フリーランスとして成功する方法と事例を紹介!失敗しないためには?

フリーランスとして独立したら「自由」や「高収入」を得て、成功していきたいですよね。

ただ、フリーランスとして独立した人すべてが成功するわけではなく、中には失敗してしまう人もいるでしょう。

そこで、今回は「フリーランスで成功しやすい人の特徴」から「フリーランスとして成功するためにやるべきこと」を解説していきます。

  • フリーランスとして成功する人の特徴
  • フリーランスの成功事例
  • フリーランスとして失敗してしまう人の特徴
  • フリーランスとして成功していくためにやるべきこと

本記事の内容を参考にして、フリーランスとして成功する近道を進んでいきましょう。

テックビズでは、フリーランスエンジニアとして独立するところから案件参画後までサポートを行っております。

・平均年収720万円
・案件継続率97%超
・案件登録数30000万件超

専属のコンサルタントが、キャリア面談から、あなたにぴったりの案件の紹介、案件参画後の相談まで行っているので、「フリーランスになりたい」「フリーランスだが、生活が安定しない」などお悩みの方は、ぜひお気軽にキャリア面談から応募してください。

テックビズのサービスを見る

フリーランスとして成功をする人の特徴は?

フリーランスとして成功する人はどんな人なのでしょうか。

ここでは、フリーランスとして成功する人の特徴6選を紹介していきます。

十分にスキルある人

フリーランスとして成功する人の特徴1つ目は「十分にスキルがある人」です。

フリーランスを採用する企業は、基本的に即戦力となる人材を求めているので、スキルを十分にある人は仕事を獲得しやすいですし、案件に参画した後にも活躍しやすいでしょう。

スキルの目安としては、実務経験1年以上ほどあると良いでしょう。テックビズは、実務経験が1年以上ある方に案件を紹介していますが、多くの方が案件を獲得していますし、案件参画後もしっかりと活躍されています。

向上心が高い人

フリーランスとして成功する人の特徴2つ目は「向上心が高い人」です。

フリーランスは、現状維持をしていこうとするよりも、もっと上を目指していかなくてはいけません。

現状維持をしていこうとすると、スキルアップをすることができず、スキルの向上やスキルの幅が広がらないので、自分のスキルの需要がなくなってしまった時に、いきなり仕事が取れないなんてことになりかねません。

常に向上心を持ち、スキルアップやスキルの幅を広げ、新しい案件にチャレンジしていける人はフリーランスとして成功する可能性が高いでしょう。

納期や期日を守れる人

フリーランスとして成功する人の特徴3つ目は「納期や期日を守れる人」です。

フリーランスは、上司や先輩がおらず、納期や期日を守ることができなければ、責任を自分で負うことになってしまいます。

また、納期や期日を守ることができればクライアントから信頼を獲得することができるので、継続して案件を獲得することができるようになるので、収入も安定しフリーランスとして成功することができる可能性が高まるでしょう。

自己管理能力が高い人

フリーランスとして成功する人の特徴4つ目は「自己管理能力が高い人」です。

フリーランスは、会社員と違い上司や会社から管理されることはなくなるので、自由に仕事を進めることができます。

ただ、自分で自分を管理することができなければ、納期を守ることもできないですし、税金の処理も疎かになってしまい後で大変なことになってしまうなんてこともあります。

自分で自分を律することのできるセルフマネジメント能力の高い人がフリーランスとして成功しやすいと言えるでしょう。

営業力・提案力がある人

フリーランスとして成功する人の特徴5つ目は「営業力・提案力がある人」です。

フリーランスは、仕事を獲得してために営業活動をしていかなくてはいけません。その際に、必要になってくるのが、「営業力」と「提案力」です。

営業力と提案力があれば、専門スキルがそこまで高くなくても、案件を獲得することができますし、単価もアップさせやすいので、収入を上げやすいでしょう。

フリーランスは、専門スキルと合わせて営業力、提案力がある人が安定して案件を獲得をすることができ、成功をしていける可能性が高いでしょう。

コミュニケーション能力が高い人

フリーランスとして成功する人の特徴6つ目は「コミュニケーション能力が高い人」です。

フリーランスは、面倒な人間関係から解放されますが、クライアントとはコミュニケーションを取らないといけません。クライアントとのコミュニケーションを上手く取れれば、信頼を築くことができ、継続して案件を獲得することができるかもしれません。

また、コミュニケーションはチャットやメールでも行うことが多く、コミュニケーションの上手さだけでなく、即レスで迅速なコミュニケーションを取ることができるかも大切になってきます。

フリーランスとして成功をした事例を紹介!

フリーランスとして成功すると、どのようなことが得られるのでしょうか。

ここでは、テックビズからフリーランスになった成功事例を紹介していきます。

収入が2倍になり生活に余裕ができた

フリーランスとして成功すれば、会社員の時に比べ、収入を2倍に増やすことも可能です。

会社員で収入を2倍に増やすには、とても難易度が高く、転職をするか昇給。昇格を何度も繰り返す必要がありますが、フリーランスになれば短時間で収入を2倍に増やすことも可能です。

収入が2倍に増えれば、貯金をすることもできますし、趣味にお金を使うこともできますし、資産形成に回すこともできるでしょう。

また、お金に余裕ができると精神面も安定し、仕事でもいいパフォーマンスを発揮することができるでしょう。

残業がなくなり時間に余裕ができた

会社員の時には、月の残業時間が60時間あった方が、0時間になり、時間にとても余裕ができたという方もいます。

時間に余裕ができれば、スキルアップの時間に回し次の仕事に繋げることもできますし、趣味の時間に使ったり、家族の時間に使ったりすることもでき、プライベートと仕事の両立を図ることもできます。

また、働く時間が減れば、体調管理もしやすくなり、疲労やストレスを貯めることなく働くことができるでしょう。

自分のやりたいことに挑戦することができた

会社員の時には、できなかった仕事をフリーランスになってから挑戦することができたという成功事例があります。

会社員の場合は、自分がやりたいと思っていても社内事情でできない場合もありますので、会社の判断に委ねなくてはいけない部分があるでしょう。

ただ、フリーランスでは、スキルがあれば自分がやりたい仕事を選択することができるので、会社の都合でやりたくない仕事をやらされるなんてことがなくなるでしょう。

フリーランスとして失敗してしまう人の特徴は?

どのような人がフリーランスとして独立した時に失敗してしまうのでしょうか。

ここでは、フリーランスとして失敗してしまう人の特徴を紹介していきます。

自発的に行動ができない人

フリーランスとして失敗してしまう人の特徴1つ目は「自発的に行動できない人」です。

フリーランスは、自分からアクションを起こしていかなくては、何も始まりません。フリーランスとして成功していくには、自分で考え、自分でチャンスを生み出し、そのチャンスを獲得していく必要があります。

また、自分で情報を集めたり、スキルアップやスキルの幅を広げていくことができなければ、市場価値をあげていくことができず、失敗してしまう可能性が高まってしまうでしょう。

楽をしたいだけの人

フリーランスとして失敗してしまう人の特徴2つ目は「楽をしたいだけの人」です。

フリーランスは、「自由が得られる」「高収入が得られる」などキラキラした面が注目されがちですが、理想のフリーランス像に近づいていくには、たゆまぬ努力をしていく必要があります。

努力もぜず、キラキラした面だけに憧れてフリーランスになれば自由や高収入が得られると考えている人は、失敗してしまう可能性が高いでしょう。

案件や仕事を選びすぎる人

フリーランスとして失敗してしまう人の特徴3つ目は「案件や仕事を選びすぎる人」です。

「自分がやりたい仕事をしたい」と思い、フリーランスとして独立する人もいるでしょう。

ただ、いざフリーランスとなってみたら、自分がやりたい案件や自分が欲しい収入が得られる案件だけを獲得することができないなんてことも多々あります。

特に、独立したてで実績もない時には、自分の欲しい案件だけを獲得できるという可能性は低くなってしまうでしょう。

案件が取れないのに、自分がやりたい案件以外をやらなければ、フリーランスとしての実績もたまらず、生活も厳しくなってしまうため、失敗してしまう可能性が高まります。

フリーランスとして失敗してしまったらどうなるのか?

フリーランスはどのようなことで失敗してしまうのでしょうか。

・収入が0になり生活ができずバイトをしなくてはいけない
・キャッシュフローが回らなくなり、生活費に困る
・契約書を確かめず、不利な条件で契約してしまう
・働きすぎで体調を崩す
・確定申告を適当にやり申告漏れをした
フリーランスのとしての失敗としては、上記のようなものがあるでしょう。
収入が0になってしまえば、生活ができずアルバイト生活になってしまったり、入金が遅く翌々月なんて場合もあり、生活の確保に困ってしまう可能性があります。
また、収入に困り、アルバイトも兼業したり、安請けしすぎて多くの案件をこなすあまり、働きすぎて体調を壊してしまうこともあるでしょう。
さらに、フリーランスは、確定申告などの税務処理を自分で行っていく必要があり、適当に申告してしまったあまりに、追徴課税になってしまうなんてこともあるでしょう。
上記のような失敗は、未然に防ぐことができます。失敗したくない人は「フリーランスとして成功するためにやるべきこと」を必ず確認してみましょう。
また、フリーランスとして失敗しない方法をプロに聞きたい場合は、テックビズのキャリア相談を活用してみましょう。

フリーランスとして成功するためにやるべきことは?

フリーランスとして成功していくには、どんなことをしておくべきなのでしょうか。

ここでは、フリーランスとして成功するためにやっておくべきことについて解説していきます。

専門性の高いスキルを身につける

フリーランスとして成功するためにやるべきこと1つ目は「専門性の高いスキルを身につける」です。

フリーランスとして、活躍していくためにはスキルが必要で、より専門的なスキルになればなるほど、活躍しやすいでしょう。専門的なスキルは、誰でもあるわけではないので、他のフリーランスとも差別化しやすくなります。

幅広くスキルを身につけていくことも大切ですが、1つのスキルを突き詰めていくことも重要になってきます。

需要の高いスキルを身につける

フリーランスとして成功するためにやるべきこと2つ目は「需要の高いスキルを身につける」です。

IT系やWeb系のスキルは、スキルの需要の移り変わりが激しい業界です。今あるスキルがいつまでも需要があるとタカをくくっていると、いつか自分のスキルの需要がなくなってしまう案件の獲得が厳しくなってしまう可能性があります。

今はどんなスキルが需要があり、これからはどんなスキルが需要があるのかという情報収集も重要になってくるでしょう。

キャリアプランを明確にする

フリーランスとして成功するためにやるべきこと3つ目は「キャリアプランを明確にする」です。

キャリアプランを立てておくのは、フリーランスとして独立する前がおすすめです。独立前に、「これからやりたいこと」から逆算をして「今できること」を決めていくと、行動に一貫性ができるので、自分が何をやりたいのか迷子にならずに済みます。

自分が何をやりたいのか迷子にならずに済めば、今やるべきことに集中することができますし、数年後自分が求めている理想の状態に近づくことができるでしょう。

「キャリアプランを自分だけで立てるのが難しい、、、」といった方は、ぜひテックビズのキャリア相談を活用してみてください。

キャリア相談を受ける

エージェントをフルに活用する

フリーランスとして成功するためにやるべきこと4つ目は「エージェントをフルに活用する」です。

フリーランスで1番困っていることが、「案件獲得」になるでしょう。「安定的に案件が取れるかな」「自分が獲得したい案件はどうやって探せばいいのかな」と不安な方も多いはずです。

そんな方々は、ぜひフリーランスエージェントを活用してみてください。

フリーランスエージェントを活用すれば、案件を紹介してくれますし、案件参画後のサポートや、単価の交渉などフリーランスとして働く全般をサポートしてくれますので、仕事に集中する環境を作りやすくなるでしょう。

テックビズのサービスを見る

スキルの向上を惜しまない

フリーランスとして成功するためにやるべきこと5つ目は「スキルの向上を惜しまない」です。

フリーランスの現状維持は、停滞していることと変わりません。スキルアップやスキルの幅を広げていくことができなければ、市場価値を下げていってしまう可能性もあります。

また、スキルアップやスキルの幅が広がれば、今まで獲得できなかった案件を獲得することができるようになるので、安定的に案件獲得をすることができるようになるでしょう。

フリーランスとして成功するにはテックビズに相談を!

テックビズでは、「フリーランスエンジニアになりたい」「フリーランスエンジニアに今のスキルでなれるのか」「実際に案件を紹介して欲しい」などのお悩みに対してキャリア面談を行なっております。

テックビズでは、ただ案件を紹介するだけでなく、キャリア面談をし、最適な案件をご紹介できるので、「平均年収720万円」「案件継続率97%超」という実績を出しております。

フリーランスエンジニアに興味がある人は、ぜひテックビズのキャリア面談を活用してみてください。

テックビズのサービスを見る