実務経験が1年でもフリーランスとして独立することができるは本当なのか検証!

近年、フリーランスエンジニアとして独立し、自由な働き方や高年収を稼いでいきたいと考えている方が増えています。

ただ、どのくらいの経験があれば、フリーランスエンジニアとして独立をすることができるのでしょうか。

特に、実務経験が1年という少ない経験の方は、今の自分の経験でフリーランスエンジニアになることができるのか不安な方も多いはずです。

そこで今回は、「実務経験が1年でもフリーランスエンジニアになれるのか」から「どのくらいの実務経験があった方がいいのか」まで解説していきます。

  • 実務経験が1年でもフリーランスエンジニアになれるのか
  • 実務経験が1年でフリーランスエンジニアになるとどうなるのか
  • どのくらいの実務経験があった方がいいのか
  • 実務経験が少ない状態でフリーランスエンジニアになった場合の対策

これからフリーランスになりたいと思っている方は、こちらの「【決定版】フリーランスになるにはどうすればいい?」「フリーランスエンジニアになるには」を参考にしてみてください。

フリーランスになるために必要な準備やフリーランスの実情、フリーランスになる手続きや案件獲得方法など、フリーランスになる前に知っておくべき全てを解説してます。

テックビズでは、フリーランスエンジニアとして独立するところから案件参画後までサポートを行っております。

・平均年収720万円
・案件継続率97%超
・案件登録数30000万件超

専属のコンサルタントが、キャリア面談から、あなたにぴったりの案件の紹介、案件参画後の相談まで行っているので、「フリーランスになりたい」「フリーランスだが、生活が安定しない」などお悩みの方は、ぜひお気軽にキャリア面談から応募してください。

テックビズのサービスを見る

実務経験が1年でもフリーランスエンジニアになれるのか

フリーランスエンジニアとして独立するには、実務経験が豊富で、高い専門スキルがないといけないというイメージが強い方も多く、実務経験が1年では独立することができないと考えている方も少なくないはずです。

では、実務経験が1年でもフリーランスエンジニアとして独立することはできるのでしょうか。

最初に結論からお伝えすると、実務経験が1年以上あれば、フリーランスエンジニアとして独立することは十分可能です。

実際にテックビズフリーランスでは、実務経験が1年以上の方を対象にしており、実務経験が1年ほどの方でも案件を獲得し、フリーランスエンジニアとして独立を果たしております。

実務経験が1年以上あれば、自分のスキルに見合った案件を見つけることができれば、十分に案件を獲得できるのです。

ただ、実務経験が1年では、案件は獲得できますが、フリーランスエンジニアになるにあたって、十分な経験を積めているという訳ではありませんので注意しましょう。

実務経験が1年でフリーランスエンジニアになるとどうなるのか

実務経験は1年以上あれば、十分に独立することができると紹介していきました。

では、実際に実務経験が1年でフリーランスエンジニアになるとどうなっているのでしょうか。

ここでは、実務経験1年のフリーランスエンジニアの実情について解説していきます。

  • 参画できる案件は限られてる
  • 自分に合った案件を見つければ仕事を獲得できる
  • 単価が低くなってしまう
  • 参画後に経験不足を感じることがある

参画できる案件が限られる

実務経験が1年以上あれば、フリーランスエンジニアとして独立することはできますが、どのような案件でも参画できるというわけではありません。

実務経験1年では、むしろ参画できない案件の方が多い可能性の方が高いでしょう。

ただ、フリーランスエンジニアとしての経験や多くの実績を積んでいくことができれば、多くの案件を獲得することもできるようになります。

自分に合った案件を見つければ仕事は十分獲得できる

実務経験が1年では、参画できる案件は少なくなってしまいますが、参画できる案件がないというわけではありません。

実務経験が1年ほどの方に合ったスキル感の案件も確実にあります。

ただ、案件数が多くないということもあり、案件を探すことから苦労することも少なくありません。

実務経験1年のスキル感に合った案件を見つけるなら、フリーランスエージェントに相談をすることが1番の近道でしょう。

また、実務経験が少ない間は、経験を積んでいくことを最優先にした方がいいので、自分の獲得したい案件というよりも、参画できそうな案件を探していくことを優先していきましょう。

自分に合った案件を見つける

単価が低くなってしまう可能性がある

実務経験が1年では、1件あたりの単価が低くなってしまう可能性があります。

基本的に、高いスキルを求められる案件の方が高単価になりますが、豊富な実務経験を求められる可能性が高くなってしまいます。

ただ、単価が低いとはいっても、会社員時代よりも年収が下がるということでなく、会社員時代よりも年収が高いといった人の方が多いでしょう。

参画後に経験不足を感じることがある

実務経験が1年だと、「案件参画後に今まで経験したことがないことを依頼される」といった可能性は高くなるでしょう。

上司や同僚がいる訳ではないので、今まで経験したことがない案件場合、手探りで行なっていく必要がありますし、場合によっては求められたことが完了できないなんてことになりかねません。

実務経験1年の場合、案件参画後に自分のスキル不足を感じないためにも、スキルアップの時間を積極的に確保したり、人脈を広げ、自分のわからない範囲を聞くことができる環境を作っておく必要があるでしょう。

フリーランスエンジニアにとって実務経験はなぜ必要なのか?

フリーランスエンジニアにとって、実務経験はなぜ必要になってくるのでしょうか。

ここでは、フリーランスエンジニアに実務経験が必要な理由3選について解説していきます。

  • 募集要項で実務経験を求められることがある
  • 経験値やスキルを示すことができる
  • 様々なシチュエーションに対応できる

募集要項で実務経験を求められることがある

フリーランスエンジニアの案件サイトで、案件ごとの募集要項を見ると、実務経験○年以上と記載してあることが多いです。

いくらスキルがあっても、募集要項の実務経験に満たなければ、案件を紹介してもらうこともできず、エージェントから相手にされません。

また、エージェントを活用せず、自分で営業をしたとしても、実務経験が少ないとスキルがないと思われてしまうことも多く、相手にされないことが多いです。

「案件サイトのエージェントから返信をもらう」「営業先から返信をもらう」という最初の壁を超えて行くためにも、実務経験は必要になります。

経験値やスキルを示すことができる

フリーランスを採用したいと思っている企業は、即戦力のプロとしての活躍を期待しています。

そのため、求める結果を出してくれるだけの高い専門スキルを持っている人を採用したいと思っています。

その際に、口頭で自分のスキルを示すよりも、実績となる実務経験が豊富さを示すことの方が、自分のスキルの裏付けになります。

自分のスキルをより伝えるためにも実務経験の豊富さは、必要になってきます。

様々なシチュエーションに対応できる

案件参画後には、イレギュラーな対応やトラブルが起きることがあります。

その際に、実務経験が豊富であれば、イレギュラーやトラブルも過去に経験し、解決方法を知っているといった可能性が高くなるでしょう。

様々なシチュエーションに対応できれば、案件を円滑に回すことができますし、クライアントから求められた結果を出していくことができるでしょう。

参画後、案件を円滑に進めていくためにも十分な実務経験は必要になってくるでしょう。

フリーランスエンジニアは実務経験を3年以上積んでおくことがベスト

先ほど実務経験は必要な理由と、実務経験が豊富な方がいいということを紹介していきました。

では、どのくらい実務経験を積んでからフリーランスエンジニアになるべきなのでしょうか。

結論を先にお伝えすると「実務経験を3年以上積んでからフリーランスエンジニアとして独立する」ことをおすすめしています。

ここでは、実務経験が3年以上が独立するベストなタイミングな理由を解説していきます。

  • 多くの案件に参画することができる
  • 高年収を目指すことができる
  • 働き方を選べる可能性が高い

多くの案件に参画することができる

実務経験が5年以上あれば、多くの案件に参画することができるようになります。

先ほどお伝えした、フリーランスエンジニアの案件サイトでは、求められる実務経験が3年以上という場合も多く、募集できる案件数が大幅に増えます。

また、直接営業をしたとしても、実務経験が3年以上あれば、スキルがある人材と認識されることも多いのでしょう。

フリーランスエンジニアとして、案件獲得に困らないためにも、実務経験が3年以上あるといいでしょう。

高年収を目指すことができる

実務経験が3年以上であれば、単価や時給が高い案件を獲得できる可能性が高くなります。

会社員時代の年収を2倍に増やすことや、年収1000万円を超えることも夢ではないでしょう。

フリーランスエンジニアとして高年収を稼いでいくためにも、実務経験が3年以上あるといいでしょう。

働き方を選べる可能性が高い

フリーランスエンジニアには、「週2〜週3勤務の案件」や、「リモート案件」「常駐案件」など案件によって様々な働き方があります。

自分に合った自由な働き方をしたいと思い、フリーランスエンジニアとして独立する人も少なくないでしょう。

ただ、実務経験が少ないと獲得できる案件が少ないこともあり、「週5勤務」「常駐案件」である可能性が高くなり、自分の働き方を選べる可能性が低いです。

実務経験が3年以上あれば、獲得できる案件も多く、様々な案件に参画できることから、自分の求める働き方に合った案件だけを獲得していくことができます。

自由な働き方をしていくためにも、実務経験が3年以上あるといいでしょう。

実務経験が少ない状態でフリーランスエンジニアになった場合の対策

先ほど、実務経験3年以上あった方がいいということについて解説していきました。

ただ、実務経験1年などの少ない経験で独立をしてしまったら、フリーランスとして成功していくのは厳しいという訳ではありません。

しっかりと対策をしていけば、実務経験3年以上の方のように成功していくことができます。

ここでは、実績が少ない状態でフリーランスになった場合の対策について解説していきます。

  • エージェントに登録をする
  • 小さい案件から実務経験を積む
  • スキルアップしていく
  • 最悪の場合正社員に戻る

エージェントに登録をする

実務経験が少ない状態で独立をしたフリーランスエンジニアは、自分に合った案件を探すことが難しくなります。

その際に、大きな手助けとなるのが、フリーランスエージェントです。

フリーランスエージェントは、フリーランスに合った案件を見つけ紹介をしてくれるサービスで、自分で案件を探し獲得をする手間を省くことができます。

テックビズでは、実務経験1年ほどの経験が少ない方にも案件を紹介しているので、ぜひ活用してみてください。

テックビズのサービスを見る

小さい案件から実務経験を積む

経験が少ない間は、自分の獲得したい条件というよりも、将来的に獲得したい案件のために実績を積むことを最優先にしていくことがおすすめです。

小さい案件だとしても、フリーランスエンジニアとして実績として活用をすることができますし、多くの案件に参画をすることで、様々なスキルを身につけていくことができます。

また、小さな案件を高クオリティで行うことができれば、継続で大きな案件への参画を求められることもあります。

小さな案件から、多くの実績と高いスキルを身につけていくことができれば、案件を獲得することができる可能性が高まるでしょう。

スキルアップをしていく

実務経験が少ないということは、スキルが低い可能性が高いでしょう。

参画できる案件を増やすためにも、スキルの専門性を高めたり、スキルの幅を広げていくことがおすすめです。

スキルの幅を広げていけば、応募できる案件も多くなるので、案件獲得に困らなくなるでしょう。

最悪の場合正社員に戻る

「どうしても案件を獲得できない、、」「イメージした案件を獲得できない、、、」といった場合には、正社員に戻るという選択肢もあります。

特に20代〜30代であれば、正社員としての需要も高いので、十分に可能でしょう。

一旦正社員にもどり、実務経験を3年以上積んでから、もう一度フリーランスとして独立すれば、成功する可能性も高まります。

実務経験が少なくてもフリーランスになりたいならテックビズで!

テックビズでは、「フリーランスエンジニアになりたい」「フリーランスエンジニアに今のスキルでなれるのか」「実際に案件を紹介して欲しい」などのお悩みに対してキャリア面談を行なっております。

テックビズでは、ただ案件を紹介するだけでなく、キャリア面談をし、最適な案件をご紹介できるので、「平均年収720万円」「案件継続率97%超」という実績を出しております。

フリーランスエンジニアに興味がある人は、ぜひテックビズのキャリア面談を活用してみてください。

テックビズのサービスを見る