フリーランスがモチベーションを保つことが難しい理由と高めるコツを紹介!

「なんか最近モチベーションが上がらないな、、、」
「フリーランスとしての仕事に飽きてきたな、、、」
「モチベーションを上げる方法を知りたい、、、」

このように、モチベーションについてお悩みのフリーランスの方は少なくないでしょう。確かにフリーランスは会社から管理されることがなくなり自由にはなりますが、自己管理をすることができなければ、どんどんモチベーションを下げ、仕事のパフォーマンスも下げてしまう恐れがあります。

そこで、本記事では、フリーランスにとってモチベーション管理が難しい理由から、フリーランスがモチベーション管理をするコツについて解説をしていきます。

現在フリーランスとして働いているけど、どうしてもモチベーションが上がらないという方は、ぜひ本記事の内容を参考にして、モチベーションを上げていきましょう。

  • フリーランスにとってモチベーション管理が重要な理由
  • フリーランスにとってモチベーション管理が難しい理由
  • フリーランスがモチベーション管理をするコツ

フリーランスにとってモチベーション管理は重要

フリーランスにとってモチベーションの管理は非常に重要な要素となります。

フリーランスとして成功するためには、専門的なスキルや営業力、コミュニケーション能力やスケジュール管理能力などいろいろな能力が必要になります。他にも、税金や節税の知識、確定申告の知識などフリーランスになってから初めて求められるスキルもあります。

確かに、上記のようなスキルや知識は非常に重要ですが、フリーランスはスキルだけあっても意外とうまくいかないものです。

なぜなら、フリーランスは自分の頑張りが自分の収入に大きく影響を与えるからです。自分の頑張りが収入に反映されることはフリーランスの大きなメリットとも言えますが、場合によってはデメリットにもなり得ます。

どれだけスキルがあったとしても、自分のモチベーションが続かなければ、仕事を獲得できなかったり、納期が遅れてしまったりしてしまいます。そうなってしまうと、自ずと収入も下がっていき生活ができなくなってしまい、フリーランスとして失敗をしてしまうでしょう。

フリーランスは自分のモチベーションによって成果が左右されてしまうので、モチベーション管理をすることでフリーランスとしての成功に近づいていきます。

フリーランスのモチベーション管理が難しい理由

先ほど紹介したように、フリーランスの成功にとってモチベーション管理は非常に重要になります。ただ、モチベーション管理が重要とはわかっていても、フリーランスの中にはモチベーションを管理できず失敗をしてしまう人もいます。モチベーション管理はおそろかにされがちではありますが、フリーランスにとってモチベーション管理は意外と難しいのです。

本章では、なぜフリーランスはモチベーション管理をすることが難しいのかについて解説していきます。なぜフリーランスのモチベーションは管理しにくいのかを理解していきましょう。

  • 誰からも管理されない環境だから
  • 孤独になりやすいから
  • オンとオフの切り替えをしにくいから
  • 自分の責任が重いから
  • 自分のやりたい仕事を必ずできるわけではないから

誰からも管理されない環境だから

フリーランスのモチベーション管理が難しい理由1つ目は「誰からも管理されない環境だから」です。

フリーランスと会社員の大きな違いは、誰かに管理されているかいないかという点が挙げられます。

会社員の場合、上司がいて会社から任されたノルマや目標をこなしていく必要があります。一方で、フリーランスの場合には誰かに管理されることはなく、自分の好きな時、好きな場所で働くことができますし、会社から誰かから目標やノルマを課されることはありません。

自由であることはフリーランスにとって大きなメリットではあります。ただ、自分がどれだけサボっても誰からの指摘されることはないですし、目標も自分でたてなくてはいけません。

縛られることは不自由に感じる人も多いとは思いますが、自由になったら自由になったで、全て自分で決めなくてはいけないということで、逆にモチベーションを保てないこともあります。また、会社員のように目標を達成したら周りから表彰されるといったこともないので、誰からも承認されることはないでしょう。

単に、会社からのノルマや目標から逃げて自由になりたいという考えを持っている場合は、フリーランスになってもモチベーションの管理が難しいと言えます。

孤独になりやすいから

フリーランスのモチベーション管理が難しい理由2つ目は「孤独になりやすいから」です。

フリーランスは、会社から管理されることもありませんし、同僚も先輩も上司も部下もいません。そのため、自分の求めていない人間関係を構築する必要がなく、人間関係に関するストレスを不必要に感じることがなくなるでしょう。

ただ、不必要な人間関係を構築する必要はありませんが、その分人間関係が希薄になってしまいがちです。また、最近ではリモートワークで働くことができる案件も非常に多く、リモートワークになると家から出る機会がないなんてこともあります。

さらに、フリーランスは週5勤務する必要もないですし、土日休みと決まっているわけでもありません。そのため、会社員時代の同僚や昔からの友達と時間が合わなくなってしまい、予定が立てにくくなることもあります。また、フリーランスと会社員では悩みも価値観も労働環境も大きく異なるので、話が合わなくなってしまうなんてこともあるでしょう。

そうなってしまうとどんどん人間関係が希薄になるので、孤独になりやすくモチベーションが管理しにくくなります。

オンとオフの切り替えをしにくいから

フリーランスのモチベーション管理が難しい理由3つ目は「オンとオフの切り替えをしにくいから」です。

リモートワークをしている人や、自宅で仕事をしているフリーランスも少なくありません。自宅でリモートワークをすれば、家から出る必要もないので、通勤という無駄な時間を使うことはなく、大きなメリットと言えるでしょう。

ただ、家は仕事場であると同時に、プライベートの場にもなります。自宅でリモートワークをしていると、どこまでが仕事の時間で、どこからがプライベートの時間なのかの境目がつきにくくなてしまいます。

また、フリーランスは働く時間を自分で決めることができます。自分で仕事をする時間を決めることができれば、いつ休んでいつ仕事をしても良いので、会社員のように仕事の時間とプライベートの時間の境目がつきにくくなってしまうのです。

オンとオフの切り替えができず、プライベートの時間が増えてしまえば、仕事に対するモチベーションを保つことが難しくなってしまうでしょう。

自分の責任が重いから

フリーランスのモチベーション管理が難しい理由4つ目は「自分の責任が重いから」です。

フリーランスは会社員とは違い、上司や会社が守ってくれるわけではありません。何か問題が発生した場合でも、フリーランスの場合全て自分で責任を取らなければいけないのです。

例えば、クライアントからの要求に答えられなかった、納期に間に合わなかった、入金がされないなどのトラブルが起きた場合にも、全て自分でどうにかするしかなありません。

フリーランスの中には、「自分の責任が大きくなればなるほどモチベーションが上がる」という方もいますが、自分の責任が重すぎることに対して不安を感じるフリーランスは少なくありません。

不安が大きくなってしまうと「もし失敗したらどうしよう、、」といったネガティブな感情が出てきてしまいモチベーションが下がってしまう場合があります。

自分のやりたい仕事を必ずできるわけではないから

フリーランスのモチベーション管理が難しい理由5つ目は「自分のやりたい仕事を必ずできるわけではないから」です。

フリーランスになる理由として、「自分のやりたい仕事をやる」といったことが挙げられます。フリーランスになったら、自分で仕事を選べるので、会社員のようにやりたくない仕事をするといった必要がないのです。

確かに、フリーランスは自分で仕事を選べますが、自分のやりたい仕事だけを獲得できるのかはまた別になります。

専門的なスキルが高く、営業力や人脈もあれば、自分のやりたい仕事を自分の求める単価で獲得することができますが、自分のスキルが足りない場合には自分のやりたい仕事以外も獲得をしていけなければ、生活ができないという可能性があります。

自由に自分がやりたい仕事を獲得して、好きな時間に働き、高収入を獲得するといったような理想的なフリーランス像を持っている場合、現実との差分にショックを受けることもあるでしょう。

現実と理想の差分が大きければ大きいほど、フリーランスのモチベーションは保ちにくくなります。

フリーランスのモチベーションを高める方法

フリーランスにとってモチベーションを管理することが重要ですが、なかなかモチベーションを管理できないフリーランスは少ないということを紹介しました。確かにフリーランスがモチベーションを管理することは難しいですが、モチベーションを管理するコツはあります。本章では、フリーランスがモチベーションを高める方法を紹介していきます。今回紹介する内容を参考にして、フリーランスに重要なモチベーション管理を行なっていきましょう。

  • 仕事場を自宅以外に設ける
  • フリーランスの仲間を作る
  • 生活リズムを整える
  • 自分の目標を設定する
  • 趣味や運動をし定期的にリフレッシュする
  • 新しい仕事にチャレンジしてみる
  • ゲーム性を持たせてみる

仕事場を自宅以外に設ける

フリーランスがモチベーションを高める方法1つ目は「仕事場を自宅以外に設ける」です。

リモートワークで自宅で仕事をしているフリーランスも少なくありません。家から出なくていいというメリットはありますが、自宅で仕事をしているとオンとオフの切り替えをしにくいといったデメリットがあります。

そのため、オンとオフの切り替えをしやすいように、リモートワークをする際に自宅以外の場所で仕事をすることがおすすめになります。

自宅以外で仕事をする際にはカフェなどの選択肢もありますが、コワーキングスペースを活用すると良いでしょう。コワーキングスペースは、24時間活用できる場所もありますし、毎月の金額も月額1万円台のものも少なくないので、費用面でも負担になりにくいというメリットがあります。

また、コワーキングスペースの中には、個室ブースを設けている場所もあるので、周りの目を気にせず仕事をすることができます。

フリーランスの仲間を作る

フリーランスがモチベーションを高める方法2つ目は「フリーランスの仲間を作る」です。

フリーランスは、人間関係が希薄になってしまうことから、孤独になりやすいといったデメリットがあります。人間関係が希薄すぎると、切磋琢磨する仲間がおらず、モチベーションを保ちにくいでしょう。

そのため、自分と同じような境遇のフリーランス仲間を作っておくと良いでしょう。

フリーランスの仲間を作るには、SNSを活用することがおすすめになります。特に、Twitterを活用すると良いでしょう。

Twitterでは、自分の活動や目標を発信しているフリーランスが多いですし、フリーランス同士でコミュニケーションをとっていることも少なくありません。Twitterを活用すれば、比較的簡単にフリーランスの仲間を作ることができるでしょう。

他にも、オンラインサロンなどさまざまな選択肢もあるので、自分に合った方法でフリーランス仲間を見つけていきましょう。

生活リズムを整える

フリーランスがモチベーションを高める方法3つ目は「生活リズムを整える」です。

フリーランスは、自分の好きな時間に仕事をすることができるます。そのため、会社員のように毎日起きる時間や寝る時間、働く時間が固定されていないといったフリーランスも少なくないのではないでしょうか。

生活のリズムが日によってバラバラしてしまうと、体調も崩しやすいですし、日によって体調にばらつきが出てしまうので、モチベーションを管理しにくくなります。

生活リズムを整えるためには、起きる時間、仕事をする時間、寝る時間を決めて日によってばらつきをなくしていくことがおすすめになります。

普段の生活を見直して、正しい生活リズムに整えられるようにしていきましょう。

自分の目標を設定する

フリーランスがモチベーションを高める方法4つ目は「自分の目標を設定する」です。

フリーランスは会社員とは違い、会社から目標やノルマを任されているわけではありません。そのため、プレッシャーはありませんが、目標がなくモチベーションを保ちにくいです。

目標が合った方がモチベーションを上げやすいので、自分で目標を立てていくことがおすすめになります。

立てる目標としては、収入でもいいですし、獲得した案件数、継続した案件数などでも良いでしょう。また、目標を決める際には、いつまでに達成するべきなのかまで設定していくことがおすすめです。

目標の期限を決めていくことで、程よいプレッシャーを感じることができます。

モチベーションを管理するために、自分に合った目標を立てていきましょう。

趣味や運動をし定期的にリフレッシュする

フリーランスがモチベーションを高める方法5つ目は「趣味や運動をし定期的にリフレッシュする」です。

フリーランスの中には、労働時間が長くなってしまい会社員時代よりも仕事の時間が増えてしまったという方もいるでしょう。仕事をする時間が長くなりすぎると、自由は無くなっていきますし、疲れがどんどん溜まり体調が悪くなってしまうこともあります。そうなってしまうと、徐々にモチベーションを下げる原因となってしまうでしょう。

そのため、仕事をする時間も大切にしつつ、プライベートの時間も作り、定期的にリフレッシュをすることがおすすめになります。

旅行をしてみてもいいですし、ジムに行って体を動かしたり、ランニングをしてみたりとリフレッシュになればなんでも良いでしょう。

仕事をする時間も大切ですが、プライベートの時間も大切にしていくことで、プライベートと仕事どちらも充実しモチベーションが高まっていくでしょう。

新しい仕事にチャレンジしてみる

フリーランスがモチベーションを高める方法6つ目は「新しい仕事にチャレンジしてみる」です。

フリーランスとして長く仕事をしていて安定して仕事ができるようになると、今の仕事へ飽きてしまうことがあるのではないでしょうか。

正社員では、昇格をし役職がついていくと任される仕事が変わっていきますので、新しいことにチャレンジをする環境が整っています。一方で、フリーランスの場合、新しい仕事に自分がチャレンジしない限り、同じ仕事ばかりを行っていくことになるので、人によってはある程度ルーティーンワークとなってしまいます。

もし、ルーティーンワークになってしまい飽きがきてしまった場合には、新しい分野の仕事にチャレンジをしてみたり、新しいクライアントの案件に参画をしてみることがおすすめでしょう。新しい仕事にチャレンジをすることで、ルーティーンワークを防ぐことができますし、新しいスキルや知識が身につくことになるので、モチベーションのアップだけでなく、今後のキャリアにも良い影響を与えることができます。

今の仕事に飽きがきたな、、と感じている人は、今までチャレンジしたことがない分野や難しい案件に参画してみるのがおすすめになります。

ゲーム性を持たせてみる

フリーランスがモチベーションを高める方法7つ目は「ゲーム性を持たせてみる」です。

先ほど紹介したように、会社員とは違いフリーランスは自分で目標を立てていく必要があります。

会社員の場合は目標を達成することでインセンティブがもらえたり、年収を上げられるといったことがあるので、モチベーションを保ちやすいです。一方で、フリーランスは目標を達成したところで、表彰させるわけでもないですし、インセンティブがもらえるわけではありません。

そのため、フリーランスが目標をたてモチベーションを保つためには、ゲーム性を持たせていくことがおすすめになります。

例えば、目標が達成した時に自分へのご褒美として買い物をするだったり、外食をするなどが挙げられるでしょう。

目標を立てたけど、モチベーションが上がらないというフリーランスの方は、ゲーム性を持たせて楽しむことがおすすめになります。

モチベーションを管理して生産性を上げよう!

今回フリーランスがモチベーションを管理する難しさや、フリーランスがモチベーションを管理する方法について解説していきました。

冒頭でも紹介したように、フリーランスが活躍するためには、専門的なスキルや営業力、コミュニケーション能力などさまざまなスキルが重要にはなります。ただ、このようなスキルを活かすも殺すも、モチベーションの管理が大きく影響を与えていきます。

そのため、フリーランスとして大いに活躍していくためにも、自分に合ったモチベーションの管理方法を身につけていきましょう。

モチベーションの管理を行い、仕事のパフォーマンスを向上させていくことができれば、よりフリーランスとしいぇ活躍していくことができるでしょう。

フリーランスのエンジニアを目指すならテックビズに相談!

テックビズでは、「フリーランスエンジニアになりたい」「フリーランスエンジニアに今のスキルでなれるのか」「実際に案件を紹介して欲しい」などのお悩みに対してキャリア面談を行なっております。

テックビズでは、ただ案件を紹介するだけでなく、キャリア面談をし、最適な案件をご紹介できるので、「平均年収720万円」「案件継続率97%超」という実績を出しております。

フリーランスエンジニアに興味がある人は、ぜひテックビズのキャリア面談を活用してみてください。

テックビズのサービスを見る