【闇】フリーランスとして生活ができない・厳しいは本当なのかについて解説!

近年フリーランスになって、自由な生活や大きな収入を得ている人が増えてきていますよね。そんなフリーランスに興味を持っている人も少なくないのではないでしょうか。

ただ、フリーランスになって「仕事を取って生活することはできるのか」「生活できないことの方が多いのでは、、、」と不安や疑問に思っている方も少なくないでしょう。

今回は、「フリーランスは生活できないと言われる理由」から「フリーランスが生活できないとならないようにするためには」まで解説をしていきます。

  • フリーランスが生活できないと言われる理由
  • 生活できない人の特徴
  • 生活でいないとならないようにする対策

これからフリーランスになりたいと考えている人は「【決定版】フリーランスになるにはどうすればいい?必要な手続きや準備も紹介!」をぜひ読んでみてください。

フリーランスの働き方や準備、必要なスキルから案件獲得など、独立前に知っておくべきことを全てまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

テックビズでは、フリーランスエンジニアとして独立するところから案件参画後までサポートを行っております。

・平均年収720万円
・案件継続率97%超
・案件登録数30000万件超

専属のコンサルタントが、キャリア面談から、あなたにぴったりの案件の紹介、案件参画後の相談まで行っているので、「フリーランスになりたい」「フリーランスだが、生活が安定しない」などお悩みの方は、ぜひお気軽にキャリア面談から応募してください。

テックビズのサービスを見る

フリーランスが生活できないというのは本当なのか?

フリーランスで生活ができないは本当なのでしょうか?

フリーランスが生活ができないというのは、真実でもあるし、真実でもないというのが現実的な答えでしょう。

フリーランスには、仕事を獲得し大きな収入を得ている一方で、全く仕事を獲得できずに、全く収入を得ることができていない方もいます。フリーランスになること自体は簡単なので、人によってスキルや実績に大きく差が出てしまうことが原因でしょう。

誰でもフリーランスを名乗ることはできますが、フリーランスとして生活をしていくには「確かなスキルや実績」「入念な準備」が必要で、行き当たりバッタリでフリーランスになると、「生活ができない」となる可能性が高まるということを覚えておきましょう。

フリーランスに必要な準備について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

【生活できない?】フリーランスの年収事情

「生活できない」となる可能性があるフリーランスの年収はどのくらいなのでしょうか。

・200万円未満:22.5%
・200万円~400万円未満:22.9%
・400万円~600万円未満:19.9%
・600万円~800万円未満:11.6%
・800万円~1,000万円未満:10.0%
・1,000万円~1,200万円未満:4.4%
・1,200万円~1,500万円未満:3.7%
・1,500万円以上:3.7%
出典:フリーランス白書
フリーランス白書によると、フリーランスの約半数の年収が、400万円未満ということになり、1000万円以上の大きな収益を得ているフリーランスは、約10%ほどになっています。
テックビズでも多くのフリーランスエンジニアの方が活動をしておりますが、テックビズで活動しているフリーランスエンジニアの方の平均年収は720万円で、会社員の時と比べて年収が倍になったなんてことも少なくありません。
フリーランスの年収について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

【厳しい?】フリーランスが生活ができないと言われる理由

フリーランスが生活できないと言われる理由は具体的になぜなのでしょうか?

ここでは、フリーランスが生活できないと言われる理由4つを解説していきます。

収入が安定しない

フリーランスで生活ができないと言われる理由1つ目は「収入が安定しない」です。

フリーランスは、会社員のように毎月の収入が決まっている訳ではなく、毎月の収入が保証されている訳ではありません。そのため、いきなり仕事がなくなり収入が0になってしまったなんてことになってしまう可能性もあります。

フリーランスが継続して仕事を獲得していくには、専門的なスキルや営業スキルなど様々なスキルが必要になってくるでしょう。

一気に収益を上げることができるというメリットでもありますが、フリーランスは継続して仕事を取れなければ、月によって収入の波が激しくなってしまい、生活をすることが厳しくなってしまうでしょう。

フリーランスが継続的に仕事を獲得できない時の対処法について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

社会保険などすべて自己負担になる

フリーランスで生活ができないと言われる理由2つ目は「社会保険などすべて自己負担になる」です。

会社員の時には、社会保険を会社側が負担してくれていましたが、フリーランスになると全て自分で負担しなくてはいけません。

社会保険を全て自分で負担することになるので、会社員の時に比べて手取りの額が減ってしまう可能性がありますし、収入が0だとしても支払いをする必要があります。

手取り額が減ってしまったり、収入がなくても支払わなくてはいけないということから、ある程度の収入を得ることができなければ、フリーランスとして生活ができないでしょう。

仕事の責任がすべて自分になる

フリーランスで生活ができないと言われる理由3つ目は「仕事の責任がすべて自分になる」です。

フリーランスは、上司が責任を持ってくれる会社員とは違い、自分が事業主になることから仕事の責任は全て自分になります。そのため、仕事でトラブルや何か問題があった時でも、責任を取っていかなくてはいけません。

トラブルに巻き込まれてしまうと、最悪の場合損害賠償など法的な争いになってしまう可能性もあります。

フリーランスになれば上司や会社に縛られることはなくなりますが、責任感を持って仕事をすることができなければ、トラブルに巻き込まれてしまう可能性もありますし、仕事を獲得することもでいないので、生活ができないでしょう。

体調を崩せない

フリーランスで生活ができないと言われる理由4つ目は「体調を崩せない」です。

フリーランスは、会社員とは違い有給休暇や特別休暇もないですし、フォローしてくれる人もいないので、体調を崩したから休めるなんてことにはなりません。

また、体調を崩したからといって期限や納期を遅らせることもできないですし、他の人に任せることもできません。

そのため、フリーランスは体調を崩すことができず、体調管理に気をつけておくことができなければ、フリーランスとして生活ができないでしょう。

ただ、フリーランスには生活ができなくなる可能性があるというデメリットがありますが、メリットも多く存在します。

フリーランスのメリットについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

フリーランスで生活ができないとなる人の特徴

フリーランスで生活できないとなる人はどんな人なのでしょうか。

ここでは、フリーランス生活ができないとなってしまう人の特徴5選を紹介していきます。

自発的に動けない

フリーランスで生活ができないとなってしまう人の特徴1つ目は「自発的に動けない」です。

フリーランスは、会社員とは違い自分から自発的に行動していく必要があります。待っているだけでは、仕事を獲得するとこもできませんし、仕事を獲得することができなければ、生活をすることができません。

また、営業の他にも、スキルの向上や人脈の構築など、フリーランスとして成功していくために必要なことはたくさんあり、自分で考えて自分で行動をしていくことができなければ、フリーランスとして成功していくことは厳しいでしょう。

スキルが足りないまま独立してしまう

フリーランスで生活ができないとなってしまう人の特徴2つ目は「スキルが足りないまま独立してしまう」です。

フリーランスが仕事を獲得していくには、十分な専門的なスキルが必要になっていきます。そのため、スキルがない状態でフリーランスとして独立してしまうと仕事を獲得することも厳しいですし、仕事を獲得した後もクライアントを満足させることができず、継続して仕事を獲得することが厳しくなってしまいます。

また、スキルがあったとしても需要のないものでは仕事を獲得することが厳しくなってしまうでしょう。

需要のあるスキルが十分にある状態でないと、継続して仕事を獲得することがでいないため、生活ができないとなってしまう可能性が高まります。

独立前に身につけておくべきスキルについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

仕事に対して責任感がない

フリーランスで生活ができないとなってしまう人の特徴3つ目は「仕事に対して責任感がない」です。

先ほども紹介したように、フリーランスは自分が責任者になるので、自分が任された役務を責任を持って完了させる必要があります。

自分の役務を責任を持って完了することができなければ、クライアントの満足度を下げてしまう可能性もありますし、期限や納期を責任を持って守ることができなければ、クライアントに迷惑をかけることになり、信頼を得ることができないでしょう。

クライアントからの信頼を得ることができなければ継続して案件を獲得することができないので、仕事がなくなってしまい生活ができないとなってしまう可能性が高まってしまいます。

案件を選びすぎてしまう

フリーランスで生活ができないとなってしまう人の特徴4つ目は「案件を選びすぎてしまう」です。

先ほどフリーランスが仕事を獲得するためにスキルが必要とお伝えしましたが、「実績」も必要になってきます。実績がない状態で高単価の案件や、大きい仕事ばかりを狙っていてはいつになっても案件をとることが出来ないでしょう。

案件を選びすぎず、自分のスキルや実績に見合った仕事や、小さな仕事にもチャレンジしていくことができなければ、フリーランスとして生活ができないとなってしまう可能性が高いでしょう。

営業力・提案力が低い

フリーランスで生活ができないとなってしまう人の特徴5つ目は「営業力・提案力が低い」です。

フリーランスは、仕事を獲得していくには営業をして提案をしていかなくてはいけないので、営業力や提案が苦手な人はフリーランスとして仕事を獲得することは厳しいでしょう。

仕事を獲得することができなければ、もちろん収入は0になってしまうので、フリーランスとして生活することができなくなってしまうでしょう。

また、フリーランスとして生活できないということは、稼ぐことができていない可能性が高いでしょう。

稼ぐことができない場合の対処法についてもまとめているので、ぜひ参考のしてみてください。

フリーランスで生活ができないと後悔しないためにやるべきこと

先ほど紹介したような、フリーランスとして生活できないと後悔する前にどんなことをやっておくべきなのでしょうか。

ここでは、フリーランスが生活できないとなる前にやっておくべきことを紹介していきます。

エージェントをフルに活用する

フリーランスが生活ができないとなる前にやっておくこと1つ目は「エージェントをフル活用する」です。

フリーランスエージェントとは、案件を紹介してくれたり、案件に参画後のサポートや、フリーランスの代わりに単価交渉を行ってくれるなど、フリーランスとして働くための全般をサポートしてくれるので、営業が苦手でも案件を獲得することができる可能性が高いでしょう。

また、フリーランスになる前にエージェントに登録をし、「どんな案件があるのか」「自分でも参画できそうか」を確認しておくこともできます。

テックビズでは、これからフリーランスとしてどんなキャリアを歩んでいきたいかなどを相談できる「キャリア面談」や、面倒な税務処理を代行してくれるサービスがあるなど、フルに活用をすればリーランスが仕事に集中できる環境を作りやすいでしょう。

これから「フリーランスになりたい人」「今フリーランスとして活動している人」どちらでも活用することができるので、ぜひフル活用をしてみてください。

テックビズのサービスに興味がある

独立前に実績を作っておく

フリーランスが生活ができないとなる前にやっておくこと2つ目は「独立前に実績を作っておく」です。

先ほどもお伝えしたように、フリーランスが仕事を獲得するには、「実績」が必要になってきます。もちらん、フリーランスになってから実績を作っていくのもいいですが、フリーランスになる前に実績を作っておけるとフリーランスになった時にスムーズに案件を獲得できるでしょう。

フリーランスになる前に実績を作るには、会社員の間に副業として案件を獲得しておくことがいいでしょう。

案件の獲得方法もわかりますし、実績にもなるので、フリーランスとして独立した時に、営業をしやすく案件を獲得しやすくなるでしょう。

人脈を作っておく

フリーランスが生活ができないとなる前にやっておくこと3つ目は「人脈を作っておく」です。

フリーランスは人脈から仕事を獲得することも少なくないですし、人脈があれば何か困った時に手助けをしてくれる可能性もあります。

人脈づくりには時間がかかるので、できるだけフリーランスになる前に人脈を作っておくことをおすすめします。

人脈は、知り合いに人を紹介してもらったり、TwitterなどのSNSや、yentaなどのビジネスマッチングサービスを活用するのがいいでしょう。

実績ができるまでは案件を選びすぎない

フリーランスが生活ができないとなる前にやっておくこと4つ目は「実績ができるまでは案件を選びすぎない」です。

フリーランスが仕事を獲得していくには、「実績」や「スキル」が必要で実績がない間は、大きな仕事や高収入の仕事を受けられないことがあります。

そんな時には、実績を積んでいくためにも小さな仕事からコツコツ積み上げていくことをおすすめします。大きな仕事を獲得している人も、最初は小さな仕事から地道に活動をしていた可能性が高く、最初から獲得できていた訳ではありません。

数年後にやりたい仕事や得たい収入を決め、そこから逆算をして今やっていくべき仕事をコツコツやっていけば、フリーランスとして成功する可能性を高めることができます。

クライアントから信頼を獲得する

フリーランスが生活ができないとなる前にやっておくこと5つ目は「クライアントから信頼を獲得する」です。

フリーランスは、最初は新規営業を多くこなす必要がありますが、一度仕事をしたクライアントの信頼を獲得することができれば、その後継続して仕事を受けることができます。

継続して仕事を受けることができれば、新規の営業を少なくすることもできますし、安定的に仕事を獲得することができるので、フリーランスとして成功していくことができるでしょう。

スキルの向上を惜しまない

フリーランスが生活ができないとなる前にやっておくこと6つ目は「スキルの向上を惜しまない」です。

フリーランスは、会社員とは違い研修や、わからないことを教えてくれる上司や先輩がいる訳ではないので、スキルの向上を自分でしていかなくてはいけません。

特に、IT系やWeb系は日進月歩で技術が進んでいくので、スキルの向上をしていかないと、いつか取り残されてしまい、今持っているスキルの需要がなくなってしまうかもしれません。

取り残されていかないためにも、自主的にスキルの向上をしてしていくことをおすすめします。

オンとオフを切り替える

フリーランスが生活ができないとなる前にやっておくこと7つ目は「オンとオフを切り替える」です。

フリーランスは、出勤と退勤を会社に管理されることがなくなり、働く場所も地涌に選べることもあるので、プライベートと仕事の境目がなくなってしまうことがあるでしょう。

ただ、仕事とプライベートの境がなくなってしまい、仕事ばかりになってしまうと、業務量が増えすぎてしまい体調を崩す原因にもなりかねません。

体調管理のためにも、オンとオフを切り替えて、プライベートとの両立をしていくことをおすすめします。

フリーランスとして生活ができている成功事例

テックビズでは、フリーランスエンジニアとして活躍している方々がたくさんいます。

ここでは、フリーランスエンジニアになって成功した方々の声を紹介していきます。

フリーランスとして働いた感想や現状は?
会社員の時に比べて収入が2倍になり、お金にかなり余裕ができたので、お金の勉強をするようになり、資産形成にお金を回すことができるようになりました。
インタビューの続きはこちら…徳田裕太さん(rubyエンジニア)
フリーランスとして働き始め、変化はありましたか?
会社員の時に比べて年収が1.5倍になり、月の残業時間が会社員時代には60時間ありましたが、フリーランスになってからは残業がほとんどなくなったので、時間とお金にとても余裕ができました。また、フリーランスになってからやりたかった仕事ができるようになり、モヤモヤが解消されました。
インタビューの続きはこちら…阿部悠輝さん(C#エンジニア)
フリーランスとして働き始めた感想は?
会社員の時と比べ収入が1.7倍になり、残業も減ったことで時間とお金に余裕が出てきたので、自己学習に時間を使えるようになりました。学習時間が増えたことでスキルを身につけモダンな開発案件にも参加できるようになりました。
インタビューの続きはこちら…石川恭司さん(Javaエンジニア)

フリーランスとして後悔したくないならテックビズに相談!

テックビズでは、「フリーランスエンジニアになりたい」「フリーランスエンジニアに今のスキルでなれるのか」「実際に案件を紹介して欲しい」などのお悩みに対してキャリア面談を行なっております。

テックビズでは、ただ案件を紹介するだけでなく、キャリア面談をし、最適な案件をご紹介できるので、「平均年収720万円」「案件継続率97%超」という実績を出しております。

フリーランスエンジニアに興味がある人は、ぜひテックビズのキャリア面談を活用してみてください。

テックビズのサービスを見る