【闇を暴露?】フリーランスエンジニアの末路とは?後悔しない方法も紹介!

フリーランスエンジニアとして独立をしたいという方が増えており、そんなフリーランスエンジニアを採用したいという企業も増えてきています。フリーランスエンジニアとして成功すれば、「自由」や「高年収」を得ることができるでしょう。

ただ、どんな人でもフリーランスエンジニアとして成功するわけではありません。「自由」「高年収」の裏側には、失敗をして悲惨な末路を辿っているフリーランスエンジニアも存在します。

そこで、今回は「フリーランスエンジニアの悲惨な末路5パターン」から「悲惨な末路を辿らないようにするためにするべきこと」を解説していきます。

・フリーランスエンジニアの末路
・フリーランスエンジニアの末路にならないようにするには
・フリーランスエンジニアの寿命
・フリーランスエンジニアの成功事例
これからフリーランスエンジニアになりたいという方は、「【決定版】フリーランスになるにはどうすればいい?必要な手続きや準備も紹介!」をぜひ読んでみてください。
フリーランスエンジニアになるために必要なスキルや準備、働き方など独立前に知っておくべきことの全てをまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

テックビズでは、フリーランスエンジニアとして独立するところから案件参画後までサポートを行っております。

・平均年収720万円
・案件継続率97%超
・案件登録数30000万件超

専属のコンサルタントが、キャリア面談から、あなたにぴったりの案件の紹介、案件参画後の相談まで行っているので、「フリーランスになりたい」「フリーランスだが、生活が安定しない」などお悩みの方は、ぜひお気軽にキャリア面談から応募してください。

テックビズのサービスを見る

【闇?】フリーランスエンジニアの悲惨な末路5パターン

フリーランスエンジニアは、どのような悲惨な末路を辿ってしまう可能性があるのでしょうか。

ここでは、フリーランスエンジニアの悲惨な末路5パターンについて紹介していきます。

最悪の結果を先に知って、フリーランスエンジニアのリスクを知っておきましょう。

収入が安定せずに生活ができない

フリーランスエンジニアの悲惨な末路1つ目は「収入が安定せずに生活ができない」です。

フリーランスエンジニアは、会社員とは違い毎月同じ給料が入ってくることは保証されておらず、月によって収入が大きく違うなんていう場合もあるでしょう。

また、月によって違うだけで収入がある状態ならいいのですが、月によっては仕事が0で、収入が入ってこないなんてことになってしまうと、生活することが厳しくなってくるでしょう。

収入が安定せず、生活が厳しくなってしまえば、フリーランスエンジニアを続けることが厳しくなるので、会社員に戻ってやり直すという末路を辿ることになるでしょう。

フリーランスで生活ができないとなってしまう原因について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

働きすぎで体調を崩してしまった

フリーランスエンジニアの悲惨な末路2つ目は「働きすぎで体調を崩してしまった」です。

フリーランスエンジニアは、オンとオフの境目がなくなりやすいことから、リフレッシュする時間を設けず働き続けてしまう場合があります。

働き続けてしまうと、メンタルは大丈夫でも身体がついて来ず、いづれか体調を崩してしまうかもしれません。

数日で治る病気であれば、数日間休めばいいだけですが、入院をすることになってしまえば、そもそも契約を解除せざるを得なくなってしまう可能性があります。

会社員であれば、退院をすれば仕事が待っていますが、フリーランスエンジニアは、仕事が入ってくるわけでもないですし、福利厚生もないので、入院している間は、収入は0になってしまいます。

収入が0になってしまえば、生活ができないという末路を辿ってしまうでしょう。

景気に左右されてしまった

フリーランスエンジニアの悲惨な末路3つ目は「景気に左右されてしまった」です。

フリーランスエンジニアは、企業と業務委託契約を結び働くことも少なくありません。期間としては、3ヶ月〜6ヶ月、長ければ1年ほどとなるでしょう。
ただ、企業の売上が悪くなったり、最悪の場合倒産してしまうと、急に仕事がなくなってしまう可能性があります。

さらに、フリーランスは会社員のような失業保険がないので、急いで仕事を探すことができなければ、生活できないという末路を辿ってしまう可能性があります。

孤独になってしまった

フリーランスエンジニアの悲惨な末路4つ目は「孤独になってしまった」です。

フリーランスエンジニアは、リモートワークをすることも少なくないですし、会社員のように同僚や先輩、上司がいるわけではありません。

自分から人脈を広げていかなければ、孤独になってしまうでしょう。

そのため、1人で仕事をすることができなければ、孤独になって、人との繋がりがなくなってしまったことに耐えられないなんて末路になってしまう可能性があります。

フリーランスの孤独について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

誰にも助けを求められなかった

フリーランスエンジニアの悲惨な末路5つ目は「誰にも助けを求められなかった」です。

フリーランスエンジニアは、会社員とは違い頼りになる上司や先輩がいるわけではありません。そのため、なにか困っても自分で解決していくしかありません。

「本当に困った、、」「どうすればいいのかわからない、、」といった場合に、誰にも助けを求めることができず、悩みを解消できなかったなんてことが起こる可能性があります。

時には、仕事の中で困ったことや分からないことが出てくると思いますし、その時に誰にも助けを求められず、わからないままみ進めてしまうと、クライアントにも迷惑をかけますし、最悪の場合失注してしまう可能性もあります。

助けを求められる人脈を作っておかなければ、困った時に相談や助けを求めることができず、解消することができないという末路を辿ってしまう可能性があります。

フリーランスエンジニアの悲惨な末路にならないためにするには?

折角フリーランスエンジニアになったのに、先ほど紹介したようなフリーランスエンジニアの悲惨な末路を辿ってしまうことは、避けたいですよね。

事前にしっかりと準備していれば、悲惨な末路を辿ることなくフリーランスとして成功を収められる可能性が高まります。

ここでは、フリーランスエンジニアが悲惨な末路を辿ることがないようにやっておくべきことを紹介していきます。

エージェントを活用する

フリーランスエンジニアが悲惨な末路をにならないためにやるべき事1つ目は「エージェントを活用する」です。

フリーランスエージェントとは、フリーランスに案件を紹介したり、案件参画後にサポートをしたりと、フリーランスのキャリア形成をサポートするサービスのことです。

また、テックビズのようなエージェントでは、フリーランスについてどうキャリアを進めていけばいいのか相談できる「キャリア面談」や、税務処理を代行してくれるサービスもあります。

おすすめとしては、フリーランスエンジニアになる前にエージェントに登録をし、一度案件を見て、自分でも参画できそうかを確認しておくこがいいでしょう。

また、フリーランスや案件について分からないことがあれば、キャリア面談を活用していくこともいいでしょう。

フリーランスエンジニアが、悲惨な末路を辿らないためにも、エージェントへ登録してみましょう。

テックビズのサービスを見る

副業で実績を作っておく

フリーランスエンジニアが悲惨な末路をにならないためにやるべき事2つ目は「副業で実績を作っておく」です。

フリーランスエンジニアが、案件を獲得していくためには「実績」がとても重要になってきます。

ただ、フリーランスとして独立したばかりだと実績がなく、案件を獲得しづらい可能性があります。

フリーランスエンジニアとして独立した時に、スムーズに案件獲得ができるように、会社員の間に副業で案件を獲得し、実績を積んでおくといいでしょう。

案件の獲得方法やフリーランスとしての働き方もわかりますし、副業の案件を持ったまま独立すれば、フリーランスになった時にいきなり仕事がある状態で独立することができるでしょう。

仕事を獲得できないなんて末路をたどらないために、事前に実績を作っておきましょう。

無料で案件を紹介してもらう

キャリアプランを考えておく

フリーランスエンジニアが悲惨な末路にならないためにやるべき事3つ目は「キャリアプランを考えておく」です。

フリーランスエンジニアとして独立すると、目の前の仕事にいっぱいになってしまい、行き当たりばったりになってしまう可能性があります。

「今後どんな仕事をやっていきたいのか」「数年後どのくらいの収入を得ていたいのか」などのキャリアを考えておくと、逆算をし今やっておくべきことを把握することができます。

将来の姿から今やっておくべきことを把握することができれば、「先にやっておけばよかった」となり後悔することを防ぐことができるでしょう。

キャリア相談を受ける

十分なスキルを身につけておく

フリーランスエンジニアが悲惨な末路をにならないためにやるべき事4つ目は「十分なスキルを身につけておく」です。

フリーランスエンジニアを採用する企業は、即戦力のプロとしての働きを期待しているので、仕事を獲得していくには「スキル」が必要になってきます。

また、需要がないスキルをいくら身につけても案件獲得には近づくことができないので、求められるスキルを身につけておく必要があります。

需要のあるスキルを十分に身につけてからフリーランスエンジニアになれば、「仕事がなく収入が安定しない、、、」という末路を防ぐことができるでしょう。

提案力を身につけておく

フリーランスエンジニアが悲惨な末路をにならないためにやるべき事5つ目は「提案力を身につけておく」です。

フリーランスエンジニアとして仕事を獲得していくには、先ほど紹介したエージェントの活用もありますが、自分から営業をかけて仕事を獲得していく方法もあります。

営業をかけて仕事を獲得することができれば、エージェントからの紹介よりも高単価で仕事を請け負うことができる可能性もあります。

ただ、自分から営業をかけて仕事を獲得していく方法では、難易度も上がりますし、「提案力」が必要になり、「提案力」がなければ仕事を獲得することは厳しいです。

提案力があれば、単価を交渉することができるようになり、1件あたりの単価をあげていくことができます。

フリーランスの単価交渉を詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

人脈を作っておく

フリーランスエンジニアが悲惨な末路をにならないためにやるべき事6つ目は「人脈を作っておく」です。

フリーランスエンジニアに限らず、フリーランスは知り合いから仕事を獲得したり、知り合いの紹介で仕事を獲得したりと、人脈から仕事を獲得できる可能性があります。

また、人脈があれば、何か困った時に助けてもらえることもあるので、孤独になりがちなフリーランスエンジニアにとっては、助けとなる可能性が高いです。

フリーランスエンジニアが人脈を作っておけば、「誰にも助けを求めることができなかった」「孤独になってしまった」という末路を防ぐことができるでしょう。

スキルの向上を怠らない

フリーランスエンジニアが悲惨な末路をにならないためにやるべき事7つ目は「スキルの向上を怠らない」です。

IT業界は、日々技術が進歩していることから、今持っているスキルが一生需要があるとは限りません。そのため、スキルの向上をしている必要があるでしょう。

スキルの向上をしていかなければ、いづれか自分のスキルの需要が少なくなってしまった時に、案件を獲得しにくいという状態になってしまう可能性があります。

また、スキルの幅が広がれば、エンジニアとしての市場価値が高まっていくので、色々な案件に参画することもできますし、より高単価な案件にもチェレンジすることができるでしょう。

セルフマネジメント能力を身につけておく

フリーランスエンジニアが悲惨な末路をにならないためにやるべき事8つ目は「セルフマネジメント能力を身につけておく」です。

フリーランスエンジニアは、上司や先輩もいないので会社から縛られることがなく、自由に仕事を進めていくことができます。また、リモートの案件も増えてきているので、自宅やカフェ、コワーキングスペースなど、好きな場所で働くこともできるでしょう。

ただ、自由で誰からも管理はされませんが、その分自分で自分を管理していかなくてはいけません。

自分で納期や期限までのスケジュールを決め、管理をすることができるセルフマネジメント能力を身につけておく必要があるでしょう。

フリーランスエンジニアの寿命は?

フリーランスエンジニアは、会社員のように定年退職があるわけではないので、基本的にはいつまででも働き続けることができます。

ただ、20代〜30代のフリーランスエンジニアの方が需要もあり、案件が獲得しやすい傾向にありますし、実際にテックビズでも多くの20代〜30代方々が活躍しています。

企業によっては、40代以上は採用をしないといった年齢制限を設けている場合もあります。その理由としては、「同じスキルでも単価が上がりがち」「新しい技術についてこれなそう」などの理由があるでしょう。

フリーランスエンジニアとして、長く生きていくには「スキルアップ」だけでなく、コミュニケーション能力やマネジメント能力など、40代以上だから求められる能力を身につけておく必要があるでしょう。

フリーランスエンジニアに年齢がどう関係してくるのか詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

フリーランスエンジニアに向いている人

フリーランスエンジニアに向いている人はどんな人なのでしょうか。

ここでは、フリーランスエンジニアとして成功しやすい人の特徴を紹介していきます。

失敗をしないためにも、自分がフリーランスエンジニアにあっているのかを確認しましょう。

実務経験が1年以上ある人

フリーランスエンジニアに向いている人の特徴1つ目は「実務経験が1年以上ある人」です。

先ほども紹介したように、フリーランスエンジニアには、即戦力のスキルが求められます。身につけておくべきスキル感としては実務経験1年以上あれば、十分に案件を獲得し、フリーランスエンジニアとして活躍することができるでしょう。

テックビズでも、実務経験1年以上の方にしか案件を紹介していませんし、1年以上の実務経験があれば、多くの方が案件を獲得しフリーランスとして活躍をされています。

もちろん実務経験は多ければ、より案件を獲得しやすくはなりますが、最低でも1年あればフリーランスエンジニアとして独立することは可能性ということを覚えておきましょう。

自発的に行動ができる人

フリーランスエンジニアに向いている人の特徴2つ目は「自発的に行動ができる人」です。

フリーランスとして独立すると、自分から行動をしていかなければ成功していくことができません。「仕事の獲得」「スキルの向上」「情報収集」など、待っているだけでは何も得ることができません。

自分からチャンスを生み出し、そのチャンスを獲得していくことができる人が、フリーランスエンジニアとして成功していく可能性が高いでしょう。

向上心がある人

フリーランスエンジニアに向いている人の特徴3つ目は「向上心がある人」です。

先ほども紹介したように、フリーランスエンジニアが市場価値をあげていくには、スキルの向上をし、スキルの幅を広げていく必要がありますので、現状維持をしていきたいと考えていると、いつの間にか市場価値を下げてしまうことにもなりかねません。

安定して収入を得ていきたいなら、今よりも市場価値をあげていくことが、現状維持をする一番の方法になります。

スキルの向上をし、「今よりも市場価値をあげていきたい」という向上心がある方が、フリーランスエンジニアとして成功しやすいでしょう。

フリーランスに向いている人について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

【やめとけ】フリーランスエンジニアに向いていない人

先ほどは、フリーランスエンジニアに向いている人の紹介をしましたが、逆にフリーランスエンジニアになったら失敗してしまう人がどのような人なのでしょう。

ここでは、フリーランスエンジニアに向いていない人の特徴を紹介していきます。

下記の特徴に当てはまる場合は、フリーランスとして独立することをおすすめしません。

楽して自由とお金を得たい人

フリーランスエンジニアに向いていない人の特徴1つ目は「楽して自由とお金を得たい人」です。

フリーランスエンジニアは、確かに「自由」や「高収入」を得ることができる可能性はありますが、「自由」や「高収入」を得るためにはやらなくてはいけないことが多くあります。

案件獲得のための営業や、スキルの向上、クオリティの向上、人脈形成など多岐にわたるでしょう。むしろ、会社員よりもやることが増えますし、収入が安定しない可能性があるなどのリスクも背負っています。

そのため、フリーランスになれば「自由と高収入が簡単に手に入る」などの安易な気持ちでフリーランスとなりたいと考えている人は、フリーランスエンジニアには向かないでしょう。

孤独に耐えられない人

フリーランスエンジニアに向いていない人の特徴2つ目は「孤独に耐えられない人」です。

末路でも紹介しましたが、フリーランスエンジニアには同僚や先輩がいないですし、リモート案件も少なくないので、孤独になってしまう可能性があります。

孤独になっても基本的には助けてくれる人はいませんし、何かあっても自分でどうにかするしかありません。

自分1人では、仕事を進めていく自信がないという、孤独になる覚悟がない人は、フリーランスエンジニアには向いていないでしょう。

フリーランスの孤独について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

責任感がない人

フリーランスエンジニアに向いていない人の特徴3つ目は「責任感がない人」です。

フリーランスエンジニアは、自分が責任者となり、守ってくれる上司や会社があるわけではありません。そのため、会社員よりも自分の役務を責任を持って完了される必要がありますし、迷惑をかけるだけでは済まされない可能性も出てきます。

また、自分の仕事に責任を持つことができなければ、期限や納期を遅らせてしまう可能性もあり、クライアントからの信頼を得ることができず、仕事の獲得が難しくなっていってしまうでしょう。

そのため、自分の行動や仕事に対して最後までやりきるといった責任感がない人は、フリーランスエンジニアには向いていないでしょう。

フリーランスに向いていない人が独立すると後悔してしまう可能性が高くなってしまいます。

フリーランスが後悔しやすいことについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

フリーランスエンジニアの成功事例を紹介

ここでは、フリーランスエンジニアの悲惨な末路を辿ることなく、成功をしている方々の例を紹介していきます。

成功事例を参考にして、自分がフリーランスエンジニアとして成功した姿を想像してみましょう。

ライフスタイルが変わり、余裕ができた

フリーランスという働き方を選んだ理由は?
3年半会社員として勤めましたが、ずっとやりたいことができるという保証がされてないと思いましたし、やりたいこと以外にも時間を使うことが多かったです。そんな背景から、自分でやりたい仕事を選んでいきたいと思いフリーランスエンジニアになるという決断をしました。
フリーランスとして働き始めてからの変化は?
収入が約2倍に増えたことから、自由に使えるお金が増え、時間にも余裕が出てきました。そのお陰で趣味である、舞台の観劇も見にいくことができ、フリーランスになってから趣味も楽しめるようになりました。
▼詳しくはこちら
インタビュー…ライフスタイルが変わり、余裕ができました。

フリーランスになって生活が好転

フリーランスになる前後でイメージの変化は?
ただ、フリーランスには歴が長い人しかなれないというイメージがありましたが、経験の浅いエンジニアでも、自分ができる案件からフリーランスとしてのキャリアをスタートできるということが1番のギャップでした。
フリーランスとして働き始めてからの変化は?
収入が1,5倍になり、残業も月60時間あったものがほとんどなくなったので、時間とお金に余裕ができ、資産形成にお金を回すこおtができるようになりました。
▼詳しくはこちら
インタビュー…ライフスタイルが変わり、余裕ができました。

フリーランスエンジニアとして独立するならテックビズで!

テックビズでは、「フリーランスエンジニアになりたい」「フリーランスエンジニアに今のスキルでなれるのか」「実際に案件を紹介して欲しい」などのお悩みに対してキャリア面談を行なっております。

テックビズでは、ただ案件を紹介するだけでなく、キャリア面談をし、最適な案件をご紹介できるので、「平均年収720万円」「案件継続率97%超」という実績を出しております。

フリーランスエンジニアに興味がある人は、ぜひテックビズのキャリア面談を活用してみてください。

テックビズのサービスを見る