フリーランスは週2〜週3でも仕事ができる!メリットや獲得方法を解説!

フリーランスが獲得する案件は、週5勤務の案件だけでなく、週2〜週3勤務の案件もあるということはご存知でしょうか?

フリーランスは会社員とは違い、勤務する日にちを自由に選ぶことができるので、契約によって、週2〜週3の案件をこなし、他は起業準備に充てたり、週2〜週3の案件を掛け持ちするなんてこともできます。

ただ、フリーランスの週2〜週3の案件はどのように獲得していけばいいのでしょうか?

そこで、今回は「フリーランスが獲得する週2〜週3の案件の実情」から「フリーランスが週2〜週3案件を獲得する方法」まで解説していきます。

  • 週2〜週3案件の実情
  • 週2〜週3案件のメリット・デメリット
  • 週2〜週3案件を獲得するコツ
  • 案件を掛け持ちする際の注意点

フリーランスになりたいと考えている方は「【決定版】フリーランスになるにはどうすればいい?必要な手続きや準備も紹介!」をぜひ読んでみてください。

フリーランスになる前に知っておくべき全てのことをまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

テックビズでは、フリーランスエンジニアとして独立するところから案件参画後までサポートを行っております。

・平均年収720万円
・案件継続率97%超
・案件登録数30000万件超

専属のコンサルタントが、キャリア面談から、あなたにぴったりの案件の紹介、案件参画後の相談まで行っているので、「フリーランスになりたい」「フリーランスだが、生活が安定しない」などお悩みの方は、ぜひお気軽にキャリア面談から応募してください。

テックビズのサービスを見る

フリーランスの週2〜週3の案件は多い?少ない?

フリーランスの週2〜週3の案件の実情はどうなっているのでしょうか。

ここでは、フリーランスの週2〜週3の案件数や、収入について解説していきます。

週2〜週3の案件は少なくない

フリーランスエージェントの案件を実際に見ても、週2〜週3の案件は常に応募されていますし、週2〜週3の案件で働いているフリーランスも少なくはないでしょう。

ただ、週5案件が1番多く、全体の比率からすると週2〜週3の案件は多いというわけではありません。

ただ、近年週2〜週3の案件が増えてきているのも事実で、今後週2〜週3の案件を獲得しやすくなる可能性が高まっていくでしょう。

中には週1の案件もある

週2〜週3よりも稼働日数の少ない週1の案件が存在します。

週1の案件は、週2〜週3の案件数よりも減ってはしまいますし、高いスキルが求められる案件になるので、上級者向けの案件と言えます。

稼働日数が少なくなればなるほど、案件数は減りますが、案件が全くないわけではないので、一度フリーランスエージェントに相談してみるのもいいでしょう。

収入は月収30万〜50万円程

週2〜週3の案件の月収の目安は、「30万円〜50万円程」になります。

年収に換算すると「約360~600万円程」になり、週2〜週3の勤務でも十分に生活できるだけの収入を得ることができるでしょう。

週2〜週3の勤務で十分に生活することができるので、案件を掛け持ちすることもできますし、空いた時間をスキルアップや企業の準備に充てることもできるでしょう。

フリーランスが週2〜週3の案件を獲得するメリット5選

フリーランスが週2〜週3の案件を獲得するとどのような良いことがあるのでしょうか。

ここでは、フリーランスが週2〜週3の案件を獲得するメリット5選について解説していきます。

案件を掛け持ちすることができる

フリーランスが週2〜週3の案件を獲得するメリット1つ目は「案件を掛け持ちすることができる」です。

先ほども紹介したように、週2〜週3の案件は月収30万円〜50万円程あり、年収にすると「約360~600万円程」になります。

週2案件と週3案件を掛け持ちすると、勤務日数は週5になりますが、月収60万円〜100万円程になり、年収で1000万円を超える可能性もあるでしょう。

また、案件を掛け持ちできるということで、様々な案件にチャレンジできるため、自分のスキルアップにも役立てることができるでしょう。

フリーランスの年収に関して詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

掛け持ちすることでリスクヘッジになる

フリーランスが週2〜週3の案件を獲得するメリット1つ目は「案件を掛け持ちすることができる」です。

週5の案件では、1つのクライアントに依存しているので、契約が終わると収入が0になってしまうので、すぐに仕事を探さなくてはいけません。

週2〜週3の案件は、案件を複数掛け持ちすることができ、1つの仕事がなくなっても、収入が0にならず、余裕を持って案件の獲得をすることができます。

案件を複数持つことで、リスクを分散できるので、生活が安定しやすくなるでしょう。

プライベートの時間を増やすことができる

フリーランスが週2〜週3の案件を獲得するメリット2つ目は「プライベートの時間を増やすことができる」です。

週2〜週3の案件を獲得すれば、時間が大幅に増えるので、プライベートとの両立がはかりやすくなるでしょう。

スキルアップの時間に充てることもできますし、趣味を大いに楽しむこともできるので、自分のライフスタイルを確立しやすくなるでしょう。

起業の準備を進めることができる

フリーランスが週2〜週3の案件を獲得するメリット3つ目は「起業の準備を進めることができる」です。

起業の準備をしたいと思っても、正社員として働きながら起業準備をする時間を確保ことは難しいでしょう。

ただ、働かなくては起業準備の前に生活ができなくなってしまいます。

そこで、週2〜週3の案件をすることができれば、生活費を十分に稼ぐことができ、起業の準備をすることができるので、一石二鳥と言えるでしょう。

家庭との両立をはかりやすい

フリーランスが週2〜週3の案件を獲得するメリット4つ目は「家庭との両立をはかりやすい」です。

週2〜週3の案件を獲得すれば、家庭との両立をはかりやすくなるので、子育てに集中したり、親の介護をしたり、家庭の事情を優先しながら仕事をすることができます。

子供の行事に参加することもできますし、子供の送り迎えをすることも可能でき、お金では代えられない時間を確保することができるでしょう。

心に余裕ができる

フリーランスが週2〜週3の案件を獲得するメリット5つ目は「心に余裕ができる」です。

週2〜週3の案件を獲得すれば、十分な収入と時間を手にすることができるので、疲れやストレスから解放されるでしょう。

疲れやストレスから解放されれば、心に余裕ができるので、新しいアイデアが思いついたり、仕事の質にこだわることができたりと、週5勤務ではできなかったことができるようになるでしょう。

今すぐに案件を紹介してもらう

フリーランスが週2〜週3の案件を獲得するデメリット4選

先ほどフリーランスが週2〜週3の案件を獲得するメリットについて解説していきました。

ここでは、逆にフリーランスが週2〜週3の案件を獲得するデメリット4選について解説していきます。

高いスキルを求められる

フリーランスが週2〜週3の案件を獲得するデメリット1つ目は「高いスキルを求められる」です。

週2〜週3の案件の場合、週5案件に比べて少ない日数で成果を求められます。

少ない日数で成果を出さなくてはいけないので、高いスキルを求められるので、案件を獲得する難易度がはるかに高まるでしょう。

週2〜週3の案件の獲得する際には、十分なスキルを身につけてからチャレンジしてみると良いでしょう。

実務経験が少ないと紹介してもらえない可能性がある

フリーランスが週2〜週3の案件を獲得するデメリット2つ目は「実務経験が少ないと紹介してもらえない可能性がある」です。

週2〜週3の案件の場合、高いスキルと合わせて豊富な実務経験や実績を求められることが多いでしょう。

豊富な実務経験や実績は、高いスキルの裏付けとなり、企業がフリーランスを採用する際の安心材料になります。

週5案件と比べ、実務経験や実績をより求められる可能性が高いでしょう。

営業数が増える可能性がある

フリーランスが週2〜週3の案件を獲得するデメリット3つ目は「営業数が増える可能性がある」です。

週2〜週3の案件の場合、案件を掛け持ちする可能性も低くないでしょう。

確かに、案件を掛け持ちすれば高年収を稼ぐことはできますが、獲得する案件数は多くなるので、営業にかける時間は増えてしまいます。

営業が苦手であまり営業をしたくないという方には、大きなデメリットになってしまうかもしれません。

1人の時間が増える可能性がある

フリーランスが週2〜週3の案件を獲得するデメリット4つ目は「1人の時間が増える可能性がある」です。

週2〜週3の案件の場合、案件を掛け持ちしなければ、週の半分以上をプライベートや起業準備など、自分の時間に回すことになります。

プライベートの時間が増えても、基本的に週5で勤務している人が多いので、周りの人との予定をたくさん入れることができるわけではなく、自分だけの時間が増えれば増えるほど孤独になっていく可能性があります。

孤独が辛いと思う方にとっては、デメリットになってしまうでしょう。

今すぐに案件を紹介してもらう

フリーランスが週2〜週3の案件を獲得するコツは?

フリーランスは週2〜週3の案件をどのように獲得していけばいいのでしょうか。

ここでは、フリーランスが週2〜週3で案件を獲得するコツ5選について解説していきます。

週5の案件から参画する

フリーランスが週2〜週3の案件を獲得するコツ1つ目は「週5の案件から参画する」です。

まずは、獲得しやすい週5の案件に参画し、クライアントが求める成果を出していき、その後契約更新のタイミングで、週2〜週3の勤務にしてもらえるように交渉してみましょう。

週2〜週3の案件に比べて週5の案件は、案件数も多いですし、獲得する難易度も下がっていくので、いきなり週2〜週3の案件を獲得するよりも獲得しやすいでしょう。

また、一度参画している案件ということもあり、慣れた案件になるので成果も出しやすいでしょう。

フリーランスの仕事の取り方と探し方について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

専門スキルを高める

フリーランスが週2〜週3の案件を獲得するコツ2つ目は「専門スキルを高める」です。

フリーランスの週2〜週3の案件は、週5の案件よりも少ない稼働時間で成果を出していかなくてはいけないので、より高い専門スキルを求められる可能性が高まります。

週2〜週3の案件を獲得するには、短い稼働時間でも成果を出すことができるだけの高い専門スキルを身につけておく必要があります。

コミュニケーション能力を高める

フリーランスが週2〜週3の案件を獲得するコツ3つ目は「コミュニケーション能力を高める」です。

週2〜週3の案件では、自分が稼働していない時も、プロジェクトやチームメンバーは稼働している可能性が高いでしょう。

自分の稼働時間が少なくても、プロジェクトを潤滑に稼働させるには、チムメンバーとのコミュニケーションを円滑にし、効率のいいコミュニケーションをとっていく必要があります。

週2〜週3でも、プロジェクトを円滑に回せるようなコミュニケーション能力をに見つけておくといいでしょう。

スタートアップの案件を探す

フリーランスが週2〜週3の案件を獲得するコツ4つ目は「スタートアップの案件を探す」です。

スタートアップでは、週2〜週3という働き方に理解があることも多いですし、社員の数も少なく、人手不足なことも少なくないので、週2〜週3でも勤務してほしいという企業もあるでしょう。

そのようなスタートアップの案件をエージェントでチェックしてみたり、直接営業をしてみると、ちょうど人手不足で週2〜週3での契約を獲得できるかもしれません。

複数のエージェントを活用する

フリーランスが週2〜週3の案件を獲得するコツ5つ目は「複数のエージェントを活用する」です。

フリーランスエージェントは、常に同じ案件を募集しているわけでなく、日に日に新しい案件を募集しています。

複数のエージェントを活用していれば、1つのエージェントだけを活用するよりも、新着の案件を多くチェックすることができますし、自分の求める案件に出会うことができる可能性が高まるでしょう。

特に、週2〜週3の案件は、案件数自体は多いわけではないので、複数のエージェントに登録をし、少しでも多くの案件に応募できるようにしておくことが大切です。

フリーランス案件を見てみる

フリーランスが週2〜週3の案件を掛け持ちする注意点

先ほどフリーランスが週2〜週3の案件を獲得するメリットで掛け持ちをすることができると紹介しました。

案件を掛け持ちすればリスクヘッジになりますし、高年収を目指すことができるので、メリットは多いですが週5案件に比べ注意も必要になります。

ここでは、フリーランスが週2〜週3の案件を獲得する注意点について解説していきます。

働きすぎに注意

フリーランスが週2〜週3の案件を掛け持ちする注意点1つ目は「働きすぎに注意」です。

案件を複数掛け持ちする場合、週3の案件を2件獲得したり、週2の案件を3つ獲得すると週6勤務になる可能性があります。

複数の案件を掛け持ちすると、年収は上がっていきますが、案件を掛け持ちしすぎると、週6勤務や最悪の場合週7勤務となってしまい、働きすぎになってしまう可能性があります。

フリーランスは、会社員と違いセルフブラック状態になってしまうこともあり、働きすぎると体調を壊してしまうこともあるので、注意しましょう。

スケジュール管理をしっかり行う

フリーランスが週2〜週3の案件を掛け持ちする注意点2つ目は「スケジュール管理をしっかり行う」です。

案件数が増えてくると、週5案件とは違い、複数の案件のスケジュール管理をしなくてはいけません。

週5案件では、1案件のスケジュールだけを管理すればいいですが、掛け持ちをすると複数の案件のスケジュール管理をしなくてはいけなくなり、スケジュール管理の難易度が上がっていくでしょう。

フリーランスの賢いスケジュール管理方法について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

品質を担保する

フリーランスが週2〜週3の案件を掛け持ちする注意点3つ目は「品質を担保する」です。

週5案件では、1つの案件に集中することができますが、週2〜週3の案件を掛け持ちする場合は、リソースを分散することになってしまいます。

リソースを分散するようになってしまうと、1つ1つの仕事のクオリティを担保する難易度も上がっていくでしょう。

案件数が増えても1つ1つのクオリティを担保していけるように、タスク管理を行っていきましょう。

フリーランスが週2〜週3の案件を獲得するならテックビズで!

テックビズでは、「フリーランスエンジニアになりたい」「フリーランスエンジニアに今のスキルでなれるのか」「実際に案件を紹介して欲しい」などのお悩みに対してキャリア面談を行なっております。

テックビズでは、ただ案件を紹介するだけでなく、キャリア面談をし、最適な案件をご紹介できるので、「平均年収720万円」「案件継続率97%超」という実績を出しております。

フリーランスエンジニアに興味がある人は、ぜひテックビズのキャリア面談を活用してみてください。

テックビズのサービスを見る