フリーランスの平均年収・給料は〇〇万円!年収UPや手取り額も紹介!

正社員からフリーランスになるメリットとしては「仕事を選べる」ということや「働き方の自由度が高い」そして「年収アップが狙える」というさまざまな利点があります。

今回は「年収アップが狙える」という点について見ていきましょう。

  • フリーランスの平均年収
  • 会社員とフリーランスの年収の比較
  • フリーランスが年収をあげていく方法

これからフリーランスとして独立をしたいと考えている人は「【決定版】フリーランスになるにはどうすればいい?必要な手続きや準備も紹介!」をぜひ読んでみてください。

フリーランスになる前に準備しておくことや必要なスキルから、独立した後の成功の秘訣や案件獲得方法についてまで、独立前に知っておくべきことの全てをまとめてあるので、ぜひ参考にしてみてください。

テックビズでは、フリーランスエンジニアとして独立するところから案件参画後までサポートを行っております。

・平均年収720万円
・案件継続率97%超
・案件登録数30000万件超

専属のコンサルタントが、キャリア面談から、あなたにぴったりの案件の紹介、案件参画後の相談まで行っているので、「フリーランスになりたい」「フリーランスだが、生活が安定しない」などお悩みの方は、ぜひお気軽にキャリア面談から応募してください。

テックビズのサービスを見る

目次

フリーランス全体の平均年収・給料は?

フリーランスの平均年収は正社員の時代と比べ高くなる傾向にあります。

ただし、正社員として働きながら副業をする『副業系フリーランス』や、フリーランス一本で仕事をしていく『独立系フリーランス』では年収に差があるようです。では実際に平均年収はどれだけ違うのでしょうか。

独立系フリーランス

広義のフリーランスには、大きく分けて独立系フリーランスと副業系フリーランスがいる。企業や組織に属さず雇用関係を持たない独立系フリーランスには、法人経営者(法人成りしている人)、個人事業主、すきまワーカー(開業届未提出の個人)がいて、たいていが業務委託契約や準委任契約で仕事を請け負う。取引先によって様々な肩書や職種で多岐にわたる仕事をし、複線的にキャリアを築いているパラレルキャリアの独立系フリーランスもいる。

参照:プロフェッショナルな働き方・フリーランス白書2018より

独立系の方がフリーランスの皆さんのイメージに近いのではないでしょうか。

独立系フリーランスの平均年収は360万円程度と言われており、月収にすると月30万円程度になります。

フリーランスと言うと大幅に給料が上がるイメージがありますが、実際には正社員からフリーランスになってもそこまで大きな給料アップはしていないようです。

副業系フリーランス

副業系フリーランスは、基本的に主となる企業や組織に雇用され、すきま時間を使って個人の名前で仕事をしている。副業系フリーランスには、1社に雇用されながら起業する人、1社に雇用されながら他の組織や個人と契約を結ぶ人、2社以上に雇用される人がいる。

参照:プロフェッショナルな働き方・フリーランス白書2018より

副業系フリーランスの平均年収は63万円という結果となりました。

国税庁の「令和元年分民間給与実態統計調査」によると、正社員の平均年収は503万円になりますので、正社員と副業でフリーランスをする方が、独立系フリーランスより年収が高いという結果となっております。

【職種別】フリーランスの平均年収・給料を紹介!

独立系フリーランス全体の平均年収は360万程度と申し上げましたが、その業種や業態によって年収にかなりの差があるようです。

ここでは『フリーランスエンジニア』『フリーランスWebライター』『フリーランスWebデザイナー』『フリーランスWebマーケター』『フリーランスITコンサルタント』『フリーランス動画クリエイター』の平均年収を見ていきましょう。

フリーランスエンジニアの平均年収・給料

フリーランスの平均年収を見ていきましょう。

年齢フリーランスの平均年収
25〜29歳約700万円
30〜34歳約800万円
35〜39歳約800万円
40〜44歳約850万円
45〜49歳約900万円
50〜54歳約650万円
55〜59歳約600万円

参照:テクフリ『フリーランスエンジニアの平均年収は? 言語や年齢別に調査!』より

 

フリーランスエンジニアの平均年収は年代別によってかなり差があるように見えます。

全ての年代の平均を出すとフリーランスエンジニアの平均年収は760万円程度と言えるでしょう。

ただし、フリーランスエンジニアの場合は特に上流工程に参加できるほど給与アップが見込めますので常に今以上のキャリア形成ができる案件を狙ってゆきましょう。

フリーランスエンジニアの年収について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

フリーランスWebライターの平均年収・給料

フリーランスWebライターの平均年収は455万程度です。

正社員の平均年収は503万円になりますので若干低い数値となってなっております。

ただし、業界知識やSEOの知識があるライターと無いライターでも年収が変わってくるようです。特にコンテンツマーケティング分野の案件の場合、キーワード選定や構成、ライティング、検品などさまざまな工程に分かれ、一連の経験があればディレクターとしてより高い給与が期待できます。

フリーランスWebデザイナーの平均年収・給料

フリーランスWebデザイナーの平均年収は300万程度です。

正社員の平均年収は503万円になりますのでフリーランスWebライター同様、Web若干低い数値となってなっております。

ただし、デザイナーの場合は過去の実績によって顧客からの発注金額が決まる場合が多く、正社員として働きながら着実に実績を重ねフリーランスになる方が良いでしょう。

フリーランスWebマーケターの平均年収・給料

フリーランスのWebマーケターの平均年収は780万程度です。

Web業界おいても比較的高い水準に位置していると言えます。

ただし、広告運用、SEO、コンテンツマーケティングSNS運用などジャンルが多岐にわたるため、保有スキルや対応可能な範囲によっても差が出やすい職種と言えるでしょう。

フリーランスITコンサルタントの平均年収・給料

フリーランスITコンサルタントの平均年収は約960万円となります。

フリーランスITコンサルタントも経歴が年収をかなり左右しますが、そもそもitについて深い知識が必要なため、元々エンジニアだった方がフリーランスITコンサルタントになる例が多いようです。

フリーランス動画クリエイターの平均年収・給料

フリーランスで働く動画クリエイターの平均年収は約400万円です。

動画編集だけでなく、企画やディレクションなどの上流工程も踏まえた動画クリエイターの単価相場は以下の通りです。

項目単価
企画構成1万〜5万円/本
ディレクション5万〜10万円/月
台本作成1万〜5万円/本
撮影5万〜30万円/本
編集1万〜20万円/本
ナレーション5万〜10万円/本

参照:フリーランス向けシェアハウスノマド家「フリーランスの動画編集者になるには?仕事内容や年収・案件獲得方法を解説」より

フリーランス動画クリエイターの年収に関しては動画を作る上での様々な工程でどのような役目を果たすか大きく左右されそうです。

例えば1案件の単価で『企画構成』や『台本作成』は~5万円ですが、撮影であれば~30万を目指せます。

【会社員と比較】フリーランスの平均年収・給料の手取りは?

まずはフリーランスの年収に関してですが、プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会のアンケートによると「400万円~600万円未満」となっており、平均で500万程度と言えます。

プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会が行ったアンケート(有効回答数601名)によると、フルタイムの会社員に近い形で働くフリーランス(月間就業時間140時間以上)に最も多い年収帯は「400万円~600万円未満」で、その割合は22.7%でした。

正社員の年収に関しては国税庁が約436万円であると発表しています。

やはりフリーランスの方が収入自体は高いように見えますが、実際手取りとなると差異が生まれてくるので注意が必要です。

 会社員の手取り額の考え方

会社から支給される給与は全て手取りとなるわけではありません。

いわゆる額面給与と言われるものから税金や保険料などを差し引いた金額が手取りとなります。一般的に正社員の手取りは次の計算式で算出が可能です。

「手取り給与=額面給与-(税金・保険料)」

保険料の中には『健康保険』『厚生年金保険』『雇用保険』『介護保険』が含まれており、税金には『所得税』『住民税』が含まれます。

フリーランスの手取り額の考え方

正社員と反対にフリーランスは満額が振り込まれますがそこから『所得税』『住民税』『国民年金』『国民健康保険』を自分で申告しなければなりません。

またフリーランスは実際に働く上で使った経費に関しては、給料より差し引くことが可能です。そのためフリーランスの手取りを計算する上で次の公式が当てはまります。

フリーランスの手取り=年収-経費-税金や社会保険料

【目指せ1000万越】フリーランスが年収・給料を上げるためには?

フリーランスはある程度自分の年収を決められるため、正社員からフリーランスになる場合は比較的給料が上がりやすいです。

しかしながらフリーランスとして働いている以上、さらに上の給料を目指す場合『成果物の品質を上げる』『新たなスキルを身につける』などの努力が必要です。

正社員は比較的年齢に応じて給料が上がっていきますが、フリーランスは正社員以上の努力をしないと給料アップが見込めません。

また、年収を上げる前に仕事の取り方についても詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

専門性の高いスキルを身につける

フリーランスが年収を上げる方法の一つとして『専門性の高いスキルを身につける』という方法があります。

例えばフリーランスエンジニアで会計ソフトの開発案件受託する場合、会計系の知識や資格を持っている人は持っていない人と比べて給料が高くなります。

これは会計という専門性の高い知識を持っているからです。

ただし、あまり浅い知識だと役に立たない可能性がありますので、全てのスキルに手を出すのではなく、これからどのようなスキルを身につけたほうが専門性があるか考え、学んでいくのが良いでしょう。

需要の高いスキルを身につける

需要の高いスキルを身につける、というのも年収アップには有効です。例えばエンジニア不足は社会でも騒がれており、フリーランスエンジニアの収入は年々高くなる傾向にあります。

加えて、需要の多い開発言語をみにつければ仕事に困ることは無くなるでしょう。

また、エンジニアだけにとどまらず、マーケターやデザイナーも上位レイヤーに行くほど収入アップが狙えますので、需要の高いスキルを極めることは年収アップのためには重要です。

エージェントをフルに活用する

フリーランスになる際や、単価をあげたい方はエージェントを利用するのもよいでしょう。

エージェントは案件を紹介するだけだと思われがちですが、エージェントによってはあなたの正社員からフリーランスのなり方、キャリアプラン、確定申告や節税方法までアドバイスをくれるエージェントがあります。

それがテックビズフリーランスです。一度、テックビズのキャリア面談を活用してみてください。

キャリア相談を受ける

売上を意識して行動をしていく

フリーランスとして案件を受注する際に気を付けた方がいいことは、安い案件を取りすぎないことです。

確かにフリーランスは不安定なため、目の前の案件に飛びつきがちですが、自分を安売りしてはいけません。

特にフリーランスになりたての時には注意したいです。高単価案件をいくつか受け効率良くこなせばあなたが目標とする年収までは最短距離でたどり着けるでしょう。

実績を積み上げていく

自分が身に着けているスキルがどういう物であれ、一般的には上流工程を対応できる方が収入は高くなりがちです。

デザインであればディレクションフェーズ、Webマーケティングであればマーケディング戦略フェーズなどを任せてもらうことができれば、実際に手を動かすポジションより収入は高くなりますし、顧客に取って代えのきかない人物になれるでしょう。

提案力を向上させていく

自分のスキルを上げるということに通ずるところがありますが、自ら顧客に対して提案する力も必要になってきます。

技術があったとしても、その技術を使って顧客に対してどのような価値提供ができるのかを提案できなければ十分にあなたの価値を理解してもらうことは難しいでしょう。

また、顧客の立場に立って顧客の代わりに商談などに参加することができるようになれば、あなたの市場価値はさらに上がります。

提案力についての教本などが出ていますが、この力は場数を踏んだ方が圧倒的に身につきますので、失敗を恐れず、積極的に提案をしていくことが大切です。

また、提案力がついてくれば、単価交渉をすることができ、1件あたりの単価をあげていくことができます。

単価交渉について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

節税を怠らない

節税を怠らないことも非常に大切です。個人事業主は自ら確定申告を行い、税金を納めないといけません。

過剰な節税はNGですが、正しく節税をしないと折角上がった年収を必要以上に納税してしまう可能性があります。

せっかく年収が上がってもそれでは意味が無くなってしまいます。節税に対して正しい知識を身に着けることも年収アップには必要不可欠なのです。

謙虚な姿勢で仕事に取り組む

謙虚な姿勢で仕事に取り組むことは当たり前ではありますが、無意識に不遜なふるまいをしてしまうことは少なからずあるでしょう。

極端に謙虚になりすぎることはありませんが、雇い主は多くの場合、自分でできない仕事を任せてくれています。

雇い主が専門知識を持っている可能性はほぼありません。進捗報告や納品時にはなるべく雇い主の目線に立って話をするようにしましょう。

SNSを活用しブランディングをしていく

SNSを利用し、自己ブランディングを行ってゆくことも大切です。

最近では企業がTwitterやFacebookを利用し、有識者を探す場合も多くみられます。SNSを利用し、業界のトレンドや自分の考えを発信し、企業の目に留まるようにしておきましょう。

フリーランスになって年収UP!成功事例を紹介!

フリーランスになって年収があがったケースは多くありますが、特に年収がアップしたAさんの事例を紹介します。

【Aさん会社員時代】

某システム開発会社の5年目のAさん。Javaプログラマーとして働き、年収は400万程度で額面では月給33万円、手取りは27万円でした。ほとんどが客先常駐の案件で、10時から19時までが出勤時間になりますが、毎日2時間程度残業をしています。

仕事内容はシステムの基本設計書や詳細設計書を見ながらのコーディングで、現状にあまり不満はありませんでしたが、そろそろ顧客折衝や設計などの上流工程の業務を経験したいと考えていました。

そのため、営業担当に「上流工程を経験できるような案件に参画したい」と相談していましたが、結局は営業が決めたコーディングがメインの案件に参画していました。

【Aさんフリーランス時代】

Aフリーランスになってから、フルリーモートで案件に参画し、年収は600万で月収は50万円、税金を考慮すると38万円程度の手取りとなります。残業もほぼ無く、リモートワークなので自宅で集中できないときはカフェやコワーキングを利用しています。

フリーランスになって収入がアップしたことももちろん嬉しかったのですが、積極的にエージェントとコミュニケーションを取り「上流工程を経験できる」ということをMustの条件として案件を探し、見事希望通りの案件に参画することが出来ました。

さらに、数年後にはプロジェクトマネージャーとして、開発案件を管理できる立場になるべく、月に一度、エージェントとキャリアプランについて相談しています。

フリーランスになる際の注意点とは?

最近はフリーランスの利点ばかりを誇張した広告などが多くみられ『フリーランスは高収入で自由な働き方ができる』という理由で転身する方が多くいらっしゃいます。

確かにそのイメージは間違いではないのですが、無期雇用ではないなど、不安定な部分があることも十分に理解しておくべきです。

ここではフリーランスになる際の注意点を見ていきましょう。

十分なスキルがあるのかを確認する

フリーランスになったとしても世の中に需要のあるスキルが身についていなければ案件は受注できないでしょう。

自分でスキルを判断することは難しいため、フリーランスの先輩に色々と質問してみましょう。

知り合いがいないという方は、最近では業種、業態に応じたフリーランスエージェントがいるので利用してみるのも良いでしょう。

フリーランスに必要なスキルについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

税務処理の知識を身につけておく

節税の知識が無いと思うように年収がアップしないと記述しましたが、節税の知識だけでなく、自分がどのような税金をどれほど納めなければならないか、事前に学んでおくことは非常に重要です。

例えば、確定申告の際に経費として処理できる項目には何があるのかを知っていれば事前に領収証等の書類が準備できるでしょう。

それ以前にしっかりと納税をおこなわないと修正申告をしなければならなくなったり、場合によっては本来払うべき金額以上の税金を納めなければならないということにもなりかねません。

フリーランスが知っておくべき税金の知識について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

キャリアプランを立てておく

フリーランスになる前にキャリアプランもしっかりと考えておきましょう。

年収アップの為にはできるだけ上流工程に参画できるように、自分のスキルアップについて考えておくべきです。

例えば、資格をいつまでに取る、使用できるツールを増やすなどの努力も必要です。仕事の面だけではありません。

フリーランスは退職金はなかったり、年金が会社員と比べて低くなります。そのため、老後の備えは非常に重要です。また、働けなくなったとしても労災保険は適用されませんので、医療保険に入っておくなどの備えも必要です。

フリーランスとして年収を上げるならテックビズに相談!

テックビズでは、「フリーランスエンジニアになりたい」「フリーランスエンジニアに今のスキルでなれるのか」「実際に案件を紹介して欲しい」などのお悩みに対してキャリア面談を行なっております。

テックビズでは、ただ案件を紹介するだけでなく、キャリア面談をし、最適な案件をご紹介できるので、「平均年収720万円」「案件継続率97%超」という実績を出しております。

フリーランスエンジニアに興味がある人は、ぜひテックビズのキャリア面談を活用してみてください。

テックビズのサービスを見る