インフラエンジニアに需要や将来性はあるのか?生存戦略まで解説!

サーバーやネットワークなど、ITインフラ環境を整備するインフラエンジニア。ITシステムの浸透により、その需要は年々増加傾向にあります。

クラウドの普及によりインフラエンジニアの仕事が減るという意見もあります。その影響でインフラエンジニアは転職し、不足するまでに減ったのでしょうか。

本記事ではインフラエンジニアの需要と将来性、年収の傾向、年収アップへのスキルについてまとめました。インフラエンジニアを目指す方、また今後のキャリアを検討しているエンジニアの方は参考にしてみてください。

  • インフラエンジニアの将来性は高いのか?
  • インフラエンジニアの将来性の懸念点
  • 将来性のあるインフラエンジニアになるには
  • インフラエンジニアのキャリアパス

テックビズでは、フリーランスエンジニアとして独立するところから案件参画後までサポートを行っております。

・平均年収720万円
・案件継続率97%超
・案件登録数30000件超

専属のコンサルタントが、キャリア面談から、あなたにぴったりの案件の紹介、案件参画後の相談まで行っているので、「フリーランスになりたい」「フリーランスだが、生活が安定しない」などお悩みの方は、ぜひお気軽にキャリア面談から応募してください。

テックビズのサービスを見る

インフラエンジニアに将来性や需要はあるのか?

結論からお話するとインフラエンジニアは、将来性や需要が高い仕事と言えるでしょう。では、どのようなポイントでインフラエンジニアは需要が高く将来性が高いのでしょうか。ここでは、インフラエンジニアの将来性や需要が高い理由2つを解説していきます。

ネットワークがなくならない限りなくならない仕事

インフラエンジニアの仕事は、システムやインターネットを活用するためにネットワークを設計・構築・運用・保守を行う仕事になります。そのため、Webサービスを展開する際になくてはならない職種になっております。

インフラエンジニアがなくなるとWebサービスが成り立たなくなってしまうので、ネットワークがなくならない限りインフラエンジニアの仕事はなくならないと言えるでしょう。

また、Webサービスは年々増加傾向にあり、経済産業省の「特定サービス産業動態統計調査」p26によると、インターネット付随サービス業における売上高合計が2019年の約1兆7478億円に対して、2020年の売上高合計は約1兆9256億円と1年で約2000億も伸びております。

さらに、上記のようなWeb業界の急激な伸びに人材の数がついてきておらず、インフラエンジニアの数が大きく不足しています。経済産業省が公表した「IT人材需給に関する調査」によると、IT人材の不足は慢性的に広がっており、2030年には最大で79万人に達するという予測もされています。

需要のある仕事であり、人材不足ということでインフラエンジニアの将来性は非常に高いと言えるでしょう。

案件数や求人数も非常に多い

インフラエンジニアは需要が高い職種ということもあり、フリーランスの案件数や求人数が非常に多いです。

正社員の求人では、求人ボックスによると113,174件と非常に多い求人数であり、案件数の推移を見ても年々増加していることがわかります。また、フリーランスの案件ではフリーランススタートによると8431件ほどあり、フリーランス案件も非常に多いと言えるでしょう。

求人数や案件数が多く増加しているということで、インフラエンジニアはどんどん仕事を獲得しやすくなりますし、需要が将来性が高いという証拠となっているでしょう。

インフラエンジニアに将来性がない・オワコンと言われる理由

先ほど、インフラエンジニアには需要や将来性があるというお話をしました。ただ、インターネットでインフラエンジニアと調べると、「将来性がない」や「オワコン」と言われてしまっていることもあります。将来性があるという情報を見たとしても、「将来性がない」や「オワコン」などの情報を目にしてしまうと不安になってしまいますよね。

インフラエンジニアに将来性がないと言われる理由としては、クラウド化が進行しているのでオンプレミスでの運用が減少してしまうことが挙げられます。確かに、クラウドの需要が高まり、オンプレミスからクラウド化を進めている企業は増えてきております。

ただ、オンプレミスの運用をする企業がすぐに0になる可能性は限りなく低いと言えます。その理由としては、クラウド化では賄えないサーバーの運用を行う企業もあるからです。例えば、24時間稼働が必要なサーバーの運用はオンプレミスからクラウドに移すのが厳しいです。

また、クラウド化が進むとインフラエンジニアの仕事がなくなってしまうという訳ではありません。今までオンプレミスでの環境でしていた仕事をクラウド環境で行うだけです。ただ、オンプレミスの技術しかなければ、今後需要がなくなり将来性が低くなってしまうことは否めないでしょう。

将来性のあるインフラエンジニアになるには?

先ほどまで、インフラエンジニアの将来性や需要の変化について解説していきました。インフラエンジニアは将来性や需要は高い仕事ですが、環境の変化から需要が変わってきているということも理解していただいたと思います。ここでは、需要の変化に対応して将来性のあるインフラエンジニアになる方法を解説していきます。

  • クラウドの知識を身につける
  • 仮想化の知識を身につける
  • 情報セキュリティの知識を身につける
  • ローカル5Gなどの最新技術
  • マネジメント能力を身につける

クラウドの知識を身につける

将来性のあるインフラエンジニアになる方法1つ目は「クラウド化の知識を身につける」です。

先ほど紹介したように多くの企業が、オンプレミスからクラウド化への移行を進めており、インフラエンジニアもクラウドの知識が必須になってきます。AWS(Amazon)、GCP(Google)、Azure(Microsoft)などのクラウドサービスの知識をや活用スキルを身につけておくことをおすすめします。

また、クラウドに関する資格を獲得しておくこともおすすめでAWS認定試験、GCP認定試験、Azure認定試験を獲得しておくといいでしょう。

仮想化の知識を身につける

将来性のあるインフラエンジニアになる方法2つ目は「仮想化の知識を身につける」です。

クラウド化の知識とともに必須となるのが仮想化の知識になります。仮想化の知識は、クラウドサービスを活用していくにあたってなくてはならないものになります。

仮想化の知識にも2種類あり、VMWare、Virtual Boxなどのホスト型仮想化と、Dockerなどのコンテナ型仮想化のスキルがあります。ホスト型仮想化は、比較的運用しやすいというメリットがありますが、近年はDockerなどのコンテナ型仮想化に注目が集まっています。

情報セキュリティの知識を身につける

将来性のあるインフラエンジニアになる方法3つ目は「情報セキュリティの知識を身につける」です。

ITインフラにおいて、情報セキュリティは欠かせないスキルになります。情報セキュリティの知識がないと、ウイルスや外部からの攻撃を受けた時に、企業情報や個人情報の流出に繋がり、企業の社会的信用を失墜させるだけでなく、最悪の場合多額の賠償金を支払うことになってしまいます。

ITインフラを構築する際には、情報セキュリティを考慮しておき、ソフトウェアの脆弱性を防ぐための運用設計をしていく必要があるでしょう。

ローカル5Gなどの最新技術

将来性のあるインフラエンジニアになる方法4つ目は「ローカル5Gなどの最新技術」です。

5Gは第5世代移動通信システムのことで、4Gのおよそ100倍のスピードで通信できることから、近年大きな注目を集めており、大手キャリアでは導入が進められております。

また、最新技術にはIoTという技術もあり、家電などのものをインターネット接続できるようにする技術のことを指します。近年多くの家電に利用させていることもあり、身につけておくことで需要が高まるでしょう。

マネジメント能力を身につける

将来性のあるインフラエンジニアになる方法5つ目は「マネジメント能力を身につける」です。

インフラエンジニアは1人ではなく、基本的にチームで作業を行なっていきます。そのため、マネジメント能力を身につけておくことで、プロジェクトをより効率よく進めることができるようになります。マネジメントをできるインフラエンジニアは多くないので、チームのメンバーを円滑にコミュニケーションがとれマネジメント能力が高いインフラエンジニアは需要が高いと言えるでしょう。

インフラエンジニアのキャリアパスを紹介!

先ほど将来性のあるインフラエンジニアになるためのポイントについて解説していきました。先ほど紹介したスキルを身につけた後にはどのようなキャリアパスを描くことができるのでしょうか。ここでは、インフラエンジニアが描くことができるキャリアパス4選について解説していきます。

  • フリーランス
  • プロジェクトマネージャー
  • スペシャリスト
  • ゼネラリスト

フリーランス

インフラエンジニアのキャリアパス1つ目は「フリーランス」です。

冒頭で紹介したようにインフラエンジニアは需要が高く、フリーランスの案件も多くあります。フリーランスのインフラエンジニアになれば、比較的自由に働くことができますし、年収を大きく上げることができます。

また、近年はクラウド化が進んでいることもあり、リモート対応している案件も増加してきております。

そのため、フリーランスという選択肢は、好きな場所で働き高年収を獲得するというキャリアを描きやすくなるでしょう。

プロジェクトマネージャー

インフラエンジニアのキャリアパス1つ目は「プロジェクトマネージャー」です。

プロジェクトマネージャーは、プロジェクト全体を管理してプロジェクトを円滑に遂行させる責任者です。プロジェクトマネージャーは、予算管理やメンバーの管理が求められるので、高いマネジメント能力やコミュニケーション能力が求められます。

仕事内容は多岐にわたり、プロジェクトの要件定義やメンバー調整、納期管理など様々なことに目を向けなければいけません。効率的にプロジェクトを進めるために、チーム全体を管理する能力も求められます。チームリーダーとしての責任は大きく、大変な業務が多いポジションだと言えるでしょう。

スペシャリスト

インフラエンジニアのキャリアパス1つ目は「スペシャリスト」です。

スペシャリストは、特定の専門分野に特化した高いスキルを持ったエンジニアを指します。インフラエンジニアにおけるスペシャリストになるには、サーバーやネットワークのスキルはもちろん、クラウド化のスキルや仮想化のスキル、情報セキュリテイの高いスキルを身につけておく必要があります。

また、専門家として高いスキルや知識を保つために、インフラにおける最新技術のキャッチアップも定期的に行っていく必要があります。

高い技術力を身につけることに加え、最新技術や業界の情勢といった情報収集も必要となるでしょう。企業で正社員として働くだけでなく、高い技術力を活かしてフリーランスや起業家として活躍することも可能な職種です。

ゼネラリスト

インフラエンジニアのキャリアパス4つ目は「ゼネラリスト」です。

アーキテクトは経営戦略をもとに、システムの更改やインフラの設計・構築などを行う仕事です。今後の経営を見据えて、長期的に運営できるシステムを考えます。ITに関する知識だけでなく、経営者目線で業務を行う職種なのです。インフラエンジニアと共通する部分が多いため、キャリアチェンジしやすい職種だと言われています。

フリーランスのインフラエンジニアになるならテックビズに相談

テックビズでは、「フリーランスエンジニアになりたい」「フリーランスエンジニアに今のスキルでなれるのか」「実際に案件を紹介して欲しい」などのお悩みに対してキャリア面談を行なっております。

テックビズでは、ただ案件を紹介するだけでなく、キャリア面談をし、最適な案件をご紹介できるので、「平均年収720万円」「案件継続率97%超」という実績を出しております。

フリーランスエンジニアに興味がある人は、ぜひテックビズのキャリア面談を活用してみてください。

テックビズのサービスを見る