Javaの副業案件は稼げる?身につけておくべきスキルを解説!

近年では副業をして収入を上げていきたいという方は増えております。また、正社員だけでなく副業人材を受け入れる企業も増えておりますし、副業OKな企業も増えており、副業人材にとっては追い風となっているのではないでしょうか。

IT業界でも同じようなことが言えて、特に需要の高いプログラミング言語「Java」を活用して副業を行いたいという人は少なくはないのではないでしょうか。

ただ、いきなりJavaの副業案件を獲得するとなってもどのように獲得すれば良いのか、どのくらいの報酬額を稼ぐことができるのかなどわからないことも多いはずです。

そこで本記事では、「Java副業案件の実情」から「Java副業案件例」や「Javaの副業案件を獲得する方法」について解説していきます。

これからJavaを活用して副業をしたいという方はぜひ参考にしてみてください。

  • Java副業案件の実情
  • Javaの副業案件例
  • Javaの副業案件を獲得する方法
  • Javaの副業案件を獲得するメリットとデメリット

テックビズでは、フリーランスエンジニアとして独立するところから案件参画後までサポートを行っております。

・平均年収720万円
・案件継続率97%超
・案件登録数30000万件超

専属のコンサルタントが、キャリア面談から、あなたにぴったりの案件の紹介、案件参画後の相談まで行っているので、「フリーランスになりたい」「フリーランスだが、生活が安定しない」などお悩みの方は、ぜひお気軽にキャリア面談から応募してください。

テックビズのサービスを見る

Java副業案件の実態

Javaのスキルを活かして副業をしたいと思う方は、まず「どのくらい案件があり」「どのような種類の案件があり」「どのくらいの収入を得ることができるのか」について気になりますよね。

そこで、本項ではJavaの副業案件数やJavaの副業案件の種類、Java案件の報酬額の相場について解説していきます。これから副業をしたいという方はぜひ参考にしてみてください。

  • 案件数
  • 案件の特徴
  • 報酬額の相場

案件数

まずは、Java副業案件の案件数がどのくらいあるのか見ていきましょう。

フリーランスや副業の案件が豊富に掲載されている大手検索サイト「フリーランススタート」を参考にしていきます。

検索条件

  • 週2案件
  • リモート案件

フリーランススタートで上記の条件でJavaの案件を検索してみると、全Java案件中(55769件)、527件ほどとなっておりました。

527件という部分だけをみると多いという印象を感じるかもしれませんが、全案件から見るとJavaの副業案件の数はそこまで多くないと言えるのではないでしょうか。

ただ、近年では正社員だけではなく、副業の人材を受け入れる企業も増えていることから案件自体は増えておりますし、案件サイトはフリーランススタート以外にもたくさんあるので、副業案件自体は多くあるので、Javaのスキルを活かして副業をすることは十分可能と言えるのではないでしょうか。

案件の特徴

次に、Javaの副業案件の特徴について見ていきましょう。

  • Webアプリ開発
  • モバイルアプリ開発
  • システム開発
  • プフログラミングスクールの講師
  • ゲーム開発

Javaは、Webアプリの開発やSNS、大規模なシステム開発、ゲーム開発など様々な分野で活用されております。そのため、既にJavaを活用して開発を行ったシステムやアプリが多いため、Javaを活用した副業の案件も多いと言えるのではないでしょうか。

また、Javaは人気なプログラミング言語であるため、プログラミングスクールの講師という選択肢もあります。プログラミングスクールであれば、週に1~2であったり、短時間かつ在宅でも働きやすいため副業でも十分可能な案件は多いと言えるでしょう。

報酬相場

最後に、Javaの副業案件の報酬相場について見ていきましょう。

Javaの副業案件の報酬は、Javaの実務経験年数やスキル感によって異なります。

Javaの実務経験が3年以上ある場合には、月額30万〜50万ほどの高収入を得ることができるでしょう。また、Javaだけでなく複数言語を扱える場合には、より高単価になりやすく案件も獲得しやすくなります。報酬額を上げていくためには、Javaだけでなく、Javaと親和性の高いプログラミング言語を身につけておくことがおすすめになります。

Javaの実務経験が1年未満の場合では、月20万円以下の場合が多いでしょう。また、Javaの実務経験が1年未満の場合では、Javaの実務経験が3年以上ある方に比べて参画する案件数が少なくなってしまうため、案件獲得を工夫しなければ案件獲得をすることが難しい可能性もあります。

副業案件は、週5働くことができる副業案件に比べて求められるスキル感が高くなり、案件獲得の難易度を高まるので、Javaの副業を始めるなら実務経験3年以上あると良いでしょう。

Javaの副業案件を獲得するために必要なスキル

先ほどJavaの副業案件の実態について解説していきました。では、どのようなスキルがあればJavaの副業案件を獲得できるのでしょうか。

そこで、ここではJavaの副業案件を獲得するために必要なスキル3選について解説していきます。

  • アプリ開発のスキル
  • システム開発のスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 実務経験3年以上

アプリ開発のスキル

Javaの副業案件を獲得するために必要なスキル1つ目は「アプリ開発のスキル」です。

Javaの副業案件では、Webアプリやモバイルアプリの案件数が非常に多いため、Javaのスキルを活かして副業案件を獲得するのであれば、「アプリ開発のスキル」は重要になってくるでしょう。

アプリのの開発の経験やスキルがあれば、Javaの副業案件は比較的獲得しやすくなると言えます。

また、Javaを活用してアプリを開発できるだけでなく、アプリを使いやすくするためのUI/UXの知識やスキルも身につけておくと役に立つでしょう。

システム開発

Javaの副業案件を獲得するために必要なスキル2つ目は「システム開発のスキル」です。

現状Javaは、業務系システムや顧客管理システムなどに多く使われております。また、既にJavaを活用して開発された業務系システムや顧客管理システムが多くあることから、保守運用の案件は非常に多くあると言えるでしょう。

そのため、システム開発のスキルや経験があれば、Javaの副業案件を獲得しやすいと言えるのではないでしょうか。

コミュニケーションスキル

Javaの副業案件を獲得するために必要なスキル3つ目は「コミュニケーションスキル」です。

Javaは、大規模な開発案件も多く、チームで開発することが多いでしょう。そのため、開発を円滑に進めるためには、コミュニケーションスキルを身につけておく必要があります。

また、コミュニケーション能力だけではなく提案力も身につけておくと良いです。

副業案件では、週5の案件と比べて限られた時間で成果を出さなくてはいけないので、より円滑に開発を進めるコミュニケーション能力と、クライアントへ改善の提案をすることができるだけの、提案力を身につけておくことで、クライアントからの評価を高め、継続案件につながるのではないでしょうか。

実務経験3年以上

Javaの副業案件を獲得するために必要なスキル4つ目は「実務経験3年以上」です。

Javaの副業案件は、週5のフリーランス案件に比べて働く時間が限られてしまいます。そのため、短い時間で成果を出す必要があるのです。

短い時間で成果を出す必要があるということで、求められるスキル感は高い案件が多くなります。

Javaの副業案件で、十分に活躍していくには実務経験3年以上あると比較的獲得できる案件の幅も広く、高単価な案件を獲得しやすくなります。

Javaの副業案件を獲得する方法

先ほどまでJavaの副業案件の特徴や実際にはどのようなものがあるのかについて解説していきました。ただ、実際にJavaの副業案件を獲得しようと思ってもどのように獲得するのかわからないという方も少なくないでしょう。そこでここでは、Javaの副業案件を獲得する方法について解説しておきます。

  • エージェントサービスを活用する
  • クラウドソーシングを活用する
  • SNS経由で獲得する
  • 知り合い経由で獲得する

エージェントサービスを活用する

Javaの副業案件を獲得する方法1つ目は「エージェントサービスを活用する」です。

エージェントサービスとは、案件を欲しい人と企業との間に入り、案件獲得のサポートや交渉、契約などを代行してくれるサービスになっております。

副業ということは、本業を最低でも週5で8時間ほど勤務している可能性が高いということで、副業案件を探している時間はあまりありません。そういった方には、エージェントサービスを活用することで簡単に案件を探すことができますし、面倒な契約などを代行してくれるということで、時間に余裕ができ副業に集中することができるようになります。

また、エージェントから紹介される案件は比較的高単価なものも多いので、大きく年収を上げることができるでしょう。

ただ、ある程度高いスキルがないとエージェントから相手にされない可能性が高いので注意しましょう。

クラウドソーシングを活用する

Javaの副業案件を獲得する方法2つ目は「クラウドソーシングを活用する」です。

クラウドソーシングとは、企業がインターネット上で不特定多数に業務を発注する業務形態です。有名なサービスだと、「クラウドワークス」や「ランサーズ」が挙げられます。

クラウドソーシングの利用者は非常に多く、副業の獲得方法としてはメジャーな方法と言えるでしょう。

クラウドソーシングのメリットとしては、初心者向けの案件や働き方が柔軟な案件が多く、副業にピッタリな案件を見つけやすいということが挙げられます。まだ、副業で働いたことがないという方にはおすすめでしょう。

ただ、クラウドソーシングでは、比較的低単価な案件が多く、稼ぎにくいというデメリットも挙げられます。副業なので高収入を稼いでいく必要がないという場合には問題ないですが、本業と同じくらい副業でも稼いでいきたいという場合には厳しい可能性が高いです。

また、利用者が多いためライバルが多く競争率が高いので、ある程度の営業力も必要となってくるでしょう。

SNS経由で獲得する

Javaの副業案件を獲得する方法3つ目は「SNS経由で獲得する」です。

近年では、SNSの活用がより活発になってきており、SNSを活用して採用活動を行なっている企業も出てきております。そのような背景から、SNS上で仕事を募集している企業もあるので、副業の案件であってもSNS経由で仕事を獲得していくことができるようになりました。

SNS上であれば、比較的ラフにコミュニケーションをとることができますし、普段の発信内容からどのような企業なのか、どのような人がいるのかを知ることができるので、案件参画後のギャップを少なくすることができるでしょう。

副業案件を探す際には、SNSの検索機能を使うことがおすすめです。Twitterの検索機能で「Java 副業」「Java 案件」などのキーワードで調べてみてください。

知り合い経由で獲得する

Javaの副業案件を獲得する方法4つ目は「知り合い経由で獲得する」です。

知り合い経由であれば、条件の融通も効きますし、営業をする手間を大きく省くことができるといえます。

エンジニアの知り合いから獲得する方法もありますし、本業から繋がることができた人脈でも良いでしょう。

ただ、人脈はいきなり増えることはなく、地道に増やしていく必要があるので、SNSなどの活用して日頃から人脈を増やすことを意識することで、いずれか案件獲得に繋がってくるでしょう。

Javaのフリーランスエンジニアになるならテックビズで!

テックビズでは、「フリーランスエンジニアになりたい」「フリーランスエンジニアに今のスキルでなれるのか」「実際に案件を紹介して欲しい」などのお悩みに対してキャリア面談を行なっております。

テックビズでは、ただ案件を紹介するだけでなく、キャリア面談をし、最適な案件をご紹介できるので、「平均年収720万円」「案件継続率97%超」という実績を出しております。

フリーランスエンジニアに興味がある人は、ぜひテックビズのキャリア面談を活用してみてください。

テックビズのサービスを見る