【決定版】フリーランスになるにはどうすればいい?必要な手続きや準備も紹介!

フリーランスは、「自由を手にできる」「収入を大きくあげられる」などキラキラしたイメージがありますよね。そんなフリーランスを目指す人が年々増えてきており、フリーランスという働き方は以前よりも認知されてきています。

ただ、「具体的にどうしたらなれるのか?」「どのような手続きをすれば良いのか」「どんな準備をしておけば良いのか」など疑問に残ることは多くあると思います。

そこで、本記事では、「フリーランスになるにはどうすればよいのか」について、成功事例を元に詳しく解説していきます。これからフリーランスになりたいという方はぜひ参考にしてみてください。

テックビズでは、フリーランスエンジニアとして独立するところから案件参画後までサポートを行っております。

・平均年収720万円
・案件継続率97%超
・案件登録数30000万件超

専属のコンサルタントが、キャリア面談から、あなたにぴったりの案件の紹介、案件参画後の相談まで行っているので、「フリーランスになりたい」「フリーランスだが、生活が安定しない」などお悩みの方は、ぜひお気軽にキャリア面談から応募してください。

テックビズのサービスを見る

目次

そもそもフリーランスとは?自営業や業務委託との違いは?

そもそもフリーランスとはどのような人のことをいうのでしょうか。

ここでは、フリーランスになる前に、フリーランスについての基礎知識を解説していきます。

フリーランスの定義

フリーランスとは、一体どんな働き方をしている人のことを指すのでしょうか。

フリーランスの定義とは、企業や組織に属すことなく、個人で仕事を請け負うという働き方をしている人のことを指します。つまり、自分のスキルを活かし、個人で仕事をしているのであれば、どんな職種でもどんな契約でもフリーランスを名乗ることができます。

また、

フリーランスと個人事業主との違い

「フリーランス」と似たような言葉で「個人事業主」があります。フリーランスと個人事業主は、似た意味合いではありますが、厳密にいうと違う意味になります。

個人事業主は、法人化せず、開業届を出し個人で事業を行っている人のことを指します。フリーランスは、基本的には個人で仕事を請け負うという働き方ではありますが、必ずしも個人事業主というわけではなく、1人企業として法人を設立し活動をしているフリーランスもいます。

フリーランス全てが個人事業主というわけではないので、必要に応じて使い分けていきましょう。

フリーランスと業務委託との違い

業務委託は、フリーランスと同じように解釈されることがありますが、本来同じ意味ではありません。

フリーランスは先ほど紹介したように、企業や組織に属すことなく、個人で仕事を請け負うという「働き方」のことを指しますが、業務委託は案件ごとに企業とフリーランスが結ぶ契約形態のことになります。

フリーランスは、業務委託で働くこともありますが、制作物を納品する場合もあり、必ずしも業務委託で働くというわけではないでしょう。

フリーランスになるメリット

フリーランスには具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、フリーランスになる具体的なメリットを紹介していきます。

働く場所にとらわれなくなる

フリーランスになるメリット1つ目は「働く場所にとらわれなくなる」です。

フリーランスは、契約にもよりますが場所に囚われることがなく、好きな場所で働くことができます。

自宅や、コワーキングスペース、自分のお気に入りのカフェなど、日によって働く場所を変えることができます。また、満員電車からも解放され、通勤という時間を削減できる、満員電車のストレスも解消されるでしょう。

年収を青天井に上げることができる

フリーランスになるメリット2つ目は「年収を青天井に上げることができる」です。

会社員とフリーランスでは、スキルや経験は同じでも年収が倍近く違うなんてことがよくあり、テックビズで独立をしたフリーランスエンジニアの方々で年収が倍になったという事例も少なくありません。

フリーランスは売上から経費を引いた分が全て自分の収入になるので、年収を上げやすい傾向にあります。

人間関係のしがらみから解放される

フリーランスになるメリット3つ目は「人間関係のしがらみから解放される」です。

フリーランスは、上司もいなければ先輩や後輩もいないので、無駄な社内政治に巻き込まれる必要がなくなります。

また、行きたくない会社の飲み会やイベントにも参加する必要がなくなるので、人間関係のしがらみから開放されやすいでしょう。

定年退職がない

フリーランスになるメリット4つ目は「定年退職がない」です。

会社員は定年退職がありますが、フリーランスは、健康であれば何歳まででも働くことができます。

会社都合で定年退職をする必要がないため、老後もしっかりお金を稼ぎ続けることができる可能性があります。

フリーランスのメリットとデメリットを詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

フリーランスになるデメリット

フリーランスになるには、キラキラしたメリットの部分だけでなく、現実のデメリットについても知っておくべきでしょう。

ここでは、フリーランスになるデメリットについて詳しく解説していきます。

社会的信用が低い

フリーランスになるデメリット1つ目は「社会的信用が低い」です。

フリーランスという働き方の認知はついてきたものの、まだまだ社会的信用が低いこともあり、クレジットカードやローンの審査が通りにくくなってしまいます。

フリーランスになるには、クレジットカードやローンの審査などを会社員のうちに済ませておく必要があるでしょう。

年収が安定しない

フリーランスになるデメリット2つ目は「年収が安定しない」です。

フリーランスは、会社員とは違い毎月同じ給料が約束されている訳ではありません。

収入がいきなり0になってしまう可能性もあります。フリーランスになるには、仕事がなくなってしまった時のことを想定して、ある程度の貯金をしておく必要があるでしょう。

フリーランスの年収について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

税務処理がめんどくさい

フリーランスになるデメリット3つ目は「税務処理がめんどくさい」です。

フリーランスは会社員とは違い、税務処理を行ってくれる経理がいる訳ではないので、確定申告などの税務処理を自分で行う必要があります。税務処理は、手元に残るお金に直結してくるので、フリーランスにとってはとても重要なことになります。

ただ、今まで会社員だったのに、いきなり税務処理をするとなっても難しいですし、特に青色申告は、手間がかかりめんどくさいと思ってしまう人も少なくないでしょう。フリーランスになるには、税務処理の知識を身につけておくか、フリーランスエージェントの税務処理代行を活用することをおすすめします。

福利厚生が得られない

フリーランスになるデメリット4つ目は「福利厚生が得られない」です。

フリーランスは、自由な反面、有給休暇や特別休暇、家賃補助などの福利厚生を得ることができません。

そのため、フリーランスは働かなければ無給となってしまいます。フリーランスが休むときは、基本的に無給になるということを覚えておきましょう。

フリーランスになるには何が必要なのか?

フリーランスになるには、なにが必要になってくるのでしょうか。

ここでは、これからフリーランスになるために準備しておくべきことを紹介していきます。

フリーランスに必要な準備について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

1年以上の実務経験

フリーランスになるために必要なこと1つ目は「1年以上の実務経験」です。

フリーランスを採用し、仕事を任せたいという企業は、即戦力のプロとしての働きを期待してますし、即戦力のプロとして結果を出してくれそうな人に仕事を任せます。その時に、必ず必要になってくるのが「スキル」と「実績」になり、案件に参画できるだけのスキルがあるか、信頼できるだけの実績があるかが求められてきます。

案件をスムーズに獲得できる目安としては1年以上の実務経験のレベルのスキル感は必要でしょう。テックビズでも、実務経験が1年以上のエンジニアの方が案件を獲得しているケースは多く、スキル感としては実務経験が1年以上あれば活躍できる可能性が高いでしょう。

営業力

フリーランスになるために必要なこと2つ目は「営業力」です。

フリーランスは、会社員とは違い待っているだけで仕事が入ってくるなんてことはなく、自分からクライアントを獲得しにいかなくてはなりません。その際に、必ず必要になってくるのが、営業力と提案力です。

どんなにスキルがあっても、それをアピールする営業力と提案力がなければ、案件を獲得することが出来ないでしょう。

ただ、近年はテックビズのようなフリーランスエージェントのような案件を紹介してくれるサービスもあるので、営業力に自信がない人は、営業を代行してもらうことをおすすめします。

テックビズのサービスを見る

十分な貯金

フリーランスになるために必要なこと3つ目は「十分な貯金」です。

フリーランスは、会社員のように毎月の収入が保証されているわけではないので、急に収入が減ってしまったり、最悪の場合は仕事が全くなくなり収入が0になってしまうなんてこともあり得ます。

収入が減ってしまった時に、「生活ができない、、、」となってしまうことがないように、フリーランスになる前には十分な貯金をしておく必要があるでしょう。また、フリーランスになってからも、定期的に貯金をしていき、もしもの際に備えておくことをおすすめします。

フリーランスにの貯金についてを詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

フリーランスになる前に準備しておくべき5つのこと

フリーランスになる前にどんなことを準備しておくべきなのでしょうか。

ここでは、これからフリーランスになるという方が会社員の間にしておくべき準備5選を詳しく紹介していきます。

キャリアプランを考える

フリーランスになるためになる前に準備しておくべきこと1つ目は「キャリアプランを考える」です。

フリーランスとなる前に、「今後どのような仕事をしたいのか」「今後どのくらい稼いでいきたいのか」などの数年後のキャリアプランを考えておく必要があるでしょう。

キャリアプランを考えておけば、「今なにをやっておくべきなのか」「今どのような行動をしていけばいいのか」など目標から逆算をしてやっておくべき行動を決めることができます。

やるべきことが決まっていれば、なにをすればいいのか迷うこともなくなるので、フリーランスとして成功する可能性も高まります。

テックビズのようなフリーランスエージェントでは、キャリア面談も行っているので、ぜひ活用してみてください。

キャリア相談を受ける

エージェントに登録する

フリーランスになるためになる前に準備しておくべきこと2つ目は「エージェントに登録する」です。

フリーランスエージェントとは、案件を紹介してくれたり、企業との交渉や、案件参画後にサポートしてくれるなど、フリーランスのキャリア形成をサポートするサービスを行っております。

フリーランスエージェントに登録をすれば、どんな案件があるのか、どのくらいの単価なのかを見ることができるので、自分が案件が獲得できそうかを確認することができます。

また、テックビズのようにキャリア面談があるエージェントでは、これからフリーランスになりたいという方に向けて、フリーランスのキャリアや働き方などについて相談することができるので、フリーランスになる前に不安や疑問を解消することもできます。

テックビズのサービスに興味がある

クレジットカードやローンを申請しておく

フリーランスになるためになる前に準備しておくべきこと3つ目は「クレジットカードやローンを申請しておく」です。

先程フリーランスのデメリットでも紹介したように、フリーランスはまだまだ社会的信用が低い働き方なので、クレジットカードやローン、賃貸の審査が会社員に比べて通りにくくなってしまいます。フリーランスになる前にはクレジットカードやローンの申請などを済ませておく必要があるでしょう。

またテックビズカードのようなフリーランス向けのクレジットカードも出てきているので、これからフリーランスになるという方はぜひチェックしてみてください。

フリーランスにおすすめのクレジットカードを詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

仕事用の口座を作成しておく

フリーランスになるためになる前に準備しておくべきこと4つ目は「仕事用の口座を作成しておく」です。

フリーランスになると、確定申告などの税務処理を自分で行う必要があります。その時に、仕事用のお金とプライベートのお金を分けておくと、経理の業務がとても楽になります。

収入は仕事用の口座に振り込みをしてもらう、生活費などのお金を仕事用の口座からプライベートの口座に移動して使うといったように使い分けをしていきましょう。

お金の移動がめんどくさいと感じるかもしれませんが、一度経理業務をやってみると分けたほうが処理が楽ということを感じることができるでしょう。

その他備品を準備しておく

フリーランスになるためになる前に準備しておくべきこと5つ目は「その他備品を準備しておく」です。

フリーランスになるには、名刺を作成したり、メールアドレスを作成したり、もし自宅で仕事をするならデスクや椅子を用意したり、会計ソフトを導入したりと準備しておくものがたくさんあります。

特に、名刺とメールアドレスは仕事で使うことも多いですし、会計ソフトも税務処理の際に必要になってくるので早めに用意しておくことをおすすめします。

フリーランスになるために必要な準備を詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

【5ステップ】フリーランスになるにはどのような手続きをすればいいのか?

ここではフリーランスためにどのような手続きを行なっていけばいいのかを解説していきます。

ステップ1:開業届を提出する

フリーランスになるために必要な手続きステップ1は「開業届を提出する」です。

「フリーランスとして開業をしました」という開業届を税務署に提出しましょう。開業届は、フリーランスとして独立をしてから1ヶ月以内に出す必要があるので忘れずに提出しましょう。

開業をする際には、屋号もつけることができるので必要な場合は自分の屋号を決めて開業届を提出しましょう。

「開業届の書き方」や「屋号のメリット」について詳しく知りたい方は、下記をご覧ください。

ステップ2:国民健康保険に加入をする

フリーランスになるために必要な手続きステップ2は「国民健康保険に加入をする」です。

会社員からフリーランスになると、基本的に社会保険から国民健康保険への切り替えが必要になります。国民健康保険の加入は、居住地の役場で手続きを行うことができます。

日本では健康保険への未加入は認められておらず、加入をしないと医療費を全て負担することになってしまい余計な出費になってしまう可能性がありますので、退職をしたら早めに国民健康保険に切り替えることをおすすめします。

また、社会保険に入っていた時には、健康保険についてあまり意識をしていなかった方も多いと思うので、国民健康保険についての基礎知識やどのくらい支払いをするのかを事前に知っておくといいでしょう。

詳しくは下記の記事にまとめてありますので、ご覧ください。

ステップ3:国民年金に切り替える

フリーランスになるために必要な手続きステップ3は「国民年金に切り替える」です。

健康保険と同様に社会保険を抜けた後に、国民年金に切り替える必要があります。期限は退職から14日以内となっているので、期限を過ぎてしまわないように気をつけておきましょう。

国民年金への切り替えは、健康保険と同様居住地の役場で手続きを行うことができます。

その際に必要になるものは下記の通りです。

・年金手帳
・退職時に会社から発行される「離職票」「健康保険資格喪失証明書」「退職証明書」
・運転免許証やパスポートなどの身分証明書
・印鑑
・銀行口座がわかるもの
・クレジットカード
国民年金の支払いは、納付書か口座振替、クレジットカード払いのいずれかになりますので、もし口座振替やクレジットカード払いにするのであれば、口座番号がわかるものやクレジットカードを持っていく必要があります。

ステップ4:青色申告承認書を提出する

フリーランスになるために必要な手続きステップ4は「青色申告承認書を提出する」です。

フリーランスは確定申告をする必要があり、その際に「白色申告」「青色申告」の2種類で確定申告をすることができます。白色申告は、手続きは簡単ですが、手取り額を増やしていきたいなら青色申告をすることがおすすめです。

青色申告は、手間はかかりますが会計ソフトを使えば初めてでもできますし、少しの手間かけることで手取り額が増える方がメリットが大きいでしょう。

青色申告をするには、開業後に税務署に青色申告承認書を提出する必要があります。開業届を税務署に提出する際に一緒に提出してしまいましょう。

青色申告について詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

また、テックビズでは実質無料で、税務処理代行サポートを行っているので、ぜひ活用してみてください。

ステップ5:メールアドレスや名刺を作成する

フリーランスになるために必要な手続きステップ5は「メールアドレスや名刺を作成する」です。

フリーランスは、仕事でメールアドレスを使用することや、名刺交換をする可能性は高いでしょう。LINEなどのチャットツールもありますが、ビジネスの場ではメールアドレスを使われることは少なくありません。

その時に、プライベートのメールアドレスと仕事用のメールアドレスを分けておくと使いやすいでしょうい。

また、名刺にはメールアドレスや開業届の提出の際に決めた屋号などを入れておくと良いでしょう。

フリーランスのメールアドレスについて詳しく知りたい方は、下記をご覧ください。

フリーランスの開業後の案件獲得方法とは?

先ほど紹介したステップで、フリーランスとして開業をした後にどうやって仕事を獲得していけばいいのでしょうか。

ここでは、フリーランスが案件を獲得する方法4選を解説していきます。

エージェントを活用する

フリーランスの案件獲得方法1つ目は「エージェントを活用する」です。

先ほども紹介しましたが、テックビズのようなフリーランスエージェントは、案件の紹介から、単価の交渉、案件参画後のサポートを行ってくれます。

また、フリーランスエージェントによっては、キャリア面談から自分にあった案件や自分のキャリアプランから最適な案件を紹介してくれるので、案件参画後に「思っていた仕事内容とは違った、、、」となる可能性を下げることができます。

さらに、案件紹介から数日で入れることもあるので、今すぐ案件が欲しいという方には、フリーランスエージェントの活用が1番おすすめできるでしょう。

テックビズのサービスを見る

営業をする

フリーランスの案件獲得方法2つ目は「営業をする」です。

フリーランスが営業をする方法としては下記のものがあるでしょう。

1.SNSを利用する
2.メールを利用する
3.前職の人に連絡をする
4.コミュニティで繋がりのある人に連絡をする
5.セミナーや交流会で直接話をする
新規営業は、営業力や提案力、交渉力が必要になってきますが、クラウドソーシングやエージェントよりも大きな金額で受注することができる可能性があります。
他の案件獲得方法よりも、案件獲得をする難易度は上がってはしまいますが、大きな仕事や収入を得たいという方は、チャレンジしてみるといいでしょう。
新規営業をやってみたいという方は、下記の記事を参考にしてみてください。

クラウドソーシングを利用する

フリーランスの案件獲得方法3つ目は「クラウドソーシングを利用をする」です。

「ランサーズ」や「クラウドワークス」などの、クラウドソーシングは初心者向けの案件から上級者向けの案件まで、様々な案件が依頼されています。

そのため、自分のスキルや実績に見合った案件を見つけることができるので、比較的案件が取りやすいと言えるでしょう。

ただ、単価としてはエージェントサービスよりも低い傾向にありますし、単価の交渉なども自分でする必要があるので、実績がなく単価が低くても、コツコツ実績を積んでいきたいという方におすすめです。

人脈を活用をする

フリーランスの案件獲得方法4つ目は「人脈を活用する」です。

フリーランスは、人脈から案件を獲得することも少なくなく、特に実績がない時には1番案件を獲得したやすいと言えるでしょう。

人脈の作り方は下記のようになります。

1.SNSを利用する
2.ビジネスマッチングアプリを活用する
3.コミュニティに参加する
4.交流会に参加する
5.知り合いに紹介してもらう
フリーランスは、同僚や上司がいる会社員と違い、自分から動いていかないと人脈を作ることができません。
その際に、TwitterなどのSNSや、オンラインサロン、yentaなどのビジネスマッチングサービスを活用していくと人脈を広げやすいでしょう。
人脈を広げておくと意外なところから紹介をされて仕事を獲得することもあるので、仕事を獲得する可能性が高まるでしょう。
フリーランスの案件獲得方法について詳しく知りたい方は、下記をご覧ください。

フリーランスの成功事例を紹介

テックビズでは、フリーランスエンジニアとして成功している方が多くいらっしゃいます。

ここでは、フリーランスエンジニアとして成功した方の事例を紹介し、生活や仕事面が会社員の時と比べてどう変わっていったのかを確認していきましょう。

ライフスタイルが変わり、余裕ができました。

フリーランスになった理由は?
やりたいことをずっとできることが保証されないなと思いました。私は開発をやりたかったのですが、実際やりたいこと以外に使う時間も多かったです。
それもあって、そのときやりたいことを自分で選びたいと強く思うようになりました。
やりたいことが選べる環境へ変えるための手段がフリーランスだった
フリーランスとして働いた感想や現状は?
会社員の時に比べ、収入が2倍になりお金に余裕ができたので、積み立てや貯金ができるようになりました。また、時間にも余裕ができ、趣味である舞台を見に行けるようになり、趣味を楽しむことができているのもフリーランスになったのが大きいと思います。
インタビューの続きはこちら…佐藤恵香さん(C#エンジニア)

フリーランスになることで広がった可能性に挑戦

フリーランスになった理由は?
経済的な側面でもそうですが自分が叶えたいキャリアプランを実現するためにフリーランスになりました。
転職という選択肢もありましたが、もしチャレンジをするなら若いうちに思い、フリーランスになるという選択肢を決断しました。
もし失敗しても、若いうちにチャレンジすれば、会社員としてやり直すこともできるので。
フリーランスとして働いた感想や現状は?

現在はRubyを扱う案件に参画しています。結構長く参画させていただいてる案件ですね。案件はもちろんそうですが、最近では自分でも案件獲得に向けて動いたりエンジニア講師もやっています。

会社員の時に比べて収入が約2倍ほどなったことで、お金にかなり余裕ができ、会社員の時にはできなかったお金の勉強や、資産形成にお金を回すことができるようになりました。
また、エージェントだけでなく、将来のキャリアプラン実現のために、自分で案件獲得のために行動をしたり、エンジニアの講師にもチャレンジすることができています。

インタビューの続きはこちら…徳田裕太さん(rubyエンジニア)

フリーランスになって生活が好転

フリーランスになる前後でイメージの差はありましたか?
フリーランスになる前は、フリーランスという働き方へのハードルにも少し誤解があったので、正直不安がかなり大きかったです。
実務経験の年数が長く、経験があるエンジニアしかフリーランスになれないと思っていましたが、経験の浅いエンジニアでもフリーランスとしてのキャリアをスタートできるということが大きなギャップでした。
フリーランスとして働き始めてからどのような変化がありましたか?
会社員の時と比較して、収入が1.5倍になり、今まで月に60時間もあった残業時間がほとんどなくなったので、お金と時間に余裕が生まれました。
また、会社員の時には実現できなかった、やりたい仕事にも参画することができたので、フリーランスになりもやもやが解消されました。
インタビューの続きはこちら…阿部悠輝さん(C#エンジニア)

フリーランスに向いている人とは?

先ほど紹介したようにフリーランスとして成功する人はどんな人なのでしょうか。

ここでは、フリーランスに向いている人の特徴を紹介していきます。

自発的に行動ができる人

フリーランスに向いている人の特徴1つ目は「自発的に行動ができる人」です。

フリーランスは、上司や先輩から仕事を任される会社員とは違い、待っているだけではいつになっても仕事を獲得することができず、自分から積極的に仕事を獲得しにいく必要があります。

また、自分が欲しい情報や、スキルの向上、新しいスキルの習得や、人脈の構築など自分からどんどん行動をしていかないとフリーランスとして長く生活していくことが厳しくなってしまいます。

自分で考え、自分で行動をし結果を出していける人がフリーランスに向いているでしょう。

スケジュールの管理ができる人

フリーランスに向いている人の特徴2つ目は「スケジュールの管理ができる人」です。

フリーランスは、会社からスケジュールを管理される会社員とは違い、フリーランスはスケジュールを自分で管理していかなくてはいけません。

そのため、納期や期限から逆算をしてスケジュールを組み立て、セルフマネジメントをし、そのスケジュールを必ず守っていくことをできなくてはいけません。

また、スケジュールや納期を守ることができないフリーランスはクライアントから信頼を得ることができず、継続して案件を獲得していくことが厳しくなってしまうでしょう。

自分でスケジュール管理をし、納期や期限を守り、クライアントから信頼を得られる人がフリーランスに向いていると言えるでしょう。

変化に対応できる人

フリーランスに向いている人の特徴3つ目は「変化に対応できる人」です。

フリーランスとして働いていると、自分が経験したことがないことや、わからないことなど予期せぬことが起きる可能性は高いでしょう。その際に、会社員の時には上司や先輩に聞くことができますが、フリーランスは自分で解決していかなくてはいけません。

自分で解決方を調べてみたり、知り合いに聞いてみたりとなんとかして結果を出していくことができれば、クライアントからも信頼を得ることができ、継続的に案件を獲得することもできますし、スキルの向上にも繋がっていくでしょう。

予期せぬことが起きた時にも変化に対応し、結果を出していける人がフリーランスに向いていると言えるでしょう。

フリーランスに向いているのかを詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

フリーランスに将来性はあるのか?

フリーランスには、将来性があるのでしょうか。

近年フリーランスが増えてきており、「フリーランスが増えすぎて案件がなくなるのでは?」と思ってしまう方も中にはいるでしょう。

答えを先にお伝えすると、フリーランスに将来性はあります。

近年フリーランスという働き方も増えてきており、フリーランスを採用する企業も年々増えてきておりますし、需要も増加してきたおります。

育成コストもかからず高いパフォーマンスを必要な時に提供してくれるフリーランスは、採用する企業側としてはメリットが多いといえ、需要が高いでしょう。

また、IT業界では近年エンジニア深刻な不足に陥ると言われており、需要に対して供給が追いついていないので、フリーランスエンジニアの需要は年々高まっていく可能性が高いです。

フリーランスが将来どうやって生き延びていけばいいのかを詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

フリーランスになるにはテックビズのキャリア相談を!

テックビズでは、「フリーランスエンジニアになりたい」「フリーランスエンジニアに今のスキルでなれるのか」「実際に案件を紹介して欲しい」などのお悩みに対してキャリア面談を行なっております。

テックビズでは、ただ案件を紹介するだけでなく、キャリア面談をし、最適な案件をご紹介できるので、「平均年収720万円」「案件継続率97%超」という実績を出しております。

フリーランスエンジニアに興味がある人は、ぜひテックビズのキャリア面談を活用してみてください。

テックビズのサービスを見る