Pythonの副業案件は稼げる?身につけておくべきスキルを解説!

近年では副業をして収入を上げていきたいという方は増えております。また、正社員だけでなく副業人材を受け入れる企業も増えておりますし、副業OKな企業も増えており、副業人材にとっては追い風となっているのではないでしょうか。

IT業界でも同じようなことが言えて、日本企業でよく利用をされる「Python」を活用して副業をやりたいという方は少なくないのではないでしょうか。

ただ、いきなりPythonの副業案件を獲得するとなってもどのように獲得すれば良いのか、どのくらいの報酬額を稼ぐことができるのかなどわからないことも多いはずです。

そこで本記事では、「Python副業案件の実情」から「Python副業案件例」や「Pythonの副業案件を獲得する方法」について解説していきます。

これからPythonを活用して副業をしたいという方はぜひ参考にしてみてください。

  • Python副業案件の実情
  • Pythonの副業案件例
  • Pythonの副業案件を獲得する方法
  • Pythonの副業案件を獲得するメリットとデメリット

テックビズでは、フリーランスエンジニアとして独立するところから案件参画後までサポートを行っております。

・平均年収720万円
・案件継続率97%超
・案件登録数30000件超

専属のコンサルタントが、キャリア面談から、あなたにぴったりの案件の紹介、案件参画後の相談まで行っているので、「フリーランスになりたい」「フリーランスだが、生活が安定しない」などお悩みの方は、ぜひお気軽にキャリア面談から応募してください。

テックビズのサービスを見る

Python副業案件の実態

Pythonのスキルを活かして副業をしたいと思う方は、まず「どのくらい案件があり」「どのような種類の案件があり」「どのくらいの収入を得ることができるのか」について気になりますよね。

そこで、本項ではPythonの副業案件数やPythonの副業案件の種類、Python案件の報酬額の相場について解説していきます。これから副業をしたいという方はぜひ参考にしてみてください。

  • 案件数
  • 案件の特徴
  • 報酬額の相場

案件数

まずは、Python副業案件の案件数がどのくらいあるのか見ていきましょう。

フリーランスや副業の案件が豊富に掲載されている大手検索サイト「フリーランススタート」を参考にしていきます。

検索条件

  • 週2案件
  • リモート案件

フリーランススタートで上記の条件でPythonの案件を検索してみると、全Python案件中(14906件)、150件ほどとなっておりました。

150件という部分だけをみると多いという印象を感じるかもしれませんが、全案件から見るとPythonの副業案件の数はそこまで多くないと言えるのではないでしょうか。

ただ、近年では正社員だけではなく、副業の人材を受け入れる企業も増えていることから案件自体は増えておりますし、案件サイトはフリーランススタート以外にもたくさんあるので、副業案件自体は多くあるので、Pythonのスキルを活かして副業をすることは十分可能と言えるのではないでしょうか。

案件の特徴

次に、Pythonの副業案件の特徴について見ていきましょう。

  • スクレイピング
  • プログラミングスクールの講師
  • アプリケーション開発
  • データサイエンス
  • 機械学習

スクレイピング

Pythonの案件1つ目は、スクレイピングです。

スクレイピングとは、Web上から情報を収集・加工をして新しい情報を作成する技術となっております。

スクレイピングの副業案件は非常に多く、難易度も低めなので、Python初心者の方にも十分対応可能な案件だと言えるでしょう。

スクレイピングの案件は、初心者向けの案件も多いということもあり、収入相場は低く数万円〜10万円ほどとなる傾向にあるでしょう。

プログラミングスクールの講師

Pythonの案件2つ目は、プログラミングスクールの講師です。

Pythonは需要が高く人気なプログラミング言語ということもあり、プログラミングスクールでも扱われることが多いでしょう。そのため、Pythonの副業案件では、プログラミングスクールの講師といったものもあります。

プログラミングスクールの副業案件は、スクールによって異なるとは思いますが、生徒への質疑応答やチャットでの返答、オンライン講師など場所を問わず働くことができますし、週2ほどで働くことができるので、副業にぴったりの案件と言えるでしょう。

ただ、他人に教えるということもあり、比較的高いスキルを求められることが多いです。

アプリケーション開発

Pythonの案件3つ目は、アプリケーション開発です。

Pythonは、スクレイピングやAI開発のイメージが強いですが、Webアプリケーションの開発でもよく用いられるプログラミング言語になります。

Webアプリケーションの開発案件では、AI開発よりは難易度が低めですが、スクレイピングよりは難易度が高い案件となっております。そのため、中級者くらいのスキル感は必要になってくるでしょう。

また、DjangoやFlask、Tornadoなどのフレームワークの知識も開発をスムーズに進めていくためには必要になります。

さらに、Webアプリケーションでは、JavaScriptやRubyなどの親和性が高いプログラミング言語のスキルも身につけておくことがおすすめになります。

データサイエンス

Pythonの案件4つ目は、データサイエンスです。

近年データサイエンスの分野は注目が集まっており、需要が高まってきている案件となっております。データサイエンスの案件は高収入になる傾向にあるのですが、高いスキルが必要になり難易度が高く、案件獲得難易度は非常に高いと言えます。

また、週1〜2でできるような副業案件も少ないことが特徴と言えるでしょう。

機械学習

Pythonの案件5つ目は、機械学習です。

機械学習は、Pythonを活用した技術としてのイメージが強いのではないでしょうか。機械学習は、Pythonの得意分野であり、非常に高単価な案件が多いことが特徴になります。

ただ、データサイエンスと同様に高いスキルが求められるため、案件獲得の難易度も非常に高いと言えます。

報酬相場

最後に、Pythonの副業案件の報酬相場について見ていきましょう。

Pythonの副業案件は、実務経験が3年以上ある場合には月単価10万〜20万円ほどが相場となるでしょう。時給換算すると3000円〜5000円以上の案件も十分獲得することは可能です。

Pythonの実務経験が1年未満の場合では、月数万〜10万ほどの場合が相場となるでしょう。時給換算すると2000円ほどとなることが多いです。

アプリケーション開発やAI開発、機械学習の分野においては比較的高収入になる傾向にあり、スクレイピングは低単価になる傾向にあります。ただ、それぞれ求められるスキル感が大きく異なるので、Pythonの副業案件とはいっても、スキル感によって大きく収入が異なるということを理解しておきましょう。

Pythonの副業案件を獲得するために身につけておきたいスキル

先ほどPythonの副業案件の実態について解説していきました。では、どのようなスキルがあればPythonの副業案件を獲得できるのでしょうか。

そこで、ここではPythonの副業案件を獲得するために必要なスキル3選について解説していきます。

  • アプリ開発のスキル
  • システム開発のスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 実務経験3年以上

機械学習に関する知識とスキル

Pythonの副業案件を獲得するために必要なスキル1つ目は「機械学習に関する知識とスキル」です。

Pythonの副業案件で高年収を稼ぎたいという方は、機械学習の知識やスキルは必須になります。

機械学習の副業案件を獲得していくのであれば、Pythonのプログラミングスキルはもちろん、OSの知識、TensorFlowなどのフレームワークの知識、pandasやscikit-learnといったライブラリの知識、開発環境である「Jupyter Notebook」と「Anaconda」の知識も身につけておくと良いでしょう。

スクレイピングに関する知識とスキル

Pythonの副業案件を獲得するために必要なスキル2つ目は「スクレイピングに関する知識とスキル」です。

スクレイピングの案件は、比較的初級者でも獲得しやすい案件となるので、とりあえずPythonを活かして副業案件を獲得したいという方には、ぜひ身につけておきたいスキルとなります。

コミュニケーションスキル

Pythonの副業案件を獲得するために必要なスキル3つ目は「コミュニケーションスキル」です。

コミュニケーションスキルは、専門的な技術というわけではありませんが、非常に重要なスキルとなります。案件にもよるとは思いますが、基本的にチームで開発を進めること多くなります。

そのため、開発をスムーズに進めるためにも、他のエンジニアと円滑なコミュニケーションをとる必要があります。

また、他のエンジニアの仕事や開発の流れなどについても把握しておくことで、他のエンジニアとのコミュニケーションを円滑に取りやすくなります。

WebAPIを活用するスキル

Pythonの副業案件を獲得するために必要なスキル4つ目は「WebAPIを活用するスキル」です。

WebAPIは、Pythonの開発環境ではよく活用されるインターフェースとなります。特に、小規模な開発では、WebAPIがどのくらい活用できるかで、開発の効率が大きく左右してくるので、非常に需要の高いスキルとなります。。

開発の効率を向上させるためにも、WebAPIの知識やスキルを身につけておくと、よりPythonの副業案件を獲得しやすくなるでしょう。

Pythonの副業案件を獲得する方法

先ほどまでPythonの副業案件の特徴や実際にはどのようなものがあるのかについて解説していきました。ただ、実際にPythonの副業案件を獲得しようと思ってもどのように獲得するのかわからないという方も少なくないでしょう。そこでここでは、Pythonの副業案件を獲得する方法について解説しておきます。

  • エージェントサービスを活用する
  • クラウドソーシングを活用する
  • SNS経由で獲得する
  • 知り合い経由で獲得する

エージェントサービスを活用する

Pythonの副業案件を獲得する方法1つ目は「エージェントサービスを活用する」です。

エージェントサービスとは、案件を欲しい人と企業との間に入り、案件獲得のサポートや交渉、契約などを代行してくれるサービスになっております。

副業ということは、本業を最低でも週5で8時間ほど勤務している可能性が高いということで、副業案件を探している時間はあまりありません。そういった方には、エージェントサービスを活用することで簡単に案件を探すことができますし、面倒な契約などを代行してくれるということで、時間に余裕ができ副業に集中することができるようになります。

また、エージェントから紹介される案件は比較的高単価なものも多いので、大きく年収を上げることができるでしょう。

ただ、ある程度高いスキルがないとエージェントから相手にされない可能性が高いので注意しましょう。

クラウドソーシングを活用する

Pythonの副業案件を獲得する方法2つ目は「クラウドソーシングを活用する」です。

クラウドソーシングとは、企業がインターネット上で不特定多数に業務を発注する業務形態です。有名なサービスだと、「クラウドワークス」や「ランサーズ」が挙げられます。

クラウドソーシングの利用者は非常に多く、副業の獲得方法としてはメジャーな方法と言えるでしょう。

クラウドソーシングのメリットとしては、初心者向けの案件や働き方が柔軟な案件が多く、副業にピッタリな案件を見つけやすいということが挙げられます。まだ、副業で働いたことがないという方にはおすすめでしょう。

ただ、クラウドソーシングでは、比較的低単価な案件が多く、稼ぎにくいというデメリットも挙げられます。副業なので高収入を稼いでいく必要がないという場合には問題ないですが、本業と同じくらい副業でも稼いでいきたいという場合には厳しい可能性が高いです。

また、利用者が多いためライバルが多く競争率が高いので、ある程度の営業力も必要となってくるでしょう。

SNS経由で獲得する

Pythonの副業案件を獲得する方法3つ目は「SNS経由で獲得する」です。

近年では、SNSの活用がより活発になってきており、SNSを活用して採用活動を行なっている企業も出てきております。そのような背景から、SNS上で仕事を募集している企業もあるので、副業の案件であってもSNS経由で仕事を獲得していくことができるようになりました。

SNS上であれば、比較的ラフにコミュニケーションをとることができますし、普段の発信内容からどのような企業なのか、どのような人がいるのかを知ることができるので、案件参画後のギャップを少なくすることができるでしょう。

副業案件を探す際には、SNSの検索機能を使うことがおすすめです。Twitterの検索機能で「Ruby 副業」「Ruby 案件」などのキーワードで調べてみてください。

知り合い経由で獲得する

Pythonの副業案件を獲得する方法4つ目は「知り合い経由で獲得する」です。

知り合い経由であれば、条件の融通も効きますし、営業をする手間を大きく省くことができるといえます。

エンジニアの知り合いから獲得する方法もありますし、本業から繋がることができた人脈でも良いでしょう。

ただ、人脈はいきなり増えることはなく、地道に増やしていく必要があるので、SNSなどの活用して日頃から人脈を増やすことを意識することで、いずれか案件獲得に繋がってくるでしょう。

Pythonの副業案件を獲得するメリットとデメリット

Pythonの副業案件を獲得するメリットとデメリットを紹介していきます。

Pythonの副業案件を獲得するメリットPythonの副業案件を獲得するデメリット
  • 収入を増やしやすい
  • 人脈を増やす頃ができる
  • 本業でできない経験を得ることができる
  • キャリアアップにつながる
  • 案件がある状態でフリーランスになれる
  • 実績がある状態でフリーランスとなれる
  • 週1~2土日案件は多くない
  • 働く時間が増えプライベートの時間が減る

Pythonの副業案件を獲得するメリットとしては、やはり本業の他に収入を得ることができ、高収入を目指すことができるということになります。本業で年収を上げるには、昇給と昇格を重ねる必要がありすぐに年収を上げることは難しいでしょう。

ただ、副業で案件を獲得することで、短時間で一気に年収を上げることができます。

また、本業では繋がることができなかった人と繋がることができたり、本業で経験することができなかった経験をすることができたりと、キャリアアップやスキルアップにも繋がります。

さらに、フリーランスエンジニアとして独立をする際にも、最初から実績がある状態で独立ができますし、最初から案件がある状態で独立することができるので、収入を安定させやすくなると言えるでしょう。

ただ、Pythonの副業案件を獲得することにもデメリットがあります。

デメリットとしては、働く時間が増えプライベートの時間が減ってしまうということでしょう。趣味がたくさんあり、週末は趣味の時間に使いたいという人には副業案件を獲得し働くことは向いてないです。

また、週1~2土日案件は多くないですし、週1~2の案件は基本的に高いスキルを求められることが多いので、簡単に案件を獲得することはできません。

Pythonのフリーランスエンジニアになるならテックビズで!

テックビズでは、「フリーランスエンジニアになりたい」「フリーランスエンジニアに今のスキルでなれるのか」「実際に案件を紹介して欲しい」などのお悩みに対してキャリア面談を行なっております。

テックビズでは、ただ案件を紹介するだけでなく、キャリア面談をし、最適な案件をご紹介できるので、「平均年収720万円」「案件継続率97%超」という実績を出しております。

フリーランスエンジニアに興味がある人は、ぜひテックビズのキャリア面談を活用してみてください。

テックビズのサービスを見る