方1つ目は「エージェントからの紹介」です。

フリーランスエージェントとは、仕事を紹介してくれたり、企業に単価の交渉をしてくれたり、案件参画後にサポートを行ってくれたりと、フリーランスとして働くための幅広いサポートをしてくれるサービスです。

テックビズのようなキャリア面談があるエージェントでは、ただ仕事を紹介するのではなく、経歴やキャリアプランを元に、自分に合った案件を紹介してくれるところも大きなメリットになります。

フリーランスとして案件を獲得していくなら、1番の近道とも言えるでしょう。

ただ、それぞれのエージェントにも特徴や案件を紹介できるスキル感があるので、自分に合ったエージェントを活用していくことも大切です。

テックビズでフリーランスになる

クラウドソーシングからの獲得

フリーランスが仕事の探し方2つ目は「クラウドソーシングからの獲得」です。

クラウドソーシングとは、「ランサーズ」や「クラウドワークス」のような、企業がフリーランスに仕事を頼むことができるサービスのことです。

クラウドソーシングのメリットとしては、案件の幅が広いことが挙げられるでしょう。

様々な職種の案件がありますし、未経験者や初心者向けの案件から、中級者や上級者向けの案件まであるので、自分のスキル感に合わせて案件を獲得していくことができます。

自分のスキル感にわせて案件を獲得することができるので、案件自体も獲得しやすいでしょう。

ただ、エージェントと比べると単価が低くなってしまう傾向にあります。

フリーランスとして独立したばかりで実績を積みたいという方におすすめでしょう。

知り合いからの紹介

フリーランスが仕事の探し方3つ目は「知り合いからの紹介」です。

フリーランスで知り合いから仕事を振ってもらったり、仕事を紹介してもらうということは、少なくありません。

また、知り合いからの紹介の仕事であれば、多少実績がなくても、仕事を獲得できる可能性が高くなるでしょう。

ただ、連絡が待っているだけでは、自分がフリーランスになったことも認知されることもなく、仕事を振ってもらったり、仕事を紹介してもらうことはないでしょう。

フリーランスとして独立をしたら、自分が独立したことを知り合いに伝える、SNSで発信してみるなどをすることで認知してもらうことは必要でしょう。

以前の職場で業務委託

フリーランスが仕事の探し方4つ目は「以前の職場で業務委託」です。

以前正社員で働いていた職場なので、スキル感もお互いに理解できますし、フリーランスとしての実績が少なくても案件獲得はしやすいでしょう。

ただ、円満退社でなく、なにかしら遺恨を残してしまい退職になってしまうと、もちろんですが業務委託契約をしてくれない可能性は高まります。

フリーランスとして、案件の窓口を広げたいなら、会社を辞める時も円満退社を心がけていきましょう。

SNS経由での獲得

フリーランスが仕事の探し方5つ目は「SNS経由での獲得」です。

最近では、フリーランスの方がTwitterなどのSNSを活用して案件を獲得するケースも少なくないですし、採用する企業側もSNS経由で採用活動をしていることもあります。

SNSで日々発信しておけば、自分がどんな人なのかを採用する側に知ってもらうことができるので、実績だけでなく人柄も見てもらうことができます。

また、企業側としても採用費が掛からないことからSNSで採用をする企業も増えてきています。

日々発信をし、連絡を待つという方法もありますが、ハッシュタグ検索をすれば容易に案件を探すことができます。

例えば、エンジニアの案件であれはばTwitterで「#エンジニア 募集」「#エンジニア 案件」などと調べてみてください。

ハッシュタグ検索をすると、フリーランスを募集している人や企業を見つけることができるでしょう。

HPのメールフォームに問い合わせ

フリーランスが仕事の探し方6つ目は「HPのメールフォームに問い合わせ」です。

企業ホームページの採用のフォームや、お問い合わせのフォームに営業をかけていくといったイメージになります。

その際、作成するメール文は下記のような項目で工夫するといいでしょう。

  1. 要件を件名にまとめる
  2. 自分を採用するメリットを伝える
  3. 実績を伝える
  4. アクションプランも提示する
  5. 言葉遣いに注意する

まずは件名に用件をまとめましょう。「アプリ開発のプログラマー募集について|名前」などとすれば迷惑メールと間違われません。

次に、あなたを採用するメリットと、そのメリットの証拠となる実績を提示することで、あなたに興味を示してくれる可能性が高まるでしょう。

最後に、どのくらいの期間働けるのか、どのくらいの時間働けるのか、どのくらいの期間で納品できるのかなどアクションについてまとめていきましょう。

また、誤字脱字や誤った言葉遣いをしないように気をつけましょう。

メール営業は、ある程度数をこなしていく必要があるので、地道にコツコツと行っていきましょう。

▼関連記事
Gmailではダメ?…フリーランスの仕事用メールアドレスの作成方法を紹介!

テレアポ・飛び込み

フリーランスが仕事の探し方7つ目は「テレアポ・飛び込み」です。

今回紹介する中では、1番難易度が高いですが、スピード感もありますし、人柄も見てもらいやすいことがメリットでしょう。

また、メール文と同じで、まず最初に要件を端的に伝え、自分を採用するメリットと実績を伝えていく必要があります。

飛び込み営業やテレアポは、難易度が高いですが、飛び込み営業やテレアポで仕事を獲得できるようになれば、仕事の獲得で他のフリーランスと大きく差をつけることができるでしょう。

正社員の求人サイト

フリーランスが仕事の探し方8つ目は「正社員の求人サイト」です。

dodaやリクナビネクスト、wantedlyなどの求人サイトへの求人サイトは、基本的に正社員での募集ですが、中には交渉に次第で業務委託として採用をしてくれる会社もあります。

その中でもwantedlyが1番業務委託の求人が多いでしょう。

ただ、もちろんdodaやリクナビネクストは正社員の求人がメインなので、獲得できる可能性はそこまで高くはないといえるでしょう。

オンラインサロン

フリーランスが仕事の探し方9つ目は「オンラインサロン」です。

仕事を獲得する目的でオンラインサロンに参加するなら、同じくフリーランスとして活動している人が多く参加しているオンラインサロンに参加するといいでしょう。

フリーランスの横の繋がりがあれば仕事を紹介してくれる可能性もありますし、有益な情報を交換できるチャンスにもなるでしょう。

交流会に参加する

フリーランスが仕事の探し方10つ目は「交流会に参加する」です。

コロナウイルスの関係で以前よりも少し減ってしまった可能性はありますが、オフラインで同業種や異業種の人との繋がりを作ることができます。

オンラインサロンと同様に、人脈が増えれば、直接仕事を依頼してもらえたり、仕事を紹介してくれる可能性もありますし、情報交換をするチャンスにもなるでしょう。

フリーランスの優良案件の取り方を紹介

先ほど紹介した方法で仕事を探せると思いますが、やはり優良案件を獲得したいですよね。

ここでは、フリーランスの優良案件の取り方を詳しく解説していきます。

優良案件を獲得していきたい方はぜひ参考にしてみてください。

受注した案件のクオリティを高める

フリーランスの優良案件の取り方1つ目は「受注した案件のクオリティを高める」です。

一度仕事を任されたクライアントからは、高クオリティの仕事をし、信頼されることでもう一度案件を任されることがあります。

高クオリティの仕事をすることで、リピートで仕事を獲得することができる可能性が高まります。

また、高クオリティの仕事は、次の新規案件獲得の際に実績となりますし、高クオリティの実績があれば優良案件の獲得に近づくことができるでしょう。

1つのクライアントに頼らない

フリーランスの優良案件の取り方2つ目は「1つのクライアントに頼らない」です。

フリーランスは、景気や採用してくれている会社の事情にも左右されることがあり、いい仕事をしていても継続して案件を獲得できない可能性があります。

その際に、1つの案件にだけ依存しているといきなり仕事が全くなくなってしまったなんてことにもなりかねません。

いきなり契約が切れたり、仕事の発注を切られてしまってもいいように、1つのクライアントだけではなく、複数のクライアントと仕事をしていき、ある程度リスクを分散しておくといいでしょう。

安売りをしない

フリーランスの優良案件の取り方3つ目は「安売りをしない」です。

実績がない間に案件を獲得していく際、案件の獲得ができず、仕事を安売りしてしまうケースがあるでしょう。

単価を下げることは、実績を積んでいくためにはある程度仕方のないことだとは思いますが、基本的には自分の価値を下げてしまうことになるので、ある程度実績がついてきたら、単価を下げずに妥当な金額をもらっていきましょう。

安易に単価を下げようとしてきたり、大幅に単価を下げようとしてくるクライアントとは、仕事をしないほうが優良案件は獲得しやすいでしょう。

新規のクライアントの獲得を惜しまない

フリーランスの優良案件の取り方4つ目は「新規のクライアントの獲得を惜しまない」です。

先ほど、「1つのクライアントに頼らない」ということをお伝えしたように、複数のクライアントと仕事をしておくことはとても重要です。

優良案件を取るには、定期的に新規クライアントの獲得を行っていく必要があるでしょう。

最初に単価を下げて案件を獲得してしまったクライアントでは、単価をあげる交渉をしなくてはいけないので、新規のクライアントを獲得していくほうが単価を上げるのは容易なこともあるでしょう。

新規のクライアントの探し方は、先ほど紹介した仕事の探し方を参考にして、探していきましょう。

フリーランスが安定的に新規の仕事を獲得していくには?

先ほどまで、フリーランスの仕事の獲得方法という「how to」について紹介していきました。

ただ、仕事を安定的に獲得していくには、「hou to」だけなく、「how to」を活用していくためのスキルが必要になってきます。

ここでは、フリーランスが安定して案件を獲得するために必要なスキルややっておくべきことについて解説していきます。

提案力を身につける

フリーランスが安定的に新規の仕事を獲得していく方法1つ目「提案力を身につける」です。

フリーランスが仕事を獲得する際には、「どんな料金」で「どんな成果」を出していくのかなど相手にメリットを感じてもらう必要があります。

その際に、「提案力」が必要になり、「提案力」がなければ自分が伝えたいことが相手に正確に伝えることができず、メリットを感じてもらうことができない可能性があります。

相手の立場になり、自分を採用したくなるような提案力を身につけることができれば、仕事を獲得しやすくなるでしょう。

実績を積み上げていく

フリーランスが安定的に新規の仕事を獲得していく方法2つ目「実績を積み上げていく」です。

フリーランスが仕事を獲得していくには、「スキル」とそれに見合った「実績」が重要になってきます。クライアントは、実績をみて「成果を出してくれそう」と判断することが多いからです。

要は、実績は自分の持っているスキルの証拠となるのです。

いくらスキルがあってもその証拠となるものがなければ、本当にスキルがあるのかを信用してもらいにくいでしょう。

おすすめとしては、会社員のうちに副業として案件を獲得していくことです。会社員のうちに実績を作っておけば、フリーランスとして独立した際に営業活動もしやすくスムーズに案件獲得をすることができるでしょう。

人脈を広げていく

フリーランスが安定的に新規の仕事を獲得していく方法3つ目「人脈を広げていく」です。

先ほども紹介しましたが、フリーランスは知り合いからの紹介で仕事を獲得することは少なくなく、エージェントや営業をするよりも仕事を獲得しやすいでしょう。

新しい仕事を定期的に紹介してくれれば、自分から営業をすることもなく、安定的に新規の仕事を獲得くしていくことができます。

ただ、常に同じ人が仕事を紹介してくれるわけではなく、紹介できる仕事がなければ仕事がなくなってしまう可能性もあります。

安定的に、仕事を紹介してもらうには、1人に依存するのではなく、人脈を広げ、複数人から仕事を紹介してくれるようになっていく必要があるでしょう。

人脈を広げるには、先ほど紹介したような「オンラインサロン」や「交流会への参加」がおすすめです。

ポートフォリオを磨いていく

フリーランスが安定的に新規の仕事を獲得していく方法4つ目「ポートフォリオを磨いていく」です。

先ほども紹介したように、フリーランスで仕事を獲得していくには、スキルの証拠となる「実績」が必要になってきます。

今まで行ってきた仕事ももちろん実績になりますが、「スキルの証明」という点でいえば、ポートフォリオの磨き上げは、とても有効になってくるでしょう。

ポートフォリオのクオリティをあげていけば、フリーランスとしての実績はそこまでなくても、スキルがあるとクライアントに感じてもらうことができ、信頼をしてくれる可能性が高まり、仕事の獲得に大きく近づいていくでしょう。

▼関連記事
営業資料となる!…フリーランスのポートフォリオの作成方法!

スキルを向上や幅を広げていく

フリーランスが安定的に新規の仕事を獲得していく方法5つ目「スキルを向上や幅を広げていく」です。

会社員と違い、フリーランスの現状維持は停滞と変わりません。フリーランスは常に、スキルアップをしていかなくては、価値を維持するどころか価値を下げていってしまいます。

特に、IT系やWeb系は技術の移り変わりが激しいので、新しいスキルやスキルの幅を広げていかないと、自分のスキルの需要がいつの間にかなくなってしまう可能性も高いでしょう。

スキルの向上やスキルの幅を広げていくことができれば、新しい領域の仕事にもチャレンジすることができるので、自分が受注できる案件の幅が広がることで、安定的に仕事を獲得していくことができます。

仕事の取り方・探し方の1つとしてテックビズを活用しよう!

テックビズでは、「フリーランスエンジニアになりたい」「フリーランスエンジニアに今のスキルでなれるのか」「実際に案件を紹介して欲しい」などのお悩みに対してキャリア面談を行なっております。

テックビズでは、ただ案件を紹介するだけでなく、キャリア面談をし、最適な案件をご紹介できるので、「平均年収720万円」「案件継続率97%超」という実績を出しております。

フリーランスエンジニアに興味がある人は、ぜひテックビズのキャリア面談を活用してみてください。

テックビズのサービスを見る