フリーランスネットワークエンジニアの働き方や年収、案件動向を知りたい!

近年フリーランスという働き方を選択する人が増えており、現在会社員のネットワークエンジニアとして活動している人も、いづれフリーランスになりたいと感じている人は少なくないでしょう。

ただ、「フリーランスという働き方についてイメージがつかない」、「本当にフリーランスネットワークエンジニアになっても大丈夫なのか」と不安に思う人も中にはいると思います。

そこで、今回は「フリーランスネットワークエンジニアの実態」から「必要なスキルや経験」「案件獲得方法」まで解説していきます。

  • フリーランスネットワークエンジニアの実態
  • フリーランスネットワークエンジニアのメリット
  • フリーランスネットワークエンジニアのデメリット
  • フリーランスネットワークエンジニアに必要なスキル
  • フリーランスネットワークエンジニアの案件獲得方法

これからフリーランスネットワークエンジニアとして独立をしたいと考えている人は「【決定版】フリーランスになるには?必要な手続きや準備や「【6ステップ】フリーランスエンジニアになるには?」をぜひ読んでみてください。

フリーランスネットワークエンジニアになる前に準備しておくことや必要なスキルから、独立した後の成功の秘訣や案件獲得方法についてまで、独立前に知っておくべきことの全てをまとめてあるので、ぜひ参考にしてみてください。

テックビズでは、フリーランスエンジニアとして独立するところから案件参画後までサポートを行っております。

・平均年収720万円
・案件継続率97%超
・案件登録数30000件超

専属のコンサルタントが、キャリア面談から、あなたにぴったりの案件の紹介、案件参画後の相談まで行っているので、「フリーランスになりたい」「フリーランスだが、生活が安定しない」などお悩みの方は、ぜひお気軽にキャリア面談から応募してください。

テックビズのサービスを見る

フリーランスネットワークエンジニアの年収や案件の実情

まずは、フリーランスネットワークエンジニアになる前に、どのくらいの年収がもらえて、どんな働き方で、将来性はあるのかなどの実態について理解しておく必要があります。

ここでは、フリーランスネットワークエンジニアの実態について解説していきます。

案件の特徴

単価や年収

フリーランスネットワークエンジニアは、どのくらい稼げるのでしょうか。

レバテックフリーランスによると、フリーランスネットワークエンジニアの平均年収は約780万円で、月給にすると約65万円となります。

会社員のネットワークエンジニアの平均年収(dodaより)は約448.3万円となっており、フリーランスネットワークエンジニアとは、大きく差があることがわかります。

年収推移の目安としては、経験1年〜2年で月給30〜50万程、経験3年〜5年ほどで月給40〜60万程、経験5年以上で月給60万以上となります。

需要や将来性

フリーランスネットワークエンジニアは、需要が高く将来性がある職種と言えます。

近年、Web業界の大きな成長もあり、現代の生活にはネットワークは欠かせない存在となっており、そのネットワークを構築・設計・運用をするネットワークエンジニアは、近代社会になくてはならない存在と言えます。

ただ、最近ではクラウド化が進んでいることもあり、オンプレミスにしか対応できないネットワークエンジニアの将来性は厳しくなります。

ネットワークエンジニアという職種の需要や将来性は高いですが、クラウド化に対応していかなくてはいけないという事実もあります。

働き方

ネットワークエンジニアには、常駐型とリモート型の2種類の働き方が選択できます。

近年はクラウド化が進んでいることから、リモートワークがしやすい環境なってきたので、以前に比べネットワークエンジニアのリモート案件は急増しております。

ただ、ネットワークエンジニアの案件全体から見ると、オンプレミスの案件もあることから、常駐案件の方が多い傾向にあるでしょう。

フリーランスネットワークエンジニアになるメリット3選

ネットワークエンジニアがフリーランスになると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、フリーランスネットワークエンジニアになるメリット3選について解説していきます。

  • 年収を大きく上げられる
  • 自分のやりたい仕事を選べる
  • 時間に余裕を持つことができる

年収を大きく上げられる

ネットワークエンジニアがフリーランスになると、会社員の頃に比べて大きく年収を上げることができます。

先ほども紹介したように、フリーランスネットワークエンジニアの平均年収は約780万円(レバテックフリーランスより)で、会社員のネットワークエンジニアの平均年収(dodaより)は約448.3万円となっており、フリーランスの方が大きく年収を上げることができます。

また、会社員とは違い、フリーランスネットワークエンジニアは昇給や昇格をする必要がないので、比較的短時間で大きく年収を上げることができるという点も大きなメリットと言えるでしょう。

自分のやりたい仕事を選べる

ネットワークエンジニアがフリーランスになると、自分のやりたい仕事を選ぶことができます。

フリーランスでは、自分で仕事を探し、自分で案件を獲得していく必要があります。そのため、自分で営業をかける先を決めることができ、自分の条件にあった仕事だけを請け負うことができます。

会社員時代には、自分がやりたくない仕事をどうしてもやらないといけないタイミングがでてきてしまいますが、フリーランスになると上司や先輩がおらず、自分の興味がある仕事や、キャリアプランにあった仕事を選ぶことができます。

自分のやりたい仕事を選ぶことができれば、仕事への充実感も増していくことができます。

時間に余裕を持つことができる

ネットワークエンジニアがフリーランスになると、会社員時代に比べて時間に余裕を持つことができます。

会社員時代では、どうしても断れない残業もありますし、残業をしても1分あたりで残業代が出るとは限りません。一方で、フリーランスになると、契約で勤務時間が決まっているので、不要に勤務時間を伸ばされるといったことがありません。

また、会社員では週5勤務が当たり前でしたが、フリーランスでは週5案件以外にも週2〜週4案件もあるので、自分のライフスタイルに合わせて勤務日数も決めることができます。

仕事以外の時間が増えれば、子育てや家族との時間、趣味や旅行の時間を増やすことができるので、プライベートの充実を図ることができます。

フリーランスネットワークエンジニアになるデメリット3選

ネットワークエンジニアがフリーランスになるには、メリットだけでなく実際にはデメリットも存在します。フリーランスになる前には、メリットだけに目を向けるのではなく、デメリットもしっかりと理解しておく必要があるでしょう。

ここでは、フリーランスネットワークエンジニアになるデメリット3選について解説していきます。

  • 税務処理に手間がかかり面倒
  • 収入が不安定になる可能性がある
  • スキルが向上しにくい

収入が不安定になる可能性がある

ネットワークエンジニアがフリーランスになると、収入が不安定になる可能性があります。

毎月仕事が決まってる会社員とは違い、フリーランスは自分で仕事を獲得していく必要があり、自分がどれだけ仕事を獲得できたかで収入が大きく変わっていきます。

そのため、毎月同じ給料もらうことができる会社員のように安定して収入をもらうことができない可能性が出てきてしまいます。

ただ、長期継続の案件を獲得したり、フリーランスエージェントや人脈を増やして、定期的に案件を獲得できる仕組みを作っておけば、会社員に近い安定した環境を作り出すことはできるでしょう。

スキルが向上しにくい

ネットワークエンジニアがフリーランスになると、スキルを向上させにくいというデメリットがあります。

フリーランスになると、会社の研修などにも参加できないので、自分一人でスキルを向上させていく必要がありますし、わからない部分を質問して解決をすることができません。

また、上司や先輩もおらず、会社員時代に比べて情報収集をするのが難しくなり、最新の情報を仕入れるのも一苦労します。

フリーランスになる前に、しっかりとスキルを身につけ、フリーランスになってからも自分でスキルアップの時間を作っていくことが重要と言えるでしょう。

税務処理を自分で行う必要がある

ネットワークエンジニアがフリーランスになると、税務処理を自分で行う必要があります。

今まで会社側が行ってくれていた税務処理を自分で行うため、税金の知識や確定申告の知識など新しい知識を身につける必要があります。また、確定申告には手間がかかり、特に控除額の大きい青色申告をする場合、複雑で非常に手間がかかってしまうでしょう。

ただ、フリーランス向けのクラウド型会計ソフトもあり、フリーランスの税務処理をサポートしてくれるので、多少費用がかかっても便利なツールを活用して乗り切りましょう。

フリーランスネットワークエンジニアになるために必要なスキル

ネットワークエンジニアがフリーランスになるためには、どのようなスキルや経験が必要なのでしょうか。

ここでは、フリーランスネットワークエンジニアになるために必要なスキルや経験を解説していきます。

  • ネットワークエンジニアとして最低1年以上の実務経験
  • ネットワークに関する幅広い知識
  • スケジュール管理能力
  • 税金

ネットワークエンジニアとして最低1年以上の実務経験

ネットワークエンジニアがフリーランスになるには、ネットワークエンジニアとして最低1年以上の実務経験を積んでいきましょう。

フリーランスネットワークエンジニアになるには、長年の経験や豊富な知識がないとなれないと思われていることが多いですが、実際のところ需要が高いこともあり、実務経験が1年程度でも参画できる案件はあります。

すぐにフリーランスになりたいと考えている方は、まずは1年以上の経験を積み、自分でも参画できる案件からフリーランスとしてのキャリアを歩み始めましょう。

ネットワークに関する幅広い知識

ネットワークエンジニアがフリーランスになる前に、ネットワークに関する幅広い知識を身につけておきましょう。

ネットワークエンジニアには、ネットワークに関する知識が必要なのは当たり前ですが、幅広く身につけておくことをおすすめします。ネットワークには、クラウドとオンプレミスのどちらもあるので、幅広く身につけておくことで参画できる案件の幅が大きく広がります。

フリーランスになってから自分でスキルの幅を広げるには、時間がかかってしまうので事前に様々な知識を身につけておくことをおすすめします。

スケジュール管理能力

ネットワークエンジニアがフリーランスになる前に、スケジュール管理能力を身につけていくといいでしょう。

フリーランスは、会社員とは違い誰かがスケジュールを管理してくれるわけではありません。そのため、自分で期限や納期に間に合うよにスケジュールを組み、そのスケジュールを守っていく必要があります。

スケジュールを守ることができず、期限や納期を守ることができなければ、クライアントに迷惑をかけてしまいますし、クライアントからの信頼を大きく失う可能性があります。さらに、最悪の場合には契約を解除されてしまうこともあります。

クライアントからの信頼を失わないためにも、スケジュール管理能力を高めておきましょう。

税金の知識

ネットワークエンジニアがフリーランスになる前に、税金の知識を身につけておくといいでしょう。

先ほども紹介したように、フリーランスは自分で税務処理を行う必要があり、その際に必要になってくるのが税金の知識になります。

税金の知識がないと、正しく確定申告をできない可能性がありますし、本来経費として計上することができるものを計上せず、本来支払う必要のない税金を支払うことになってしまいます。

また、正しく確定申告をすることができず、申告漏れなどがあれば、追徴課税などのペナルティを負うことになてしまうので、フリーランスの生活を守るためにも、税金の知識を身につけておく必要があるでしょう。

フリーランスネットワークエンジニアが優良案件を獲得する方法

フリーランスネットワークエンジニアが、案件を獲得するにはどのような方法があるのでしょうか。

フリーランスネットワークエンジニアが案件を獲得する方法は様々ですが、おすすめなのは「フリーランスエージェント」の活用です。

フリーランスエージェントは、エージェントに自分の希望の条件を伝え、その条件にマッチした案件を紹介してくれ、案件の獲得をサポートしてくれるサービスになります。

フリーランスは、自分の条件にあった案件を探すのにとても手間がかかりますし、案件の獲得には営業力が必要になります。フリーランスエージェントを活用すれば、自分で営業をする必要がないので、営業力がなくても案件を獲得することができます。

フリーランスネットワークエンジニアとして独立する最初の一歩として、まずは案件獲得が壁となるので、案件を獲得しやすいエージェントの活用からまずは初めていきましょう。

フリーランスネットワークエンジニアが年収を上げていくには?

ネットワークエンジニアがフリーランスになった後に、どのように年収を上げていくのでしょうか。

ここでは、フリーランスネットワークエンジニアが年収を上げていく方法について解説していきます。

  • 営業スキルを身につける
  • より上流の工程に携わる
  • 資格を獲得する

営業スキルを身につけていく

フリーランスネットワークエンジニアが年収を上げる方法の1つとして、営業力を高め、1件あたりの単価を向上させるといった方法があります。

フリーランスは複数の案件を並行に回していくこともできますが、リソースには限界があるため大きく年収を上げていくには、1件あたりの単価を上げていくことがおすすめになります。

営業力を高めるには、実際に営業をしてみることがいいでしょう。ただ、案件が0になってから営業をしてしまうと、生活に支障が出るため、既存で案件がある状態で営業をしてすることをおすすめします。

営業は場慣れが重要なので、営業数を増やしどんどん場慣れをしていきましょう。

より上流の工程に携わる

フリーランスネットワークエンジニアの案件では、上流工程になるほど高単価になりやすい傾向になります。

そのため、年収を上げるにはより上流工程の案件に参画していく必要があります。

上流工程に参画をしたことがないと、実績がないので案件を取りにくい可能性が高いので、既存の案件でクライアントから信頼を得て、継続案件を獲得しつつ、上流工程にポジションをチャレンジされてもらえないか交渉してみましょう。

すでにクライアントからの信頼を得ていれば、すんなり受け入れてくれる可能性もあります。

資格を獲得する

フリーランスネットワークエンジニアが案件を獲得する際に、資格があるとクライアントから評価をされ、より高単価で案件を獲得できる可能性があります。

フリーランスを採用する企業は、フリーランスに対して即戦力のプロとしての活躍を求めています。そのため、実績や資格があるとキャリアに箔がつき、案件を獲得しやすくなりますし、クライアントからの信頼も得やすくなるでしょう。

また、資格の勉強をすることでより専門的な知識を身につけることができるので、実際の案件でも大いに役立てることができます。

フリーランスネットワークエンジニアになるならテックビズに相談!

テックビズでは、「フリーランスエンジニアになりたい」「フリーランスエンジニアに今のスキルでなれるのか」「実際に案件を紹介して欲しい」などのお悩みに対してキャリア面談を行なっております。

テックビズでは、ただ案件を紹介するだけでなく、キャリア面談をし、最適な案件をご紹介できるので、「平均年収720万円」「案件継続率97%超」という実績を出しております。

フリーランスエンジニアに興味がある人は、ぜひテックビズのキャリア面談を活用してみてください。

テックビズのサービスを見る