【不安解消】フリーランスで仕事がないとならないための対策を解説!

いざフリーランスになった時に「仕事がない、、、」となってしまう方も一定数いるでしょう。折角フリーランスになったのに、仕事がないせいで「生活ができなくなってしまった」「正社員に戻ってしまった」となってしまう可能性もあります。

本記事では、これからフリーランスになりたいという方に向けて、「フリーランスで仕事がないとなってしまう原因」「仕事がないとなってしまわないようにはどうすればいいか」について解説していきます。

  • 仕事がないとなる原因
  • 仕事がないとならない案件獲得方法
  • 仕事がないとなるとどうなるのか

これからフリーランスになりたいと考えている方は、「【決定版】フリーランスになるにはどうすればいい?必要な手続きや準備も紹介!」をぜひ読んでみてください。

フリーランスになる前に必要なスキルや準備から、働き方など独立前に知っておくべき全てのことをまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

テックビズでは、フリーランスエンジニアとして独立するところから案件参画後までサポートを行っております。

・平均年収720万円
・案件継続率97%超
・案件登録数30000万件超

専属のコンサルタントが、キャリア面談から、あなたにぴったりの案件の紹介、案件参画後の相談まで行っているので、「フリーランスになりたい」「フリーランスだが、生活が安定しない」などお悩みの方は、ぜひお気軽にキャリア面談から応募してください。

テックビズのサービスを見る

フリーランスで仕事がない時の原因を解明!

「フリーランスで仕事がない」となってしまう原因は、どのようなことなのでしょうか。

ここでは、フリーランスが仕事がないとなってしまう原因について詳しく解説していきます。

スキルが足りない

フリーランスで仕事がない原因1つ目は「スキルが足りない」です。

フリーランスを採用する企業は、即戦力のプロを求めており、基本的にスキルがある人を求めています。

そのため、企業から求められているスキルがなかったり、求められたことを実行できなければ、新しく仕事を取ることも厳しく、継続して仕事を獲得することも厳しいでしょう。

フリーランスに必要なスキルについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

営業(自己PR)が下手

フリーランスで仕事がない原因2つ目は「営業(自己PR)が下手」です。

フリーランスは、たとえ十分なスキルを持っていても、営業が上手くできなかったり、適切な提案をすることができなければ、仕事を獲得することができないでしょう。

また、自分がスキルがあるということをクライアントに十分に知ってもらうには、自己PR力も必要になってくるでしょう。

営業数が少ない

フリーランスで仕事がない原因3つ目は「営業数が少ない」です。

フリーランスとして仕事を獲得していくには、営業をしていく必要がありますが、新規営業はどんなにいい提案をしても必ず仕事を獲得できる訳ではありません。

その時に、営業数が少ないとどんなに営業が上手くても案件獲得をすることができないこともありますし、特に実績が少ないときは営業数が少ないと案件獲得が厳しくなってしまいます。

実績が足りていない

フリーランスで仕事がない原因4つ目は「実績が足りていない」です。

フリーランスが仕事をとる上で、「スキル」と「実績」が重要になってきます。クライアントが営業段階ではスキル感をはかることが難しい時に、実績を見てスキル感を判断することは少なくありません。

「仕事がない」という場合は、大きい仕事だけを獲得しにいくのではなく、小さな仕事からコツコツと実績を積み上げていく必要があります。

人脈が少ない

フリーランスで仕事がない原因5つ目は「人脈が少ない」です。

フリーランスは、営業をかけたり、エージェントから仕事を獲得することがありますが、知り合いから仕事を紹介してもらうこともあるでしょう。

特に、実績が少ない時には、知り合いからの紹介をしてもらうと案件を獲得しやすいでしょう。

実績がなく仕事がないという方は、知り合いに頼ってみるのもいいでしょう

仕事を選びすぎている

フリーランスで仕事がない原因6つ目は「仕事を選びすぎている」です。

「自由を得たい」「大きく収入をあげたい」などさまざまな目的を持ってフリーランスとして独立すると思いますが、いきなり自分がやりたい仕事を獲得できるとは限りません。

フリーランスは仕事がないと生活ができなくなってしまうので、自分がやりたい仕事だけを選びすぎていると、全く仕事がないなんてことになりかねません。

自分がやりたい仕事が獲得できなかったら、「スキル」や「実績」が足りていない可能性もあるので、仕事を選びすぎず小さな仕事も獲得するようにしていくといいでしょう。

フリーランスで仕事がない時に案件獲得をする方法5選!

フリーランスはどのように案件を獲得していけばいいのでしょうか。

ここでは、フリーランスが仕事がないときに案件を獲得する方法5選について詳しく解説していきます。

エージェントに登録をする

フリーランスの案件獲得方法1つ目は「エージェントに登録する」です。

フリーランスエージェントとは、仕事を紹介してくれたり、企業とフリーランスの間に入って、単価の交渉をしてくれるなど、フリーランスが案件を獲得していくサポートを行ってくれます。

また、テックビズのようなエージェントでは、仕事を紹介してくれるだけでなく、フリーランスが案件に参画後もサポートしてくれますし、税務処理のサポートも行ってくれるので、フリーランスとして働くための全般をサポートしてくれます。

「フリーランスとして今すぐ案件を獲得したい」という方は、エージェントを活用することがいちばんの近道でしょう。

キャリア相談を受ける

クラウドソーシングを活用する

フリーランスの案件獲得方法2つ目は「クラウドソーシングを活用する」です。

クラウドソーシングとは、「ランサーズ」や「クラウドワークス」などのようなサービスのことで、企業が不特定多数の人に仕事を発注できるツールです。

クラウドソーシングは、初心者向けの案件から上級者向けの案件まで様々な案件があるので、自分のスキルや実績に見合った案件にチャレンジすることができるので、比較的仕事を獲得しやすいでしょう。

クラウドソーシングは小さな仕事もあるので、実績を作りたいという方におすすめです。

SNSで案件を探してみる

フリーランスの案件獲得方法3つ目は「SNSで案件を探してみる」です。

SNSは、情報発信として活用するだけでなく、SNSから採用活動をしている企業もありますし、SNS経由で仕事を獲得しているフリーランスも少なくはありません。

TwitterなどのSNSでは、ハッシュタグ検索をすることができるので「#エンジニア募集」などと調べてみると、案件を応募している企業を見つけることができるかもしれません。

ただ、SNSでの案件獲得は、今すぐ獲得していくというよりは、SNSで発信をしながら人脈を作っていきながら、定期的にハッシュタグ検索をして案件を探すくらいの長期的な視点で見ていくことをおすすめします。

コミュニティや交流会に参加

フリーランスの案件獲得方法4つ目は「コミュニティや交流会に参加」です。

フリーランスは、オンラインサロンへの参加や異種交流会への参加をすることで、人脈が広がり、そこで知り合った方から案件を獲得できることもあるでしょう。

ただ、コミュニティへの参加の目的は、人脈を増やしていくことなので、いきなり案件を獲得しにいってしまうと避けられてしまう可能性があります。

コミュニティに参加してもいきなり案件を取りにいくのではなく、長期的な目線で参加していくことをおすすめします。

営業数を増やす

フリーランスの案件獲得方法5つ目は「営業数を増やす」です。

フリーランスは、どんなに営業が上手くても必ず案件を獲得できる訳ではありませんし、実績が少ない時には案件が獲得できる確率も下がってしまうでしょう。数を打てば当たるという訳ではありませんが、ある程度営業や案件応募の母数を増やしていく必要はあります。

また、営業を重ねていくうちに、「ここをもっとアピールしよう」「次はここを提案しよう」などの改善点も見えてきますし、営業にも慣れてくるので、営業スキルが向上していきます。

営業スキルが向上していけば案件獲得にも近づいていくので、「仕事がない」というときは、営業に慣れるためにも営業数を増やしていきましょう。

小さい仕事を受け実績を作る

フリーランスの案件獲得方法6つ目は「小さい仕事を受け実績を作る」です。

フリーランスが案件を獲得する際に、「スキル」と「実績」が必要になってくるので、実績が全然ないという方は、小さな仕事を積み重ねて実績を作っていくことをおすすめします。

小さな仕事でも収益にもなりますし、小さな仕事でも実績が増えてくれば、自分がやりたい仕事や、大きな仕事も獲得しやすくなるでしょう。

フリーランスの仕事の探し方と取り方について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

フリーランスが仕事がないとどうなってしまうのか?

フリーランスが仕事がないとどうなってしまうのでしょうか。フggリーランスで仕事がなくなってしまうと、当たり前ですが収入が0になってしまうため、生活ができなくなってしまいます。

また、収益が0なので、貯金を切り崩したり、ストレスで体調を崩してしまったり、最悪の場合は借金をすることになってしまう可能性があります。

収入が0になり生活ができなくなってしまえば、折角フリーランスとして独立はしたのに、正社員に戻ってしまうなんてことにもなってしまうでしょう。

フリーランスとして独立した後に、「仕事がなくて後悔した、、、」なんてことにならないように、次に紹介することを実践していきましょう。

フリーランスで生活できないとどうなってしまうのかについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

フリーランスで「仕事がない、、」と後悔する前にやっておくべきこと

フリーランスとして独立した後に、「仕事がない、、、」となり後悔したくないですよね。

ここでは、フリーランスとして独立する前にやっておくべき準備を紹介していきます。

会社員の間に副業で実績を作っておく

フリーランスが仕事がないとなる前にやるべきこと1つ目は「会社員の間に副業で実績を作る」です。

先ほども紹介したように、フリーランスが仕事を獲得するには、「スキル」と「実績」が必要になってきます。スキルがあっても実績がなければ、案件の獲得ができない場合もあります。

そのため、会社員の間に副業として案件獲得をし、実績を作っておくと、実績がある状態でフリーランスとして独立することができ、仕事の獲得をスムーズに行うことができるでしょう。

また、会社員の間に案件を獲得していれば、案件の獲得方法も身についていますし、フリーランスになった時に、最初から仕事がある状態で独立ができるので、「仕事がない」とならないです。

提案力や自己PR力を身につけておく

フリーランスが仕事がないとなる前にやるべきこと2つ目は「提案力や自己PR力を身につける」です。

フリーランスが営業をする際には、「提案力」や自分のスキルをアピールするための「自己PR力」が必要になってきます。スキルが十分でも「提案力」や「自己PR力」が低いと案件を獲得できない可能性もあります。

「提案力」や「自己PR力」はを向上させるためには、本やYouTubeで学ぶこともいいですが、実践で経験を積むことが1番の近道となるでしょう。

先ほど紹介したように、会社員の間に副業として案件獲得を行えば、営業の場数を踏むことができるので、フリーランスとなった時に案件を獲得できるだけの「提案力」や「自己PR力」が身についているので、案件獲得をスムーズに行うことができます。

スキルシートやポートフォリオを作成しておく

フリーランスが仕事がないとなる前にやるべきこと3つ目は「スキルシートやポートフォリオを作成する」です。

フリーランスが自分のスキルをアピールしていくには、「ポートフォリオ」や「スキルシート」を活用していきます。

営業をする際に、十分にスキルがあっても、スキルシートやポートフォリオがないと、実際にスキルがあるのかということが伝わりにくくなり、本来獲得できたはずの仕事を獲得できなくなってしまう可能性があります。

会社員の間に、スキルシートとポートフォリオを作り込んでおくといいでしょう。

フリーランスのポートフォリオやスキルシートについて、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

SNSで発信をしておく

フリーランスが仕事がないとなる前にやるべきこと4つ目は「SNSで発信をしておく」です。

フリーランスとして活動している方でSNSを活用している人も少なくないので、SNSで発信をし人脈を作っておくといいでしょう。フリーランスに有益な情報も集めることができる可能性もあるので、フリーランスとして独立をする前に様々な情報を集めることもできます。

SNSを活用すれば、人脈がある状態でフリーランスとして独立ができるので、SNSで繋がっている人から仕事を獲得できる可能性もあり、案件獲得の可能性が高まります。

SNSでは、フリーランスの人、同じ職種の人、これからフリーランスになりたい人などと繋がっておくといいでしょう。

事前に計画を立てておく

フリーランスが仕事がないとなる前にやるべきこと5つ目は「事前に計画を立てておく」です。

フリーランスとして独立する前に、「これからどんな仕事をやっていきたいか」「数年後フリーランスとしてどのくらい稼いでいきたいのか」など、今後のキャリアプランを考えておくことはとても重要です。

事前に計画を立てておくと、「今どんな仕事や行動をしていけばいいのか」「どのような実績を積んでいけばいいのか」などを逆算していくことができるので、やるべきことがブレることがなくなり、フリーランスとして成功していく可能性が高まります。

テックビズのようなフリーランスエージェントでは、キャリア相談も行っているので、フリーランスになる前にぜひ活用してみてください。

フリーランスとして後悔しすることについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

キャリア相談を受ける

フリーランスで仕事がない時の注意点

フリーランスとして仕事がないという時に、やってはいけないことはどのようなことなのでしょうか。

ここでは、フリーランスで仕事がない時の注意点を詳しく解説していきます。

アルバイトをしない

フリーランスで仕事がない時の注意点1つ目は「関連性の低いアルバイトをしない」です。

フリーランスで仕事がない時に、生活をするためにアルバイトをする可能性がありますが、その時に本業と関連性の低い職種でアルバイトをすることは避けた方がいいでしょう。

例えば、エンジニアの案件が欲しいのに、居酒屋のアルバイトをするといったことです。

なぜかというと、関連性の低いアルバイトをしてしまうと、本業のスキルや実績が積み上がらず、案件獲得に近づいていくことができないからです。

もしアルバイトをするなら、できるだけ本業や案件獲得に活かせる職種を選んでいきましょう。

単価を下げすぎない

フリーランスで仕事がない時の注意点2つ目は「単価を下げすぎない」です。

確かに、自分のスキルや実績に見合ってない単価が原因で仕事が獲得できないという場合がありますし、単価を下げることで案件自体は獲得しやすくはなるでしょう。

ただ、単価を下げてすぎてしまうと、その分より多くの仕事を獲得しないといけなくなるので、営業数も増やさなくてはいけませんし、より多くの案件を回すことになるので、1件あたりにかける時間が少なくなってしまい、質が下がってしまう可能性があります。

質を下げて仕事をしてしまうと、実績にすることすらできなかったり、クライアントから継続して案件を獲得できない可能性が高まります。

仕事を獲得するために、単価を下げることは悪いことではありませんが、もし単価を下げるなら質を保つためにも「ここまでしか下げない」と単価を下げる最低ラインを決めておく必要があるでしょう。

フリーランスになる前に十分に貯金をしておくこともおすすめ

先ほど紹介した「フリーランスの案件獲得方法」や「フリーランスになる前にやっておくべき準備」をしっかりと実行していけば、フリーランスになって仕事がないということを避けられる可能性は高まります。

ただ、フリーランスは、クライアントの売上や、景気などにも影響を受ける可能性もあり、仕事がないとなってしまう可能性は決して0にはなりません。

もし、「フリーランスで仕事がない」となってしまっても生活ができるように、念の為十分な貯金をしておくことをおすすめします。

お金に余裕が出れば、心に余裕ができメンタル面が安定しますし、メンタル面が安定すれば、仕事にもいい影響を与えることでしょう。

フリーランスがしておくべき貯金について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

フリーランスになりたい人はテックビズのキャリア相談を!

テックビズでは、「フリーランスエンジニアになりたい」「フリーランスエンジニアに今のスキルでなれるのか」「実際に案件を紹介して欲しい」などのお悩みに対してキャリア面談を行なっております。

テックビズでは、ただ案件を紹介するだけでなく、キャリア面談をし、最適な案件をご紹介できるので、「平均年収720万円」「案件継続率97%超」という実績を出しております。

フリーランスエンジニアに興味がある人は、ぜひテックビズのキャリア面談を活用してみてください。

テックビズのサービスを見る