フリーランスのPHPエンジニアの働き方や年収、案件動向を知りたい!

近年IT・Web業界では、フリーランスという働き方の選択肢も当たり前になってきており、PHPエンジニアにおいても同様のことが言えるでしょう。現在、会社員としてPHPエンジニアとして活動されている方の中にも、フリーランスという働き方に興味を持っている方も少なくないと思います。

ただ、フリーランスと言われても、具体的にどんな部分が会社員と違うのか、どのようにフリーランスになればいいのか分からない人も中にはいるでしょう。

そこで、今回は「フリーランスのPHPエンジニアの案件や年収」から「メリット・デメリット」「案件を獲得する方法」などについて解説していきます。

  • PHPエンドエンジニアの年収や働き方
  • フリーランスのPHPエンジニアのメリット
  • フリーランスのPHPエンジニアのデメリット
  • フリーランスのPHPエンジニアになるために必要なスキル
  • フリーランスのPHPエンジニアの案件獲得方法

これからフリーランスのPHPエンジニアとして独立をしたいと考えている人は「【決定版】フリーランスになるには?必要な手続きや準備や「【6ステップ】フリーランスエンジニアになるには?」をぜひ読んでみてください。

フリーランスのPHPエンジニアになる前に準備しておくことや必要なスキルから、独立した後の成功の秘訣や案件獲得方法についてまで、独立前に知っておくべきことの全てをまとめてあるので、ぜひ参考にしてみてください。

テックビズでは、フリーランスエンジニアとして独立するところから案件参画後までサポートを行っております。

・平均年収720万円
・案件継続率97%超
・案件登録数30000件超

専属のコンサルタントが、キャリア面談から、あなたにぴったりの案件の紹介、案件参画後の相談まで行っているので、「フリーランスになりたい」「フリーランスだが、生活が安定しない」などお悩みの方は、ぜひお気軽にキャリア面談から応募してください。

テックビズのサービスを見る

フリーランスPHPエンジニアの年収や案件の実情

これからフリーランスのPHPエンジニアになりたいという方は、どんな働き方で、どのくらい稼げて、どのような案件を獲得できるのか気になりますよね。

そこで、ここではフリーランスのPHPエンジニアの実情について解説していきます。

PHPエンジニアが関われる案件

フリーランスのPHPエンジニアが関われる案件の代表例として、Webサービスの開発が挙げられます。

Webサイト制作でよく使われるWordpressはPHPを利用して開発されています。
PHPを利用することで、問い合わせフォームや検索機能、予約システムなどを作成することができます。
また、Webサイト制作以外にも、SNSやグループウェアシステム、ECサイト、社内管理システムなどさまざまなWebサービスの開発にも携われます。

その他Webアプリやデスクトップ用のゲーム開発などにもPHPは使われています。

単価や年収

フリーランスのPHPエンジニアは、どのくらい稼げるのでしょうか。

記事執筆時点のレバテックフリーランスによるデータでは、フリーランスPHPエンジニアの平均単価は約72万円で、年収にすると約864万円となります。

会社員のPHPエンジニアの平均年収(Indeedより)は約641.5万円となっており、フリーランスPHPエンジニアとは、220万ほど差があることがわかります。

レバテックフリーランスによる単価相場としては、70万円台が最も多く、次に80万円台、その次に60万円台の案件が多くフリーランスでも十分に稼ぐことができます。

需要や将来性

フリーランスPHPエンジニアは、需要が高く将来性がある職種と言えます。

理由としては、Wordpressの案件ではPHPが使用されていることと、他の言語への横展開がしやすいからです。
W3Techsの調査データによるとWordpressのマーケットシェアは64.3%となっており、Web制作の過半数がWordpressを用いて制作されています。もし今後、新たなCMSが出てきたとしても既存のWebサイトがすぐに切り替わることは少ないため、余程のことがない限り需要は続くでしょう。

また、PHPはPythonやRubyなど他の言語への横展開がしやすいと言われています。
PHPを習得してしまえば他の言語を学習しやすく結果的に将来性を期待することができます。

ただ近年、新しい言語が開発されており新規で開発されるこれまでPHPを使っていた案件に、RubyやGoなどの他の言語を代用するケースも多く、新規開発の需要は低下している傾向があります。実際にスマートフォン向けのアプリケーション開発などでPHPが使用されることはほとんどありません。PHPで案件を獲得していくならば、PHPのシェアが高いサーバーサイドの案件や、既存サービスの保守運用案件を受注していくこともおすすめしています。

働き方

PHPエンジニアには、常駐型とリモート型の2種類の働き方が選択できます。

どちらの案件が多いか、レバテックフリーランスの案件検索で確認したところ、全体案件が15359件ある中でリモートワーク可能な案件は5723件と総数に対して37%程度の含有率になります。

リモートワーク案件も近年増えてはきているものの、PHPエンジニアの案件全体から見ると、常駐案件の方が多い傾向にあるでしょう。

フリーランスPHPエンジニアになるメリット4選

PHPエンジニアがフリーランスになるにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、フリーランスのPHPエンジニアになるメリット4選について解説していきます。

  • 収入を大幅に上げることができる
  • 働く時間を自由に決めることができる
  • 満員電車から解放される
  • 自分のやりたい仕事を選ぶことができる

収入を大幅に上げることができる

PHPエンジニアが、会社員からフリーランスになると、収入を大きく上げることができるというメリットがあります。

先ほども紹介したように、フリーランスのPHPエンジニアの平均年収は約864万円(レバテックフリーランスより)で、会社員の平均年収は約641.5万円(Indeedより)よりも約220万円ほど高いです。

また、中には月収100万円以上の高単価案件もあり、年収1000万円を超えることは夢ではありません。

さらに、会社員の場合年収を大きく上げるには、昇給と昇格を繰り替えす必要がありますし、一度の昇給で大きく年収を上げることは難しいです。ただ、フリーランスになると、昇給と昇格は関係なく、自分の働き次第で年収を変動させていくことができるので、比較的短時間で年収を上げていくことができます。

働く時間を自由に決めることができる

PHPエンジニアがフリーランスになれば、自分のライフスタイルに合わせて働くことができます。

会社員の場合には、週5勤務が原則となりますが、フリーランスのPHPエンジニアは、週5案件はもちろん、週2〜週4で働くことができる案件があるため自分で出勤日数や時間を選択することができます。

週5案件以外の選択肢を取ることができれば、プライベートの時間を多く作れたり、子育ての時間に回すことができたり、起業の準備をしながら働くといったことができるでしょう。

また、週2〜週3の案件を獲得すれば、時間に余裕ができるため、他の案件を受注することもでき、数社の案件に携わるという働き方も実現でき、実績の幅を広げることができます。

リモートワーク案件であれば働く場所を自由に選択できる

PHPエンジニアがフリーランスになれば、比較的働く場所を自由に選択できます。

前述したように、PHPエンジニアはリモートワーク案件が37%ほどあるためそのような案件を獲得できる可能性が十分にあります。リモートワーク案件が獲得できれば自分の好きな場所で働くことができるので、自宅やコワーキングスペース、カフェなどお気に入りの場所で働くことができるでしょう。

そのため、満員電車に乗る必要がなくなるので、無駄なストレスや疲労を感じることがなく働けますし、通勤で時間を無駄にする必要がなくなるでしょう。

自分のやりたい仕事を選ぶことができる

PHPエンジニアがフリーランスなれば、自分の好きな仕事だけを選んで働くことができるようになります。

会社員では、自分のやりたい仕事以外の仕事も任されることもあり、時には自分のキャリアアップに関係ない仕事もやらなくてはいけないなんて場面が出てきてしまいます。

フリーランスは、自分から案件を獲得しにいくので、自分の条件や合った仕事だけを選択することができるので、キャリアプランに繋がる仕事や興味がある仕事だけをすることができます。

自分のやりたい仕事だけを選択することができれば、仕事をより楽しむことができ充実感も増しますし、自分の理想のキャリアプランを最短で実現していくことができるでしょう。

フリーランスPHPエンジニアになるデメリット3選

フリーランスがPHPエンジニアになるには、メリットだけではなく、もちろんデメリットも存在します。

ここでは、フリーランスがPHPエンジニアになるデメリット3選について解説していきます。

  • 収入が安定しない可能性がある
  • 自分自身で確定申告などの税務処理をする必要がある
  • 困った時に誰かに助けを求めにくい

収入が安定しない可能性がある

PHPエンジニアがフリーランスになると、収入が安定しない可能性があります。

会社員では、毎月の給料が決められていて、毎月同じ給料を得ることができますし、今の日本の労働環境では解雇されるリスクがほとんどありません。それに比べてフリーランスの場合、毎月の報酬が約束されておらず、契約も期間が満了した場合に打ち切りになる可能性もあります。そのように、自分のスキルや働き次第で収入が大きく変わってしまいます。

逆にいうと、自分の働き次第で大きく年収を上げることができるとは言えますが、毎月の収入が大きく変わってしまっては、来月はどのくらい稼げるのかなと不安になってしまうでしょう。

ただ、スキルがあれば継続案件を獲得することや長期契約を結ぶことで収入が安定していきますし、複数のクライアントと仕事をすることで、1つの案件がなくなっても収入が0になる危険性は回避できます。フリーランスになった場合、自分自身で信頼獲得や新規案件獲得をしていく必要があります。

自分自身で確定申告などの税務処理をする必要がある

PHPエンジニアがフリーランスになると、税務処理を自分で行う必要があるというデメリットがあります。

会社員の場合、確定申告や納税は基本的に会社が代行してくれます。それに比べてフリーランスの場合、自分自身で確定申告をおこない税金を納める必要があります。

会社員の時には、税金の知識がほとんどなくても生活できますが、フリーランスになると税金の知識は必須になるので、仕事以外にも気にすることが増えてしまいます。

ただ、税金の知識さえ身につけてしまえば、効率的な節税方法も身につくので、会社員の時に比べて税金を抑えることができる可能性もあります。

困った時に誰かに助けを求めにくい

PHPエンジニアがフリーランスになると、困った時に誰かに助けを求めにくいというデメリットがあります。

フリーランスは会社員と異なり先輩や同僚がいないため、何か困った時に相談する相手や頼ることができる相手がいません。もし知識が少ない業務やトラブルに巻き込まれた時には自分で解決をしていく必要があります。

ただ、上司や先輩がいないことで、細かく指示をされたり、管理されたりすることも少なく、人間関係のストレスに関しては軽減されるといった見方もできます。

フリーランスでも、他のエンジニアとの横のつながりを作ることで、困った時に相談できる相手は見つかるため、積極的に同業者との交流をおこない、頼ったり相談したりできる仲間や先輩を増やすことおすすめします。

フリーランスPHPエンジニアになるために必要なスキル

PHPエンジニアがフリーランスになるには、どのような経験やスキルが必要になってくるのでしょうか。

ここでは、フリーランスのPHPエンジニアになるための必要なスキルや経験5選について解説していきます。

  • PHPを使用したプログラミング経験
  • PHPだけでなくその他の言語に関する知識
  • フレームワークに関する知識とスキル
  • データベースに関する知識とスキル
  • 高いコミュニケーション能力

PHPを使用したプログラミング経験

PHPエンジニアでフリーランスを目指すなら、当然ながらPHPを使用したプログラミング経験が必要になります。

レベル感としては、仕様書に落とし込んだコーディングができるレベルまで経験しておくとよいでしょう。

コーディングをするうえでも、オブジェクト指向でのPHPプログラミングスキルがあるとよいです。オブジェクト指向でプログラムを書くことで、コードが分かりやすくなり効率化もできますし、他のエンジニアへの引継ぎをしても対応しやすくなります。逆にオブジェクト指向を意識せずに書かれたコードの場合に、後任が混乱し保守性の低下してしまいます。

PHPだけでなくその他の言語に関する知識

PHPエンジニアでフリーランスを目指す場合、PHPだけでなくその他の言語に関する知識をつけておく必要があります。

特にWebサービスを開発する際には、JavascriptやRuby、Pythonなどのプログラミング言語やHTML/CSSのようなメタ言語も並走して使用されることが多いです。

PHPは汎用性が高い言語ではあるものの、それだけの知識では対応できる幅が狭くなってしまうため、その他の言語に関する知識をつけておくことでよりニーズのあるWebエンジニアを目指すことができます。

フレームワークに関する知識とスキル

PHPにはさまざまなフレームワークが存在し、知識とスキル備えておく必要があります。
特に「Laravel」や「CakePHP」などは開発工数を効率化するために必要な代表的なフレームワークです。

フレームワークを活用することで、開発工数の効率化だけでなく、大人数での開発案件においてコードを統一できたり、バクを減らすことができたりとメリットが多く存在します。

フリーランスを目指すのであれば、さまざまなフレームワークに関する知識やフレームワークを活用する経験を積むことをおすすめします。

データベースに関する知識とスキル

フリーランスのPHPエンジニアには、データベースに関する知識とスキルも必要になります。

特に、データベースを利用したWebサービスを構築する際に必要な「LAMP」と呼ばれるオープンソースソフトウェアの組み合わせについての知識やスキルがあるとよいでしょう。

LAMPとは、サーバー用として用いられるOSの「Linux」や世界中で使用されているWebサーバーソフトウェアの「Apache」、世界で最も使用されているデータベース管理システムの「MySQL」、プログラミングの「PHP/Perl/Python」のそれぞれの頭文字をとった言葉です。

これらを覚え、環境構築を自らおこなえるようになることで、開発現場に強いPHPエンジニアを目指すことができます。

高いコミュニケーション能力

フリーランスのPHPエンジニアには、高いコミュニケーション能力が必須となります。

PHPエンジニアとしてフリーランスを目指す場合、クライアントとのコミュニケーションが必ず発生します。
また、フリーランスとはいえ、一人ですべてを完結させる案件だけではなく、チームのエンジニアとのコミュニケーションが必要になります。

それらのステークホルダーと円滑にコミュニケーションが取れなければ、案件がスムーズに進まずプロジェクト全体の進行を止めてしまうことになり、全体に悪影響を与えてしまう要因になります。

フリーランスの場合、プロジェクトごとに全く知らないエンジニアとチームを組んで開発するケースも多くあるため、どんな人とでも円滑にコミュニケーションがとれるスキルが必要になります。

PHPエンジニアがフリーランス案件を獲得する方法

PHPエンジニアがフリーランス案件を獲得する方法として、下記の5つが挙げられます。

  • フリーランスエージェントの活用
  • クラウドソーシング
  • 直営業
  • 知り合いからの紹介
  • 前職から獲得

案件の獲得方法に正解はなく、自分に合った方法を選んでいくべきですが、おすすめとしてはフリーランスエージェントの活用になります。

フリーランスエージェントは、アドバイザーやエージェントの営業担当がクライアントとの間に入り、案件獲得のサポートをするサービスになります。エージェントでは、自分に合った案件の紹介だけでなく単価の交渉まで行ってくれます。

フリーランスのPHPエンジニアとして独立したばかりでは、自分のキャリアを考えたときにどのような案件を受ければいいか、自分のスキルや経験でどのような案件を任せてもらえるのかわからないと言う人も少なくないです。エージェントが間に入り、自分にマッチした案件を紹介してくれるエージェントを活用をすることで、これからフリーランスを目指す方やなりたての方、自ら案件を探す手間を減らしたい方にとっては案件獲得の大きな近道となります。

また、直契約の場合自らクライアントとの報酬のやり取りが必要になり、場合によっては未払いなどが発生してしまう可能性があります。エージェントを活用すれば、報酬の支払いはエージェントからになるので、未払いの心配もなく安心して仕事に集中をすることができます。

フリーランスPHPエンジニアが高年収を目指す方法

PHPエンジニアがフリーランスが高年収を目指すためにはどのようにすればいいのでしょうか。

ここでは、フリーランスのPHPエンジニアが高年収を目指す方法4選について解説していきます。

  • 上流工程やプロジェクトマネジメントの経験を積む
  • 仕様書や設計書の作成経験を積む
  • フレームワークの利用経験を増やす
  • 大規模案件の経験を増やす

上流工程やプロジェクトマネジメントの経験を積む

フリーランスのPHPエンジニアが年収を上げていく方法として、「上流工程やプロジェクトマネジメントの経験を積む」ことが重要になります。

当然ながらPHPだけしか担当できないエンジニアだと、担当できる案件も少なく範囲も狭くなります。上流工程に関わることで、担当できる案件の数や担当できる範囲の幅が広がるため、当然もらえる報酬も上がっていきます。上流工程の案件に関わるためには要件分析や与件定義、設計書の作成スキルが求められますし、対応する案件の業界知識を十分につけていく必要があります。

また、プロジェクトマネジメント(PM)と呼ばれる職種に着けるようになれば、更なる報酬額のアップも期待できます。実際に、フリーランススタートによるとPMの平均単価は75.4万円とPHPエンジニアに比べて全体の平均単価では大きく変わらないものの、最高単価を見てみると210万円と非常に高額ですし、案件数として最も多いのは単価100万円以上となっています。

上記のような理由から、上流工程やプロジェクトマネジメントといった職種を目指すことが、エンジニアとして高年収を目指すうえで重要になると言えるでしょう。

仕様書や設計書の作成経験を積む

フリーランスのPHPエンジニアが年収を上げていく方法として、「仕様書や設計書の作成経験を積む」ことが重要になります。

上記でも、PHPエンジニアとして上流工程を目指す上で、設計書の作成スキルが必要になるとお伝えしましたが同じ原理です。
仕様書や設計などを作成する経験を積めば、指示を受けた狭い範囲での職務から、案件を設計し指示を出す側へと役割が変わっていきます。そうなれば、より広い範囲で案件に関われますし、当然ながら報酬の金額も上がっていきます。

なお、仕様書を作成するためには、業界知識やクライアントの理解が必要になります。業界の用語などPHP以外の知識が求められます。当然、案件の難易度は高くなりますが対応できる人材も大幅に減りますので希少価値や発揮できるバリューに応じて報酬が上がっていきます。

フレームワークの利用経験を増やす

フリーランスのPHPエンジニアが年収を上げていく方法として、「フレームワークの利用経験を増やす」ことが重要になります。

PHPには様々なフレームワークが存在します。フレームワークを利用できると、案件の開発効率が圧倒的に上がります。案件ごとにどのフレームワークを使用するかも変わってくるため、フレームワークを使用した経験が豊富なエンジニアの方が対応できる案件が増えますし、重宝されます。

PHPだけに限った話ではありませんが、フレームワークの利用経験は積極的に増やしていきましょう。
特に下記5つは、PHPの代表的なフレームワークなので覚えておきましょう。

  • Laravel
  • CakePHP
  • Symfony
  • CodeIgniter
  • Zend Framework

大規模案件の経験を増やす

フリーランスのPHPエンジニアが年収を上げていく方法として、「大規模案件の経験を増やす」ことが重要になります。

当然、大規模案件は大手企業の案件が多くなります。大手企業の方が予算が潤沢に用意されており、エンジニアへの報酬額も上がる傾向があります。また、大規模案件に関わる経験を積めば、ポートフォリオなどで自身のアピールポイントになります。そうすれば次の好条件な案件を獲得する際にも役に立つでしょう。

フリーランスPHPエンジニアになるならテックビズに相談!

テックビズでは、「フリーランスエンジニアになりたい」「フリーランスエンジニアに今のスキルでなれるのか」「実際に案件を紹介して欲しい」などのお悩みに対してキャリア面談を行なっております。

テックビズでは、ただ案件を紹介するだけでなく、キャリア面談をし、最適な案件をご紹介できるので、「平均年収720万円」「案件継続率97%超」という実績を出しております。

フリーランスエンジニアに興味がある人は、ぜひテックビズのキャリア面談を活用してみてください。

テックビズのサービスを見る