フリーランスのScalaエンジニアの働き方や年収、案件動向を知りたい!

現在、会社員でエンジニアとして働いている方の中にも、「フリーランスを目指して年収を上げたい」「フリーランスを目指して自由度高く働きたい」など、フリーランスに憧れを抱いている方や目標にしている方も少なくないでしょう。

実際にフリーランスにとして、高い報酬を獲得していたり、時間や場所に縛られずに自由に働いているエンジニアも少なくありません。

とは言え、フリーランスと言われても、具体的に何が会社員と違って、どのように会社員からフリーランスになればいいのかイメージしにくい人も中にはいるでしょう。

そこで、今回はScalaエンジニアにフォーカスをして「フリーランスのScalaエンジニアの案件や年収」から「メリット・デメリット」「案件を獲得する方法」などについて解説していきます。

  • Scalaエンジニアの年収や働き方
  • フリーランスのScalaエンジニアのメリット
  • フリーランスのScalaエンジニアのデメリット
  • フリーランスのScalaエンジニアになるために必要なスキル
  • フリーランスのScalaエンジニアの案件獲得方法

これからフリーランスのScalaエンジニアとして独立をしたいと考えている人は「【決定版】フリーランスになるには?必要な手続きや準備や「【6ステップ】フリーランスエンジニアになるには?」をぜひ読んでみてください。

フリーランスのScalaエンジニアになる前に準備しておくことや必要なスキルから、独立した後の成功の秘訣や案件獲得方法についてまで、独立前に知っておくべきことの全てをまとめてあるので、ぜひ参考にしてみてください。

テックビズでは、フリーランスエンジニアとして独立するところから案件参画後までサポートを行っております。

・平均年収720万円
・案件継続率97%超
・案件登録数30000件超

専属のコンサルタントが、キャリア面談から、あなたにぴったりの案件の紹介、案件参画後の相談まで行っているので、「フリーランスになりたい」「フリーランスだが、生活が安定しない」などお悩みの方は、ぜひお気軽にキャリア面談から応募してください。

テックビズのサービスを見る

フリーランスのScalaエンジニアの年収や案件の動向

これからフリーランスのScalaエンジニアになりたいという方は、どんな働き方で、どのくらい稼げて、どのような案件を獲得できるのか気になりますよね。

そこで、ここではフリーランスのScalaエンジニアの実態について解説していきます。

Scalaエンジニアが関われる案件

フリーランスのScalaエンジニアが関われる案件の代表例として、WebサイトやWebサービス、スマホアプリの開発、サーバーサイドのプログラミングが挙げられます。

Scalaは、オブジェクト指向と関数型プログラミングの双方に対応しているハイブリッドなプログラミング言語のため、効率よく開発を進められたり、Javaとの互換性があるためJavaのプラットフォーム上で動作ができたり、Javaに比べてコードが少なかったりすることから、Javaで開発された既存サービスからScalaへリプレイスするような案件もあります。

単価や年収

フリーランスのScalaエンジニアは、どのくらい稼げるのでしょうか。

記事執筆時点のレバテックフリーランスによるデータでは、フリーランスScalaエンジニアの平均単価は約82万円で、年収にすると約984万円となります。

会社員のScalaエンジニアの平均月収(求人ボックスより)は約58万円となっており、フリーランスScalaエンジニアとは、24万ほど差があることがわかります。

レバテックフリーランスによる単価相場としては、80万円台が最も多く、次に70万円台、その次に90万円台の案件が多くフリーランスでも十分に稼ぐことができます。

需要や将来性

Scalaは、Javaなど他の代表的な言語に比べると需要はまだまだ多くはありませんが次世代言語としても期待されています。

案件数に関して、記事執筆時点のレバテックフリーランスではScala案件は350件掲載されていました。Javaが9002件、PHPが5728件、Rubyが2230件、Pythonが2818件と他の主要言語と比較すると案件数自体はまだまだ少ないことが分かります。

ScalaはJavaと互換性があるうえで、オブジェクト指向・関数型言語の双方に対応していることもあり、Javaの次世代言語になりうるとも言われています。コード量も少なく開発工数が削減できることから大規模案件でも注目されています。実際の活用例としては、Twitter、Linkedin、Chatworkなどのサービスが挙げられます。

働き方

Scalaエンジニアには、常駐型とリモート型の2種類の働き方が選択できます。

どちらの案件が多いか、レバテックフリーランスの案件検索で確認したところ、全体案件が350件ある中でリモートワーク可能な案件は121件と総数に対して35%程度の含有率になります。

リモートワーク案件も近年増えてはきているものの、Scalaエンジニアの案件全体から見ると、常駐案件の方が多い傾向にあるでしょう。

フリーランスのScalaエンジニアになるメリット4選

Scalaエンジニアがフリーランスになるにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、フリーランスのScalaエンジニアになるメリット4選について解説していきます。

  • 正社員より平均報酬が高い
  • 働く時間に縛られない
  • 自分のやりたい仕事を選ぶことができる
  • 好きな場所で働ける

正社員より平均報酬が高い

会社員のScalaエンジニアに比べて、フリーランスの方が報酬が高く収入を上げられる可能性が高いといったメリットがあります。

先ほども紹介したように、フリーランスのScalaエンジニアの平均月収は約82万円(レバテックフリーランスより)で、会社員の平均月収は約58万円(求人ボックスより)よりも約24万円ほど高いです。月収90万円台の高単価案件も多く、年収1000万円も目指せない夢ではありません。

会社員の場合、年収を大きく上げるためにある程度の時間や実績を積まなければ昇給や昇格を目指せない傾向があり、一度の昇給で大きく年収を上げることは容易ではありません。それに比べて、フリーランスは会社都合の昇給と昇格は関係なく、自分のスキルや働き次第で高単価の案件を獲得していくことができ、比較的短時間で年収を上げていくことができます。

働く時間に縛られなくなる

Scalaエンジニアがフリーランスになることで、働く時間に縛られなくなるといったメリットがあります。

会社員の場合には、週5勤務が当たり前ですが、フリーランスのScalaエンジニアは、週2〜週4案件など自ら選択できます。週5案件以外の選択肢を取ることができれば、プライベートや自己研鑽に時間を回すことができたり、資格取得など将来につながる時間の投資ができます。

また、週2〜週3の案件を獲得すれば、時間に余裕ができるため、他の案件を受注することもでき、数社の案件に携わるという働き方も実現できます。

自分で案件を選ぶことができる

会社員と異なりフリーランスは、自分で案件を選ぶことができます。

会社員の場合、任される案件は会社に決められるケースが多く、自分で選ぶことはほとんどありません。時には自分自身の苦手な仕事を任されることもあります。

フリーランスの場合、自分で案件を獲得するため、自分の条件や合った仕事を選択することができ、得意なジャンルの仕事や興味がある仕事だけに集中することができます。

自分のやりたい仕事だけを選択することができれば、仕事をより楽しむことができ充実感も増しますし、自分の理想のキャリアプランを最短で実現していくことができるでしょう。

好きな場所で働ける

Scalaエンジニアがフリーランスになれば、好きな場所で働けるといったメリットがあります。

前述したとおり、リモートワーク案件は全体の半分以下ではありますが、案件を選べばリモートワーク案件を獲得することができます。そうすれば、自分の好きな場所で働くことができるため、自宅やコワーキングスペース、カフェなどお気に入りの場所で働くことができるでしょう。

そのため、通勤時の満員電車に乗る必要がなくなるので、無駄なストレスや疲労を感じることがなく働けますし、通勤で時間を無駄にする必要がなくなるでしょう。

フリーランスのScalaエンジニアになるデメリット3選

Scalaエンジニアがフリーランスになるには、メリットだけではなく、もちろんデメリットも存在します。

ここでは、Scalaエンジニアがフリーランスになるデメリット3選について解説していきます。

  • 事務作業を自分でする必要がある
  • 孤独感を感じる可能性がある
  • 情報収集や能力開発が難しい

事務作業を自分でする必要がある

Scalaエンジニアがフリーランスになると、事務作業を自分で行う必要があるというデメリットがあります。

フリーランスは、日々の請求書や財務管理、確定申告や税金を納めるところまで自分自身でおこなう必要があります。

会社員では会社側がやってくれていたことなので、細かい作業の負担は担当部門が代行してくれます。工数の面だけでなく、税金や手続きなどに関する知識はほとんど必要ありません。フリーランスになるとそういった事務作業や税金の知識は自らおこなう必要があるので、エンジニア業務以外にも気にすることが増えてしまいます。

ただ、税金の知識さえ身につけてしまえば、効率的な節税方法も身につくので、会社員の時に比べて税金を抑えることができる可能性もあります。

孤独感を感じる可能性がある

Scalaエンジニアがフリーランスになった場合、孤独感を感じる可能性があります。

フリーランスになると、会社員のように組織に所属するわけではないので、上司や先輩、同期などがおらず孤独感を感じることがあります。また、業務委託契約の特性上、会社から与えられる情報に制限がある可能性があり、業務にとって重要なビジネス的な視点を共有してもらえず、ただの作業員になってしまう可能性があります。

そうなると、社員がある程度の方向性や戦略を決めた後に、タスクベースの依頼をされてしまうなど、ドライな関係になり孤独感を感じてしまうケースもあります。

情報収集や能力開発が難しい

Scalaエンジニアがフリーランスになると、情報収集や能力開発が難しいというデメリットがあります。

会社員の場合、会社が用意してくれる研修など能力開発に機会を作ってくれます。また、育成のために未経験のジャンルにもサポートメンバーといった形で参加させてくれるケースもあります。社内のナレッジ共有も活発に行われている企業に入れば、常に最新の情報を待っていても仕入れられるでしょう。

フリーランスの場合、そういった研修や育成などの観点で業務時間を割いてもらえないため、余暇時間に自分自身で学習していくしかありません。情報をキャッチアップするためにも、人脈を広げて困った時に相談できる相手が見つけられるよう、積極的に人脈構築をすることをおすすめします。

フリーランスのScalaエンジニアになるために必要なスキル

Scalaエンジニアがフリーランスになるには、どのような経験やスキルが必要になってくるのでしょうか。

ここでは、フリーランスのScalaエンジニアになるための必要なスキルや経験3選について解説していきます。

  • Webサービスやデータベースに関する知識とスキル
  • Javaの知識とスキルをつける
  • 関数型言語の理解

Webサービスやデータベースに関する知識とスキル

まずScalaエンジニアとしてフリーランスを目指すならば、Webサービスやデータベースに関する知識とスキルが必要になります。

Scalaでは、WebサービスやWebアプリケーションの開発案件が多いため、WebサービスやWebアプリケーション開発をするために必要なります。開発の環境構築に関するインフラの知識やコーディングに関する知識、ネットワークやデータベースに関する知識も必要になります。

Javaの知識とスキル

次に、Scalaエンジニアとしてフリーランスを目指すならば、Javaの知識とスキルをつけるようにしましょう。

前述したように、ScalaはJavaとの互換性が魅力の言語であり、Javaのライブラリを多数使用できるためJavaの知識があると対応できる案件の幅も広がります。さらに、Javaで開発されていても、Javaでは開発が難しい部分をScalaで対応するようなケースも存在するなど、Javaを習得しておくことでさまざまな利点があります。

関数型プログラミング言語の知識

フリーランスのScalaエンジニアには、関数型プログラミング言語のの知識が必要になります。

Scalaの大きな特徴は、関数型プログラミング言語であるといった点です。よくあるJavaやPython、PHPなどは命令型言語と呼ばれ、コンピューターに実行させたい処理を命令として記述します。関数型言語は命令型言語と異なり、関数の組み合わせでコーディングを行います。この手法は、コードがシンプルでわかりやすくテストも実施しやすいなどのメリットがあり、Scalaを使う上での醍醐味のひとつでもあります。

そういった観点から、関数型プログラミング言語への理解が必須になります。

フリーランスのScalaエンジニアが優良案件を獲得する方法

Scalaエンジニアがフリーランスを目指す場合、どのように案件を獲得していけばいいのでしょうか。

案件の獲得方法は、主に5つほどあります。

  • フリーランスエージェントの活用
  • クラウドソーシング
  • 直営業
  • 知り合いからの紹介
  • 前職から獲得

案件の獲得方法に正解はなく、自分に合った方法を選んでいくべきですが、おすすめとしてはフリーランスエージェントの活用になります。

フリーランスエージェントは、フリーランスに向け案件を紹介し、案件獲得のサポートをするサービスになります。さらに、企業とフリーランスの間に入り単価の交渉まで行ってくれます。

フリーランスのScalaエンジニアとして独立したばかりでは、どのような案件にあるのか、どのような案件を獲得できるのかがわからないと言う人も少なくないので、案件を見れて自分にマッチした案件を獲得できるエージェントの活用をすることで、最初の案件獲得の大きな近道となります。

また、直契約では企業によっては未払いなどが発生してしまう可能性がありますが、エージェントを活用すれば、報酬の支払いはエージェントからになるので、未払いの心配もなく安心して仕事に集中をすることができます。

フリーランスのScalaエンジニアが高年収を目指すには?

Scalaエンジニアがフリーランスとして独立をした後には、どのように高年収を目指していけばいいのでしょうか。

ここでは、フリーランスのScalaエンジニアが高年収を目指す方法2選について解説していきます。

  • 大規模案件を経験する
  • 上流工程やマネジメント経験・スキルをつける

大規模案件を経験する

フリーランスのScalaエンジニアが高年収を目指す方法として、「大規模案件を経験する」という方法があります。

当然、大規模案件は大手企業の案件が多くなります。大手企業の方が予算が潤沢に用意されており、エンジニアへの報酬額も上がる傾向があります。また、大規模案件に関わる経験を積めば、ポートフォリオなどで自身のアピールポイントになります。そうすれば次の好条件な案件を獲得する際にも役に立つでしょう。

上流工程やマネジメント経験を積む

フリーランスのScalaエンジニアが高年収を目指す方法として、「上流工程やプロジェクトマネジメントの経験を積む」という方法があります。

上流工程に関わることで、担当できる範囲の幅が広がるため、案件も獲得しやすくもらえる報酬も上がっていきます。
上流工程の案件獲得を目指すならば要件分析や与件定義、設計書の作成スキルが求められます。また、クライアントの業界知識やビジネスサイドの知見も十分につけていく必要があります。

また、プロジェクトマネジメントのポジションになると高単価案件を目指せます。実際に、フリーランススタートによるとPMの最高単価は210万円と高額案件も存在し、単価100万円以上の案件も多数存在しています。

フリーランスのScalaエンジニアを目指すならテックビズに相談!

テックビズでは、「フリーランスエンジニアになりたい」「フリーランスエンジニアに今のスキルでなれるのか」「実際に案件を紹介して欲しい」などのお悩みに対してキャリア面談を行なっております。

テックビズでは、ただ案件を紹介するだけでなく、キャリア面談をし、最適な案件をご紹介できるので、「平均年収720万円」「案件継続率97%超」という実績を出しております。

フリーランスエンジニアに興味がある人は、ぜひテックビズのキャリア面談を活用してみてください。

テックビズのサービスを見る