【必読】フリーランスになって後悔?失敗したくない人はこれを読め!

残念ながらフリーランスになった人中には、「フリーランスにならなければよかった、、、」と後悔してしまう人は一定数いると感じています。

多くの場合には、「フリーランスとしての働き方を理解していなかった」「自分はフリーランスに向いていなかった」などとフリーランスになる前に知っておくべきことを知らないことが原因となります。

そこで今回は、「フリーランスになって後悔すると言われる理由」から「後悔しないためにやるべきこと」を解説していきます。

  • フリーランスが後悔しがちなこと
  • フリーランスで後悔しやすい人の特徴
  • フリーランスとして後悔しないようにする方法

本記事を参考にして、フリーランスとして独立した時に後悔をしないようにしましょう。

テックビズでは、フリーランスエンジニアとして独立するところから案件参画後までサポートを行っております。

・平均年収720万円
・案件継続率97%超
・案件登録数30000万件超

専属のコンサルタントが、キャリア面談から、あなたにぴったりの案件の紹介、案件参画後の相談まで行っているので、「フリーランスになりたい」「フリーランスだが、生活が安定しない」などお悩みの方は、ぜひお気軽にキャリア面談から応募してください。

テックビズのサービスを見る

目次

【やめとけ?】フリーランスになって後悔すると言われる理由のすべて

フリーランスになって後悔した、、、となってしまう人は、どのような理由で後悔してしまうのでしょうか。

ここでは、フリーランスになって後悔すると言われる理由を解説していきます。

後悔1:収入が安定しない

フリーランスとして後悔する理由1つ目は「収入が安定しない」です。

フリーランスは、会社員のように毎月同じ収入が約束されているわけではありません。大きく収入がある月もあれば、収入が0の月もあるでしょう。

年収にすると生活できるだけの収入を得ていたとしても、毎月の収入が安定しないと生活をしにくいと思いますし、「来月収入がなかったらどうしよう、、」という不安を常に持ちながら働くことになってしまいます。

収入は生活に直結するので、フリーランスが後悔しやすい可能性が高いと言えるでしょう。

後悔2:安請けしすぎて稼げない

フリーランスとして後悔する理由2つ目は「安請けしすぎて稼げない」です。

フリーランスが仕事を取っていく際に、単価を決めていかなくてはいけないのですが、仕事を取りたいために単価を下げてしまうケースがあります。特に、独立したばかりで実績が少ない時には、単価を下げてしまうがちです。

確かに単価を下げ競合よりも安くすれば、仕事を取りやすいでしょう。

ただ、単価を下げてしまうとその分多く仕事を取らなければ、収入を上げることができませんし、作業量も多くなってしまいますので、働いている割に稼げないなんてことになってしまうでしょう。

仕事を獲得するために、単価を下げることもありますが、下げすぎると後悔してしまうことになってしまいます。

後悔3:案件や仕事が取れない

フリーランスとして後悔する理由3つ目は「案件や仕事が取れない」です。

「自分は十分にスキルがあるから大丈夫」と思ってフリーランスとして独立をしても、フリーランスの案件獲得はそんな簡単なものではありません。

スキルがあっても、仕事の探し方がわかっていなかったり、営業が下手だったりすれば、案件を獲得することはできませんし、逆にスキルはそこそこでも営業が上手なら案件を獲得していくことができるというのが、フリーランスの仕事獲得の実情になります。

毎月安定的に仕事を獲得できなければ、生活をしていくことが厳しくなってしまい、フリーランスになって後悔したとなってしまうでしょう。

後悔4:ローンやクレジットカードの審査が通りにくい

フリーランスとして後悔する理由4つ目は「ローンやクレジットカードの審査が通りにくい」です。

近年フリーランスという働き方が理解されてきてはいますが、まだまだ社会的信用は低いのが現実です。

フリーランスは、収入が不安定になってしまう可能性もありますし、企業に所属しているわけではないので、働いている証明もしにくいというのが原因となります。

フリーランスになる前に、クレジットカードの作成や、ローンを組んでおくことをおすすめしますが、もしフリーランスになる前にやっていかなければ後悔してしまう可能性があるでしょう。

後悔5:税務処理が大変

フリーランスとして後悔する理由5つ目は「税務処理が大変」です。

会社員の時には、会社側が税金の計算や税金の支払いをしてくれていたので、自分がどのくらい税金を支払っていて、どんな税金を払っていたのかを知らない人も中にはいるでしょう。

フリーランスになってからは、そのような税金周りの処理や確定申告を自分で行わなくてはいけません。

また、確定申告では控除が多く受けることができる青色申告をすることがおすすめですが、青色申告の手続きは手間がかかり、若干面倒なところがあります。

フリーランスになって「仕事以外にもやることが多かった」「税金の知識がなくて苦労した」と後悔してしまう可能性があるでしょう。

後悔6:社会保険や福利厚生がない

フリーランスとして後悔する理由6つ目は「社会保険や福利厚生がない」です。

会社員は、有給休暇もありますし、社会保険に加入をすることができて、会社が一部負担してくれていたので、保険料を抑えることができます。

フリーランスでは、国民健康保険や国民年金に加入する必要がありますし、全て自己負担になってしまいます。また、有給休暇や特別休暇などの福利厚生もなく、休みたいという時に休むことができないなんていう可能性もあります。

会社員の時には気づいていなかったが、フリーランスになって会社員の制度がいかに恵まれていたのかを実感し後悔してしまう人もいるでしょう。

後悔7:働きすぎで体調を崩す

フリーランスとして後悔する理由7つ目は「働きすぎで体調を崩す」です。

フリーランスは、契約によっては働く時間や働く場所が自由に選べますが、自由なことが災いし、プライベートと仕事の境目がなくなってしまう可能性があります。

また、仕事を受注しすぎて、忙しくなりすぎてしまい全然休むことができないなど、労働時間が決まっている会社員に比べて、仕事への時間を増やしすぎてしまうこともあるでしょう。

仕事の時間が増えすぎてしまえば、いずれか体調を崩してしまう可能性があります。また、フリーランスは体調を崩してしまい働けなくなってしまうと、収入がなくなってしまい生活できなくなってしまいます。

働きすぎてしまうと体調を崩し、仕事ができなくなってしまって後悔したとなってしまう可能性があるでしょう。

後悔8:スキルアップがしにくい

フリーランスとして後悔する理由8つ目は「スキルアップがしにくい」です。

会社員の場合、わからないことは上司や先輩に聞くことができますし、研修もあるので自分のスキルアップをしやすい環境と言えるでしょう。

フリーランスの場合は、自分で勉強する時間を作らないとスキルアップをしていくことはできませんし、わからないことを聞く人も身近にいなければ自分で解決していかなくてはいけません。

また、案件を多く獲得してしまって、スキルアップをする時間を取れないなんてこともあるでしょう。

後悔9:孤独がつらい

フリーランスとして後悔する理由9つ目は「孤独がつらい」です。

フリーランスは、会社の同僚や先輩がいるわけではないので、仕事で悩みやわからないことがあっても相談することはできません。

また、人脈を広げることができなければ、人付き合いも希薄になってしまいどんどん孤独になってしまうでしょう。

他の人と一緒に働くことが楽しいという人は、孤独になってしまえば後悔をする可能性があるでしょう。

後悔10:意外と時間がない

フリーランスとして後悔する理由10つ目は「意外と時間がない」です。

フリーランスは、案件をこなしていく以外にも、「営業」や「税務処理」、「人脈構築」「情報収集」など様々なことをやらなくてはいけません。

フリーランスになると自由で時間に余裕ができると思っていますが、会社員の時よりも仕事にかける時間が長くなってしまう可能性もあります。

自由を得るためにフリーランスになったのに、時間がなくて自由がないと後悔してしまう可能性があります。

フリーランスは後悔することもあるがメリットも多い

フリーランスは、後悔してしまうこともありますが、実際メリットも多いです。

ここでは、フリーランスになるメリットについて解説していきます。

メリット1:収入を大きく増やせる可能性がある

フリーランスになるメリット1つ目は「収入を大きく増やせる可能性がある」です。

フリーランスは、収入が安定しない反面、収入を大きく増やすことができる可能性があります。

会社員の場合は、年収を上げるために、昇給と昇格を繰り返す必要がありますし、一度の昇給で大きく収入を上げることは難しく、ある程度の年数をかけていく必要があるでしょう。

ただ、フリーランスの場合は、自分で単価を決めることができますし、仕事を取ったら取っただけ自分の収入となりますので、短時間で大きく収入を上げることができます。

また、収入も青天井に伸ばすことができますので、会社員の時には届かなかった収入を得ることも可能でしょう。

メリット2:満員電車から解放される

フリーランスになるメリット2つ目は「満員電車から解放される」です。

フリーランスは、契約によっては働く時間も自由ですし、コロナウイルスの影響もありリモート案件も増えてきているので、自宅やコワーキングスペースなど好きなところで働くことができます。

好きなところで働くことができれば、会社員の時に毎朝乗っていた満員電車から解放されて、ストレスから解放されますし、通勤という無駄な時間を省くことができます。

無駄な時間を省くことができれば、プライベートの時間に回すことができたり、スキルアップの時間にあてることができるようになるでしょう。

メリット3:自由に休みを決めることができる

フリーランスになるメリット3つ目は「自由に休みを決めることができる」です。

フリーランスは、会社員とは違い、自分で働く日を決めることができるので、自分の休みを自由に選ぶことができます。

そのため、平日にしかいけない場所にいくことができたり、週末は混んでいても平日には空いている場所も少なくなく、プライベートをより楽しむことができるでしょう。

自分のライフスタイルに合わせて休みを決めることができるのは、フリーランスの大きなメリットと言えるでしょう。

フリーランスになって後悔しやすい人の特徴は?

フリーランスになって後悔する人はどんな人なのでしょうか。

ここでは、フリーランスになって後悔しやすい人の特徴3選を紹介していきます。

下記の特徴に当てはまってしまう人は、フリーランスになるのはやめておいたほうがいいでしょう。

自発的に行動できない人

フリーランスとして後悔しやすい人の特徴1つ目は「自発的に行動できない人」です。

フリーランスは、会社から縛られることはなくなりますが、自分から仕事を獲得していったり、人脈を作っていたり、スキルアップをしていかなくてはいけません。

自分でチャンスを生み出し、そのチャンスを勝ち取っていかなくてはいけないのです。

フリーランスは待っているだけでは、仕事も収入も得ることができないので、いわれた仕事しかできないようでは、フリーランスとして成功していくのは厳しいと言えるでしょう。

向上心が低い人

フリーランスとして後悔しやすい人の特徴2つ目は「向上心が低い人」です。

フリーランスにとって、現状維持は後退と変わらず、現状維持をしようとしていると市場価値を落としてしまったり、いつの間にか仕事の獲得ができなくなってしまう可能性があります。

特に、IT業界やWeb業界は技術の移り変わりが激しいので、スキルアップをしていかないと、自分のスキルの需要がいつの間にかなくなってしまい、仕事が取れなくなってしまう可能性もあります。

フリーランスとなるなら、常に向上心を持ち、スキルの向上やフリーランスとしての市場価値を高めていく必要があるでしょう。

自己管理ができない人

フリーランスとして後悔しやすい人の特徴3つ目は「自己管理ができない人」です。

フリーランスは、仕事の進捗を管理してくれる上司はいないので、自分でスケジュールを作成し、そのスケジュールを守っていく必要があります。

また、フリーランスは仕事とプライベートの境目が明確になりにくく、オンとオフの差をつけにくいところもあるので、自己管理をできなければ仕事とプライベートを両立させていくことが厳しくなってしまいます。

フリーランスになるなら、専門スキルだけでなく、セルフマネジメントスキルも必要になってくるでしょう。

【独立前】フリーランスになって後悔しないための対策

フリーランスになった時に後悔しないように、独立前に何をやっておくべきなのでしょうか。

ここでは、フリーランスになる前にやっておくべきこと6選を紹介していきます。

エージェントを相談をしてみる

フリーランスになって後悔しないために独立前にやるべきこと1つ目は「エージェントを相談をしてみる」です。

フリーランスエージェントは、基本的に案件を紹介したり、案件参画後にサポートをしてくれるサービスですが、テックビズのようにキャリア相談を行うことができるエージェントもあります。

キャリア相談では、フリーランスとしての働き方を知ることができたり、自分がフリーランスとして独立することができるのかなどを相談することができます。

フリーランスになる前に、フリーランスとしての働き方や、自分でもフリーランスになれるのかをプロに相談することができれば、フリーランスとして失敗する可能性をお大きく減らすことができるでしょう。

エージェントに相談する

フリーランスの働き方について理解を深める

フリーランスになって後悔しないために独立前にやるべきこと2つ目は「フリーランスの働き方について理解を深める」です。

フリーランスになる前に、フリーランスの働き方を知っておくことで、「フリーランスになって予想外のことが起きた」なんてことを防ぐことができるでしょう。

フリーランスとしての働き方についての理解を深めるには、先ほど紹介したフリーランスエージェントに相談してみたり、フリーランスとして働いている人に聞いてみたり、SNSやネットで調べてみるといった方法があげられるでしょう。

実務経験を1年以上積んでおく

フリーランスになって後悔しないために独立前にやるべきこと3つ目は「実務経験を1年以上積んでおく」です。

フリーランスを採用する企業は、即戦力のプロを求めており、十分なスキルがあって、信頼できるだけの実績を必要としています。スキルや証明となる実績がなければ、仕事を獲得することが厳しくなってしまうでしょう。

スキル感としては、実務経験1年以上が目安となってきます。

テックビズでも、実務経験が1年以上ある方は高い可能性で案件を獲得していますし、実際に案件に入っても活躍をしています。

副業で実績を積んでおく

フリーランスになって後悔しないために独立前にやるべきこと4つ目は「副業で実績を積んでおく」です。

先ほど紹介したように、フリーランスが仕事を獲得していく際に、スキルの証明となる実績が必要となってきます。フリーランスになったばかりでは実績がないので、営業をして仕事を獲得することが難しいといえるでしょう。

ただ、フリーランスになる前に副業として仕事をとっておけば、フリーランスとして独立した時にいきなり実績がある状態で独立することができるので、案件活動をスムーズに行うことができるでしょう。

お金や生活拠点を確保しておく

フリーランスになって後悔しないために独立前にやるべきこと5つ目は「お金や生活拠点を確保しておく」です。

フリーランスは、実績やスキルを身につけておいても、必ず仕事を獲得できるわけではありません。また、契約している企業の業績や景気にも影響をされるので、いきなり仕事がなくなってしまったなんて可能性も0ではありません。

そうなってしまった時に、生活を確保していくために貯金をして、リスクヘッジをしておく必要があります。

貯金したり、生活拠点を確保しておけば、何かあっても数ヶ月はどうにかなりますので、フリーランスとして長く生活していける可能性が高まるでしょう。

人脈を作っておく

フリーランスになって後悔しないために独立前にやるべきこと6つ目は「人脈を作っておく」です。

フリーランスは、知り合いから仕事を紹介してもらうことも少なくなく、人脈を作っておけば、案件を獲得できる窓口が広がるので、安定的に仕事が入ってくる可能性が高まります。

また、フリーランスとして困った時に助けてくれる可能性もあるので、人脈を作っておけば、いざという時の助けになるでしょう。

【独立後】フリーランスとして後悔しないためにやるべきことは?

フリーランスが独立後にどのように歩んで行けば後悔しないのでしょうか。

ここでは、フリーランスとして独立した後にやるべきことを紹介していきます。

スキルの向上を図る

フリーランスが独立後に後悔しないためにやるべきこと1つ目は「スキルの向上を図る」です。

フリーランスは、現状維持では停滞していることと変わらず、スキルの向上をしていかなくてはいけません。スキルアップやスキルの幅が広がれば、今まで獲得することができなかったような案件を獲得することができます。

フリーランスが安定的に収入を得ていくには、スキルアップが1番の近道になるでしょう。

営業力・提案力の向上

フリーランスが独立後に後悔しないためにやるべきこと2つ目は「営業力・提案力の向上」です。

フリーランスが仕事を獲得するために、営業活動をすると思いますが、その際に必要となってくるのが、「営業力」と「提案力」です。

営業力と提案力を身につけていけば案件獲得にも役立ちますし、単価アップをする際にも有効となってくるでしょう。

納期を必ず守る

フリーランスが独立後に後悔しないためにやるべきこと3つ目は「納期を必ず守る」です。

フリーランスが安定的に仕事を獲得していくためには、クライアント

納期や期限を守ることは当たり前ですが、フリーランスの中には納期を守ることができない人がいます。

また、納期を守ることができなければ、クライアントから信頼を得ることができず、継続して案件を獲得しなければならなくなります。

納期を守り、クライアントからの信頼を得て、継続案件を獲得することができれば、安定的に案件を獲得できるようになるでしょう。

フリーランスで後悔したくないならテックビズに相談!

テックビズでは、「フリーランスエンジニアになりたい」「フリーランスエンジニアに今のスキルでなれるのか」「実際に案件を紹介して欲しい」などのお悩みに対してキャリア面談を行なっております。

テックビズでは、ただ案件を紹介するだけでなく、キャリア面談をし、最適な案件をご紹介できるので、「平均年収720万円」「案件継続率97%超」という実績を出しております。

フリーランスエンジニアに興味がある人は、ぜひテックビズのキャリア面談を活用してみてください。

テックビズのサービスを見る